美容・健康

「大山式」に豪華特典がついて発売!

株式会社イースマイル
「大山式」の効果を最大限に引き出す、無料アフターフォロー付き!

株式会社イースマイル(https://e-smile.co.jp/本社 : 東京都渋谷区、代表取締役:仲村淳)が販売する「大山式」から、「大山式 fitChance(フィットチャンス)」が2021年7月23日に発売されました。「大山式 fitChance」は、「大山式」の効果を最大限に実感いただくために、2つの健康サポートプログラムが無料でついた「大山式」です。


■「大山式」とは
「大山式」は足裏からアプローチする姿勢補正具。重心が不安定になることで、身体に大きな負担がかかり、肥満やO脚、肩こり、腰痛、膝痛、冷え性などの原因になる、「浮き指」をサポートします。「浮き指」をサポートすることで重心が安定し、体幹を強化。2013年の発売以来、世界で約700万個を売り上げている当社を代表するロングヒットブランドです。




■「大山式 fitChance」
従来の大山式シリーズと比較すると、足指に装着しやすいギャザー形状の輪が特徴。どんな足の指にもギャザーの新形状がしっかりフィットし、ヨガやフィットネスなどで運動する時も外れにくい設計です。

素材に使用しているクリスタルゲル(R)の硬度もやや柔らかく足指に負担をかけません。
大山式は、長時間着けることが大切なため、着け心地にもとことんこだわりました。

■豪華購入特典!2つの無料アフターフォローサービス
「大山式 fitChance」を購入すると、健康サポートプログラム「RAGNAPP」のオンラインカルテと
オンラインライブレッスンが無料で受けられます。

<RAGNAPPとは>
スマホカメラで自身の姿勢を撮影し「身体のゆがみ」を測定。AIによる分析結果をもとにご自身に合った健康的にやせるレッスンを受けられる健康サポートプログラム。パッケージについている専用QRコードをスマホで読み込むと、「RAGNAPP」にアクセスすることができます。

<2つの無料アフターフォロー>
1. オンラインカルテ
従来、身体のゆがみを整えるためには整体や病院に通う方法しかなく、通院や検査といった時間とお金がかかる上に、具体的な数値として把握することが困難でした。しかし、オンラインカルテの最先端技術により、初めて未来姿勢を数値化することに成功。スマホカメラで自身の姿勢を撮影し、6枚の写真を登録するだけで正確に素早く身体のゆがみをAIで解析します。


2. オンラインライブレッスン
オンラインカルテの解析結果から、一人ひとりのゆがみを整えるヨガレッスンをご紹介。一流インストラクターによるヨガレッスンを無料で受講できます。「大山式 fitChance」とヨガレッスンの相乗効果で、より早く「大山式 fitChance」の効果を体感できるとともに、体のゆがみを整え、あなたの美しい美姿勢をサポートし続けます。

■いち早く「大山式 fitChance」を体験した、ヨガインストラクターにインタビュー
「大山式 fitChance」を装着し、オンラインライブレッスンを行った感想を聞いてみました。

【インストラクターコメント】
今回レッスン内でおこなったポーズで「ウォーリヤ3」というポーズですが、このポーズでは上体を前に倒すため、身体の構造的に必然と踵がどうしても浮きやすくなります。土踏まずや内転筋・体幹が弱ければ、弱いほど母指球、小指球、踵の3点を使います。

オンラインライブレッスンの参加者5名にこのポーズをとって頂いた所、「足指をギュッと踏ん張り、足裏でしっかり支えているのが実感できる」「つけていると全然、ぐらつかない」と言っていたので、ヨガと「大山式 fitChance」の相乗効果をしっかり発揮できているのではないかと思います!


運動やおうちトレーニング、ストレッチのお供に、おすすめしたい一品です。

「大山式」オンラインショップ : https://e-smile.shop/pages/ohyamashiki

【会社概要】
会社名 : 株式会社イースマイル
本社所在地 : 〒150-0011 東京都渋谷区東3-9-19 VORT恵比寿maxim 6F
代表者 : 代表取締役 仲村淳
設立 : 2004年7月
URL : https://e-smile.co.jp/

事業内容 : 美容健康商材の企画製造、卸販売、通信販売、小売業
代表ブランド : 「さよならダニー」「大山式」「ヘッドスパセブン」「スッキリPON」「TEINEI」「ATSUSHI NAKASHIMA Cosme」など

企業理念 : イースマイルは「日常をより快適にする特異性ある商品を通じて生涯のパートナーとなります」の理念に基づき、皆さんの"今"が少しでも快適になり、笑顔になっていただけるようなオリジナリティを生み出しながら、モノと人をつなげる企業でありたいと考えています
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)