医療・医薬・福祉

再生医療技術を使用した「研究用血球細胞の提供」を行うマイキャン・テクノロジーズ株式会社に投資

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(以下、「FVC」)は、当社が運営する「京都市スタートアップ支援2号投資事業有限責任組合」(以下:京都市スタートアップ支援2号ファンド)並びに「こうべしんきんステップアップ投資事業有限責任組合(以下:こうべしんきんステップアップファンド)」より、再生医療技術を使用した研究用血球細胞の提供を行うマイキャン・テクノロジーズ株式会社(以下、「マイキャン・テクノロジーズ」)(本社:京都市西京区、代表取締役:宮崎 和雄)に投資しましたことをお知らせいたします。


【マイキャン・テクノロジーズについて】
再生医療の技術を使用した研究用血球細胞の提供を通じ、治療薬・ワクチン開発を支援しているベンチャー企業です。今回の投資は、同社が提供中のiPS細胞由来不死化ミエロイド系細胞(iMylc細胞)製品を使用した感染症の重症化予測キットの製品開発を支援するものです。特に、デング出血熱や新型コロナウイルス感染症などウイルス感染症に焦点を当て、体内にある抗体の質を測定することで重篤化を予測する新しいタイプの重症化予測キットを重点的に開発するものであり、「感染症に怯えず暮らせる社会」の実現を目指しています。

【京都市スタートアップ支援2号ファンド】
京都市の施策である「まち・ひと・しごと・こころ京都創生」総合戦略の取り組みの一つとして、地元産業の育成を主眼として、京都信用金庫、京都中央信用金庫及びFVCが共同で設立した創業支援ファンドです。また、当ファンドは「京都市スタートアップ支援ファンドを核とした創業・第二創業、ベンチャー企業支援に係る業務連携・協力に関する事業連携」も締結しており、京都市で今後創業する方、創業後間もない企業や個人事業者を中心に支援していきます。

【こうべしんきんステップアップファンドについて】
こうべしんきんステップアップファンドは地域に雇用を生み出す事業計画を後押しすることにより、地域の活性化を促し、地域経済の発展に貢献することを目的として、神戸信用金庫とFVCが共同で設立したファンドです。
神戸信用金庫の営業対象地域に本社又は営業所を置く株式会社を投資対象としており、神戸信用金庫の支援専門部署であるお客様サポート部が中心となり、地域に根差した深いネットワークを活用し、企業課題に応じて地域内で活動する企業の伴走支援を行っています。

【FVCについて】
京都に本社を置く独立系ベンチャーキャピタル。ものづくり・SDGs等の「テーマファンド」、地域のベンチャー企業を支援するための「地方創生ファンド」、事業会社のオープンイノベーションを促進するための「CVC ファンド」を軸とした複数のファンドを運営しています。また、資金を投入するだけでなく、長期的な事業継続に向け、事業育成・人材育成・事業コンサルティングなどの支援を行っています。

【出資先概要】
会社名 :マイキャン・テクノロジーズ株式会社
WEB  :https://www.micantechnologies.com/
設立日 :2016年7月
所在地 :本社・京都研究所:京都市西京区御陵大原1-36 京大桂ベンチャープラザ
     神戸研究所   :神戸市中央区港島南町6丁目3-7
代表者 :代表取締役 宮崎 和雄

【会社情報】
会社名 :フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
WEB  :https://www.fvc.co.jp/
設立日 :1998年9月
所在地 :京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町 659 番地 烏丸中央ビル
代表者 :代表取締役社長  松本 直人
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)