医療・医薬・福祉

ロキソニン(R)Sクイック 新CMキャラクターに石原さとみさん クールなドレス姿、新時代の到来を感じさせる表情にも注目

第一三共ヘルスケア株式会社
新TV-CM『カウントダウン・登場』篇 2021年9月19日(クイックの日)より全国で放映開始


第一三共ヘルスケア(本社:東京都中央区)は、ロキソニンS内服薬シリーズの新製品「ロキソニンSクイック」のブランドキャラクターに、女優の石原さとみさんを起用し、2021年9月19日(日)より、全国で順次放映開始いたします。

「ロキソニンSクイック」は、誕生10周年を迎えた「ロキソニンSシリーズ」の集大成として本年8月24日にデビューした解熱鎮痛薬です。新TV-CM『カウントダウン・登場』篇では、服用後、錠剤がすばやく崩壊する独自技術「クイックブレイク(R)製法」を採用した「ロキソニンSクイック」の登場感をテーマにしています。疾走感のあるカメラワークやカウントダウンを用いた演出で、製品の特長である“速さ”を表現しました。

近年、社会背景やライフスタイルの様々な変化により、特に頭痛に悩む人が増えています(2021年 第一三共ヘルスケア調べ)。そんな人たちの悩みに寄り添う「ロキソニンSシリーズ」を牽引いただくにふさわしい存在として、女性を中心に幅広い世代に愛され、高い演技力が魅力である女優の石原さとみさんを、「ロキソニンSプレミアム」の現行CMに続きCMキャラクターとして起用しました。深い青の抽象空間の中に、クールなドレス姿の石原さとみさんが堂々とした表情で登場し、新時代の到来、新たな解熱鎮痛薬の誕生を表現しています。ぜひご注目ください。



『新TV-CM『カウントダウン・登場』篇より

また、この新TV-CMの放映開始は「ロキソニンSクイック」にちなんだ9月19日(クイックの日)からとなります。ブランドサイトではいち早く本日より、新TV-CM動画及びメイキングムービーをご覧いただけます。

「ロキソニンSクイック」CM情報ページURL:
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_loxonin-s/naifuku/cm/loxonin-s-quick.html

■TV-CM概要
タイトル:ロキソニンSクイック『カウントダウン・登場』篇(15秒)
放映開始:2021年9月19日(日)
放映地域:全国

■ストーリーボード 『カウントダウン・登場』篇(15秒)





■メイキング、撮影エピソード

◇ショートカットにした石原さんの新しい魅力を存分に引き出しつつ、ブランドの世界観と融和させる衣装やヘアメイク
今回のCMでは、「ロキソニンSクイック」の製品パッケージカラーのイメージを踏襲し、青くソリッドな空間の中に、クールなシルバーのドレスを着用した石原さんが登場します。ショートカットにされたこともあり、より凛とした雰囲気が「ロキソニンSクイック」のイメージにぴったり。衣装やヘアメイクは、監督とスタッフ、そして石原さんご自身からもアイデアをいただきながら決めました。

◇ミリ単位の動きの要望にも的確に応える、石原さんのプロフェッショナルな仕事ぶり
“クイック”がテーマの一つにもなっており、疾走感あるカメラワークを実現するため、特殊な機材を使っての撮影となりました。監督からの、ミリ単位での立ち位置や動きの要望にも、石原さんは素早く的確に対応。また、積極的に監督に「こうですか?」と質問したり、真剣にモニター画面チェックをしたりと、プロフェッショナルな仕事ぶりで、難しい撮影もスムーズに進行しました。








■石原さとみさんインタビュー

Q.CM撮影はいかがでしたか?
今回はスタジオで、ルームランナーに乗って歩きながら、特殊なカメラで撮影をずっとしたのですが、監督からは「あと2ミリ左で!」など、ミリ単位で動きの指示が飛んできて(笑)。そんな撮影今までなかったので少し緊張しましたが、とても楽しくできました。
私自身は、「ロキソニンSクイック」の力強さや、一方で安心感みたいなものも表現できたらいいなと思っていました。カメラアングルなど一つ一つにこだわって、多くのスタッフの皆さまと作り上げたCMなので、魅力が伝わるといいなと思っています。

Q.頭痛の悩みを感じている方へメッセージをお願いします。
以前は、鎮痛薬は痛くなって限界まで我慢してから飲むものだと思っていたのですが、そうするとお薬を飲んでも痛みが抑えられないこともあって、飲むタイミングを間違えていたなと知りました。今では、お守りのように持ち歩いて、「あ、痛いかも」と思ったらすぐに飲む、この正しいタイミングを心掛けるようにしています。そうすることで、こんなにストレスがなくなるんだ、こんなに仕事に集中できるんだ、ということを実感していますね。頭痛に悩んでいる方にも、ハッピーな時間を削ることなく過ごしていただくために、少しでも早く、鎮痛薬に頼ってほしいなと思っています。

