美容・健康

自宅にいながらサロン級、3ステップのハリ感マスク新発売

株式会社ナリス化粧品
医薬部外品のシワ改善美容液を塗布後、マスクで引き上げる 15分3000円で実現する自宅で時短エステ「3Dスフィア」が進化

株式会社ナリス化粧品(代表者:村岡弘義 本社:大阪市福島区)は、長引くコロナ禍で、エステティックサロンでの美容ケアを敬遠しがちな女性に向けて、自宅でもサロン同様の美容体験を提供する「3Dスフィア(スリーディスフィア)」ブランドをリニューアル。オイル状の美容液と、医薬部外品の薬用シワ改善美容液を塗布した後に、マスクで仕上げるエステマスク「3Dスフィア WR」を10月21日から、訪問販売及び全国のナリス化粧品店舗と通信販売で発売します。




■手間のかかる美容が満足度をあげる特別感のあるマスク
「3Dスフィア」は、2018年にサロン専売品として発売を開始し、今では自宅にいながらエステサロン級の満足感を得られるアイテムとして約3年で、40万セットを超える(2021年8月末現在 406,304セット)販売実績があり、継続使用者の多いブランドに成長しました。昨年以降、緊急事態宣言発令下は、自宅時間の増加に伴い、自宅での美容に時間をかける女性が増加し、普段よりも手間のかかる美容を好む女性も増えています。当製品はオイル状の美容液の後に医薬部外品のシワ改善ジェルを重ね、最後に伸縮性のあるマスクで引き上げ、閉じ込める3ステップ。従来の美容液を医薬部外品としてリニューアル。シワ改善を実現し、さらに満足度を上げることで自宅美容の充実化をお手伝いします。

叶えるのは、シワ改善ナイアシンアミド配合の医薬部外品美容液
最初のステップでは、フリーズドライヒアルロン酸EX/ヒアルロン酸Na,グルコマンナン(保湿成分)や、レチノ―ル誘導体/レチノイン酸トコフェリル(保湿成分)配合のオイル状美容液「スフィアオイルWR」が角層深部へ浸透。次に真皮と表皮の両方に働きかけるシワ改善の有効成分「ナイアシンアミド」配合の医薬部外品のジェル状美容液「ハイドロジェルWR(販売名:ナリス ハイドロジェル WR)」がシワを改善。最後に顔の上下パーツの別れた伸縮性のある「タイトフィット マスク」をぴったり密着させて、潤い成分を余すことなく顔全体に閉じ込めます。額・頬・フェースラインなど、顔全体の広い範囲のシワに対して、立体的なケアを実現します。


【3Dスフィアのステップ】


1、角質層深くに浸透(3分)
スフィアオイル WR【美容液】
内容量:0.8mL
角質層に浸透して膨らむフリーズドライヒアルロン酸EX/ヒアルロン酸Na、グルコマンナン(保湿成分)や、レチノ―ル誘導体/レチノイン酸トコフェリル(保湿成分)配合のオイル状の美容液。
スフィアオイル WR


2、満たしてシワ改善(2分)
ハイドロジェル WR【薬用シワ改善美容液】医薬部外品
内容量:4g
販売名:ナリス ハイドロジェルWR
シワ改善の有効成分「ナイアシンアミド」配合。ぷるぷるのジェルが、しっとりと顔全体を包み込み、シワを改善。
ハイドロジェル WR


3、引き上げて閉じ込める(10分)
タイトフィットマスク【マスク】
内容量:1セット
縦横に伸縮する2パーツのマスクでたるみを引き上げた状態で潤いを密閉します。
タイトフィットマスク


■3Dスフィア 使い方
あらかじめ、化粧水などでお肌を整えておきます。
パッケージからすべてを取り出し、マスクもすぐに使えるように開封しておきます。

1、スフィアオイル WR
軽く振ってから開封し、一度にすべて出さずに、手のひらに少しずつ出します。
乾燥しやすい目元・口元に置いてから、残りをすべて手に取り、頬の内側から外側、額、鼻筋の順に伸ばします。
次に、手のひらで顔を包み込むようにして、やさしく丁寧にゆっくり引き上げます。額もやさしく引き上げます。
手のひらを顔全体に密着させます。特に年齢サインの出やすい部分は丁寧に行います。

2、ハイドロジェル WR
ジェルをすべて、手のひらに出します。
乾燥しやすい目元・口元に置いてから、均等な厚さになるように、顔全体に広げます。
こすったり、すり込まないようにしてください。より、シワを改善した部分や、ハリ感がほしい部分はたっぷり塗っていただくことを
お勧めします。

3、タイトフィットマスク
マスクの下部パーツを口元に合わせてのせます。マスクは伸縮性があるので、端を引きあげながら、しっかり密着させます。
上部パーツの小鼻の部分を切り離し、目元と鼻に合わせてのせます。
マスクの端を引き上げながら、しっかり密着させ、そのまま10分間おきます。
マスクを外したら、お肌に残ったジェルをなじませるか、ウェットコットンなどで軽くふき取って終了。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)