ビジネス・コンサルティング 医療・医薬・福祉

障害者雇用の課題を解決するサテライトオフィス。 「CJサテライトオフィス」を2021年9月1日 埼玉県鴻巣市に開設しました

株式会社チャレジョブ
ワンストップサービスの実現により障害者雇用の課題解決いたします

株式会社チャレジョブは、エルミこうのすアネックス2階に埼玉県内15拠点目となる障害者雇用を目的とした「CJサテライトオフィス」を開設しました。ワンストップサービスにより人材採用から定着支援まで一貫したサービス提供を行います。 新しい生活様式・働き方に対応したリモートワークとオフィス出社のハイブリットな働き方を導入することで安定した障害者雇用を実現します。





【「障害者雇用を目的としたサテライトオフィス」を2021年9月1日に開設しました。】
株式会社チャレジョブ(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長 武藤五郎)が展開している法人向け障害者雇用サテライトオフィス「CJサテライトオフィス」は、2021年9月1日(水)現在、パートナー企業は約70社、企業に雇用されている障害のある方は延べ1000人を超え日々拡大を続けています。
このたび、埼玉県鴻巣市本町1-2-1 エルミこうのすアネックス2階に県内15拠点目となる「障害者雇用を目的としたサテライトオフィス」を2021年9月1日に開設しました。


【ハイブリッド出社×コロナ時代 リモートワークとオフィス出社を取り入れた新しい働き方を実現!!】
感染症の拡大に伴い、新しい生活様式や働き方が求められている中で、障害者雇用の現場においても雇用環境の見直しが必要となっています。株式会社チャレジョブでは、サテライトオフィスを都心の人・オフィスが密集したエリアから離れた場所へ設置しています。近隣の障がいのある方を採用することで移動に伴う負担が軽減されます。
また、基礎疾患の多く抱える障がいのある方については、感染症による重症化のリスクが高まります。
サテライトオフィスを導入することにより、一カ所のオフィスに集まる人数を減らし、分散させることで感染症の拡大防止へ繋がります。
*都心部への通勤による感染リスク・重症化の回避、働き方の多様性や生産性向上などの目的で、サテライトオフィス導入のニーズが高まっています。

【大手不動産会社 障がい者雇用サテライトオフィス3拠点目 導入】
埼玉県内に2カ所(さいたま市・桶川市)設置、緊急事態宣言時には在宅勤務を実施
2021年9月1日 ~ 新サテライトオフィスにて障がい者の方の採用を進めていきます。


【CJサテライトオフィス鴻巣 概要】
稼働開始  :2021年9月1日(水)
所在地   :埼玉県鴻巣市本町1丁目2-1 エルミこうのすアネックス2階 2-1区画
アクセス  :JR高崎線 鴻巣駅 より徒歩3分


【株式会社チャレジョブ サテライトオフィスが選ばれる理由】









【会社概要】
商 号 :株式会社チャレジョブ
代表者 :代表取締役 武藤 五郎
所在地 :埼玉県さいたま市浦和区北浦和4-3-4 オキナヤビル北浦和ビル1階
事業内容:障がい者雇用コンサルティング事業・障害福祉サービス事業
URL  :https://www.challe-job.com/

<新型コロナウイルス感染拡大防止対策>
・入館時の検温・手指消毒実施、マスク着用確認
・除菌清掃の実施
・除菌対策備品の完備
・空気清浄機の導入
・24時間換気

<今後の展開エリア>
2021年9月1日より順次オープンし、埼玉県を中心に2021年度中に18拠点、2022年度中には25拠点体制となる予定です。

〇サテライトオフィス 展開予定エリア
埼玉県(さいたま市・川口市・川越市・越谷市・草加市・久喜市・春日部市・桶川市・鴻巣市・熊谷市)
*今後、養液栽培を活用した「農園型サテライトオフィス」の設置も予定しています。

●就労移行支援事業所「チャレジョブセンター」 展開予定エリア
埼玉県(久喜市・春日部市・川口市・川越市・越谷市)



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)