医療・医薬・福祉

リアルテックファンド、感染症の創薬研究に不可欠な血球細胞を提供するマイキャン・テクノロジーズへの出資を実施

リアルテックホールディングス株式会社
 リアルテックホールディングス株式会社(所在地:東京都墨田区、代表:丸幸弘、永田 暁彦)が運営するリアルテックファンド*は、感染症の創薬研究や免疫試験に不可欠な特殊な血球細胞をiPS細胞や単核細胞から樹立、大量に生産する技術を持つマイキャン・テクノロジーズ株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役:宮崎和雄、以下マイキャン社)へ投資を実施したことをお知らせ致します。マイキャン社は今回の調達資金をもとに、東南アジアを中心に熱帯、亜熱帯地域で蔓延しているデング熱、現在世界的に感染が広がっている新型コロナウイルス感染症で発生する重症化のリスクを高感度かつ安価に検査するためのキット開発を進め、人々が感染症に対処できる世界の実現を目指します。




■企業概要
 感染症は有効な治療薬の開発が進んでいないものが多く、未だに世界的な健康課題として存在し続けています。薬の開発が遅れている原因の一つに、ウイルスやマラリア原虫などの感染症の原因となる病原体が感染しやすい細胞がごく限られた種類の細胞で、その細胞を安定して大量に供給することが難しかったことがあげられます。また、感染症の中にはデング熱のように、一度目の感染の際に体内で不十分な機能を持った抗体が作られたことによって、二度目以降の感染の際に重症化を引き起こすケースがあります。しかし、従来は重症化のリスクを迅速に検査する有効な方法が存在しませんでした。このように、研究、検査の手法にボトルネックを抱えた状況が感染症分野では続いています。
 マイキャン社の創業者である宮崎 和雄CEOは、前職の製薬企業時代に携わっていたiPS細胞を使った再生医療研究の手法にヒントを得て、ウイルスやマラリア原虫が感染しやすい特殊な血球細胞を樹立し、感染症研究用に提供することを考えました。京都大学、熊本大学の研究者らとの共同研究を経て、iPS細胞から感染症研究に使える幼若赤血球(Mpv)、未成熟樹状細胞(Mylc)を安定して分化、樹立させる技術の開発に成功し、すでに研究用細胞として提供しています。さらに、検査の分野において、Mylcがデング熱の重症化につながると考えられている抗体依存性感染増強(ADE)の検出に利用できることを見出し、キットの開発を進めています。
 今後、マイキャン社は、独自の血球細胞分化技術を活用した感染症分野の創薬研究用の特殊血球細胞の提供、デング熱や新型コロナウイルス感染症のADE検査キットをはじめとする感染症の検査プラットフォームの提供を通じて、人類が感染症に対峙できる社会の実現に貢献します。

■資金調達の目的と使途
 マイキャン社は現在、デング熱および新型コロナウイルス感染症のADE検査キットの開発を進めています。今回の資金調達で得た資金により、デング熱のADE検査キットの製品化とキットの東南アジアへの展開、新型コロナウイルス感染症のADE検査キットの製品化と国内外への展開を推進します。

■担当者コメント
宮崎氏が前職でインドに赴任していたときに直面した感染症の課題に対し、ご自身が取り組まれていた再生医療研究の手法にヒントを得て、アカデミアの研究者も巻き込んで研究開発を進め、実際に製品まで作り上げることのできる高い研究開発力をマイキャン社は持っています。出資に向けてコミュニケーションする中で、感染症の克服に向けた強い意志を感じ続けてきました。感染症の克服に向けて同社のプラットフォーム技術を国内外に浸透させていくことをリアルテックファンドは全力で支援してまいります。
(リアルテックホールディングス株式会社 グロースマネージャー 高橋 宏之)

*正式名称:「リアルテックファンド3号投資事業有限責任組合(通称:「グローカルディープテックファンド」)

■マイキャン・テクノロジーズ株式会社について


設立年月:2016年7月
所在地:京都市西京区御陵大原1-36 京大桂ベンチャープラザ
代表者:宮崎 和雄
資本金:96,140,003円
事業内容:

再生医療技術を使用した「研究用血球様細胞の提供」(販売)事業
同血球様細胞を用いた「薬系開発の評価サービス」(請負)事業
同血球様細胞を用いた、実験動物代替法に基づく「各種試験受託サービス」(請負)事業


公式サイト:https://www.micantechnologies.com/home-2
出資時期:2021年8月


■リアルテックファンドについて
リアルテックホールディングス株式会社が、自社ならびに子会社の合同会社リアルテックジャパンを通じて管理運営するベンチャーキャピタルファンド。地球や人類の課題解決に資する革新的テクノロジー(リアルテック)の社会実装に取り組んでいます。

■リアルテックホールディングスについて
リアルテックホールディングス株式会社は株式会社ユーグレナと株式会社リバネスの合弁企業です。私たちは、リアルテックの生みの親である研究者とその社会実装に命を懸ける起業家と共に、より良い未来を創造します。「リアルテック」とは、地球や人類の課題解決に資する研究開発型の革新的テクノロジーであり、世界を変えるのは、いつでもリアルテックであると信じています。
HP: https://www.realtech.holdings

<お問い合わせ先>
リアルテックホールディングス株式会社
広報担当:成田
https://www.realtech.holdings/contact
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)