医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

ベネフィット・ワンとWelbyが業務提携 PHR「Welbyマイカルテ」による糖尿病患者の重症化予防を強化

株式会社パソナグループ
パソナグループの株式会社ベネフィット・ワン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 白石徳生、以下ベネフィット・ワン)と株式会社Welby(本社:東京都中央区、代表取締役:比木武、以下Welby)は業務提携し、ベネフィット・ワンが提供する「糖尿病重症化予防プログラム」において、12月18日(水)より連携を開始します。そしてWelbyのPHR「Welbyマイカルテ」を活用したプログラムを来春より提供してまいります。


ベネフィット・ワンは、10,770団体、会員約781万人(2019年11月時点)に対して提供する会員制優待サービス「ベネフィット・ステーション」をはじめ、人事・総務領域でのアウトソーシングサービスを幅広く提供しています。
またヘルスケア領域では、医療機関及び保健師、看護師、管理栄養士などの豊富なネットワークを活かして、企業や健康保険組合などに対し、健診予約代行、健診データ管理、特定保健指導、糖尿病等の重症化予防事業など、疾病予防におけるワンストップサービスを提供しています。

Welbyは、2011年からPHR(パーソナルヘルスケアレコード)サービスを提供しており、様々な疾患領域の患者を対象とする、治療支援デジタルサービスの企画・開発・運用をしています。PHR「Welbyマイカルテ」は、様々なセンサー機器や携帯型ウェアラブル端末との連携が可能で、利用者の歩数、距離、消費カロリー、体重、血圧等のデータを記録できるほか、食事記録データや、医療機関からの検査データやお薬の処方・服薬データなどの管理も可能となっており、そうした個人の健康データをかかりつけ医などと共有することができます。

そしてこの度、両社はベネフィット・ワンが健康保険組合等の加入者に提供する「糖尿病重症化予防プログラム」において、「Welbyマイカルテ」を活用します。
「Welbyマイカルテ」を活用することで、かかりつけ医と連携して保健指導を行う保健師などが、対象者の検査数値データを共有することが可能となります。数値指標をより“見える化”することで、プログラムの効果検証と指導の効率化に貢献してまいります。

ベネフィット・ワンとWelbyは本取り組みを皮切りに、企業の健康経営ならびに医療費の適正化に寄与するとともに、健診データを含めた個人健康データ管理基盤の拡大と、利用者の健康管理促進をサポートするためのソリューションを拡充してまいります。

■業務提携 概要

連携開始:
12月18日(水) ※プログラムの提供は来春より開始

内容:
ベネフィット・ワンが健康保険組合等の加入者に提供する「糖尿病重症化予防プログラム」において、「Welbyマイカルテ」を活用する
【利用の流れ】
1.ベネフィット・ワンが健康保険組合等の加入者に提供する「Welbyマイカルテ」の活用を提案
2.「Welbyマイカルテ」上で管理できる検査数値や、歩数、距離、消費カロリー、体重、血圧等のデータを活用し、適切な生活習慣改善プログラムを提案
3.かかりつけ医とも連携をしながら、糖尿病患者に対して、6ヶ月間、食事や運動、服薬における重症化予防の指導を行う

問合わせ:
・ベネフィット・ワン 東日本営業部 Tel 03-6870-3860
・Welby Tel 03-6206-2937

■参考 会社概要

【ベネフィット・ワン】

会社名:
株式会社ベネフィット・ワン

所在地:
東京都千代田区大手町二丁目6番2号

設立:
1996年3月15日

代表者:
代表取締役社長 白石徳生

事業内容:
福利厚生事業/インセンティブ事業/CRM(Customer Relationship Management)事業/ヘルスケア事業/パーソナル事業/購買・精算代行事業/旅行事業/ペイロール事業


【Welby】

会社名:
株式会社Welby

所在地:
東京都中央区日本橋本町二丁目7番1号

設立:
2011 年9月

代表者:
代表取締役 比木武

事業内容:
患者向け治療支援デジタルサービス(PHR)の企画・開発・運用
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会