■プロフィール


石原さとみ
1986年12月24日生まれ。東京都出身。
第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン「ピュアガール2002」でグランプリを受賞し、本格的に女優活動をスタート。2003年、映画デビュー作「わたしのグランパ」で、第27回日本アカデミー賞新人俳優賞をはじめ数々の映画賞を受賞し、以後、さまざまな映画やドラマで活躍。近年の出演作は、映画「決算!忠臣蔵」(2019年)、ドラマ「アンナチュラル」(2018年)、「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(2019年)、舞台「アジアの女」(2019年)、ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(2020年)、舞台「終わりよければ、すべてよし」、ドラマ「恋はDeepに」(2021年)主演、映画「そしてバトンは渡された」(2021年10月公開。)

■スタッフリスト
CD/AD:本多集
PL/CW:西村和久、吉岡謙一、新井奈生
AE:田口英、三輪直紀、齋藤萌
CP:佐藤亜沙美
Casting:齋藤祥子
Pr:児嶋秀次郎、米元詩乃
Dir:河上ゆう
Cam:翁長周平
Light:重黒木誠
Art:久保謙治
CG:内藤順一
STY:宮澤敬子
HM:paku☆chan

■「ロキソニンSクイック」について
ロキソニンSクイックは、服用後、錠剤がすばやく崩壊する独自技術「クイックブレイク(R)製法」を採用し、ロキソニンS内服薬シリーズ内最短の錠剤崩壊時間を実現した鎮痛薬です。

《製品特長》
・独自の製剤技術「クイックブレイク(R)製法」を採用。シリーズ内最短の錠剤崩壊時間を実現。
・優れた解熱鎮痛効果を持つ「ロキソプロフェンナトリウム水和物」がつらい痛みに速くよく効きます。
・胃を守る成分「メタケイ酸アルミン酸マグネシウム」を配合
制酸作用+胃粘膜保護作用のダブルアプローチで、胃への負担を軽減します。
・1回1錠で飲みやすい小型の錠剤です。
・眠くなる成分(鎮静成分等)を含みません。

◇区分
第1類医薬品

※この医薬品は、薬剤師から説明を受け、「使用上の注意」をよく読んでお使いください。アレルギー体質の方は、必ずご相談ください。

◇包装・価格
12錠 878円(メーカー希望小売価格・税込)

◇成分・分量(1錠中)


【成分】分量(1錠中)/はたらき
【ロキソプロフェンナトリウム水和物】
68.1mg(無水物として60mg)/炎症や痛みのもと【プロスタグランジン】をおさえます。
【メタケイ酸アルミン酸マグネシウム】
100mg/胃粘膜を保護するはたらきがあります。

添加物:リン酸水素Ca、乳糖、クロスカルメロースNa、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg

◇効能・効果
●頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・腰痛・関節痛・神経痛・筋肉痛・肩こり痛・
耳痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛
●悪寒・発熱時の解熱

◇用法・用量
次の量を、水又はぬるま湯で服用してください。
【年齢】1回量/1日服用回数

【成人(15歳以上)】1錠/2回まで。
症状があらわれた時、なるべく空腹時をさけて服用してください。ただし、再度症状があらわれた場合には3回目を服用できます。服用間隔は4時間以上おいてください。

【15歳未満】服用しないでください。

◇ブランドサイト
URL:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_loxonin-s/naifuku/loxonin-s-quick.html

■「ロキソニン(R)S シリーズ」について
「ロキソニンSシリーズ」は、その速効性とすぐれた効きめで、痛みの悩みとたたかう一人ひとりの不安や悩みをやわらげ、より良い活動がおくれることを目指して、解熱鎮痛成分「ロキソプロフェンナトリウム水和物」を配合し開発されています。 2011年にスイッチOTC医薬品*1として誕生して以降ラインアップを拡充、発売10年を迎えた本年、内服薬シリーズとして累計出荷個数1億個を突破*2しました。

「ロキソニンSシリーズ」は、解熱鎮痛薬のリーディングブランドとして、痛みに悩む一人でも多くの生活者のQOL向上に、今後も貢献していきます。

*1医師の診断・処方せんに基づき使用されていた医療用医薬品を、薬局・薬店などで購入できるように転用(スイッチ)した医薬品のこと。
*2 2011年1月-2021年6月 ロキソニンS内服薬シリーズ累計出荷個数 第一三共ヘルスケア調べ


■参考(調査データ)
「20代~50代男女約800名に聞く、頭痛・生理痛に関する調査」(2021年6月 第一三共ヘルスケア調べ)
URL:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/info/info_npr_2108_00766.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)