出版・アート・カルチャー

食事でからだの不調を整える!10万部ベストセラーの実践レシピ版『病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村の食養ごはん』発売

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン
株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(本社:東京都千代田区、取締役社長:谷口奈緒美)は2021年9月17日に『病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村の食養ごはん』(山田剛・草野かおる 著 秋山龍三 監修)を刊行しました。






さまざまな体の不調をとりのぞいてきレシピを初公開


2016年に出版されて10万部を突破した『「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる』は、多くの人の病気や不調を改善してきた秋山龍三氏が実践する独自の「食養」とはなにか、日本人に合った食事とはなにかについて紹介した1冊です。


この度、こちらの実践版として『病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村の食養ごはん』を刊行しました。
「秋山式食養」を自宅でも実践できるように、より具体的に、どんな時期にどんな食材を使って、どんな調理法で食べるのか、そのレシピを紹介していきます。


秋山式食養とは?


『食べたものが血液を作り、血液がからだを作る。そして、血液の汚れが病気を引き起こしている』という考えのもと、現代の食生活や生活習慣を見直すことで、血液をきれいにして、からだの不調をとりのぞくことが「秋山式食養」です。

秋山氏は、「肉、油、砂糖、添加物、薬品」などの過剰摂取や食生活の乱れにより血液が汚れ、生活習慣病やアレルギー、ガンなどの多くの病気や不調を引き起こしていると考えています。

血液はもちろんのこと、からだは下のイラストのように、常に新陳代謝を繰り返し、全身では1秒間に数百万回の細胞分裂をして、入れ替わっています。
このように、からだは少しずつですが常に生まれ変わっているため、食事を見直すことできれいな血液に入れ替え、体の不調を取り除くことができるのです。

秋山式食養では、日本人に合っていると考えられる、日本人が昔から食べてきた食材を食べることでからだを癒します。
秋山氏が考える基本の食事とは、「玄米、味噌汁、梅干し、漬物」。
そこに「緑野菜のお浸し・酢の物、キンピラ、ヒジキや切り干し大根の煮物」など1~3菜を足します。
本書では、だるい、免疫力低下、肥満、アレルギー、冷えなど、たくさんの人の不調をとりのぞいてきた食事の作り方を、豊富なイラストとともにわかりやすく紹介します。


食材の効用からレシピまでこの1冊で!





秋山式食養の実践方法に加え、季節の野菜ごとの特徴や歴史、効用と下ごしらえ、調理方法について紹介しています。

【本書のレシピの特徴】
1.食材のおいしさと栄養を引き出す
食材が一番おいしくいただける旬の季節ごとに分類して紹介しています。
食材ごとに、おいしさと栄養を引き出すための「下ごしらえ」、「切り方」、「火の入れ方」の方法と、特徴、歴史、成分について記載しています。
2.素材本来の味を活かすレシピ
掲載しているレシピは、かんたんに作れて、素材のよさをシンプルに味わえるものばかりです。
過剰なうまみで演出されたおいしさではなく、からだが本当においしいと感じるシンプルで深みのある料理になります。

からだの不調を改善したい、からだにいい食事をしたい、免疫力を上げたいと考える方に読んでほしい1冊です。
ぜひ本書を参考に食養ごはんを作り、からだが変わる実感を味わってみてください。


【目次】
1章 ふるさと村の「食養ごはん」とは 料理を作る前に知っておいてほしいこと
2章 基本の食養ごはん ふるさと村でいつも食べている基本の食事を紹介
3章 春の食事 春に旬を迎える野菜とレシピ
4章 夏の食事 夏に旬を迎える野菜とレシピ
5章 秋の食事 秋に旬を迎える野菜とレシピ
6章 冬の食事 冬に旬を迎える野菜とレシピ
7章 春夏秋冬食べられる豆・海藻・乾物類 季節に関わらずいつもおいしい豆類、海藻類、乾物類、加工品とレシピ
おわりに

【著者情報】
監修 秋山龍三(あきやま りゅうぞう)
昭和六年、千葉県成田市で出生、私立成田高等学校を卒業。千葉県公立小学校教員、経理事務、セールスマン、宗派の管長秘書、ラジオ、テレビの台本作家などの様々な職業を経て、昭和五十年、JR水道橋駅近くにて、家庭教育、生活指導最優先を謳う私塾「伸英学園」を創設。進学一点張りの風潮の中、「食養」によって家族の健康を守り、家庭教育を最重要視する特殊な塾経営が評判を呼ぶ。塾経営と併行して学校PTAや幼稚園母の会、青年会議所など各方面から講演依頼が続く。昭和六十年より、食糧の完全自給を目的に伊豆半島の西伊豆・松崎町の山中に「ふるさと村」を建設。伐採、開墾、稲作に励み、塾の児童生徒の合宿研修所として生活指導の実践の場に供す。初年度から米の自給をなし、続いて味噌、醤油、柿酢、納豆、豆腐、こんにゃく、アルコール飲料など(食用油を除き)の完全自給を達成。塾を閉鎖後は、ふるさと村に定住し、食養の研修、滞在による療養、自給品の頒布などを目的とした村民登録を会員制にて開始。平成九年、食と血液と生命の本質を追求し、欧米型栄養学の過誤、汚染食品が及ぼす疾病、食養と疾病治療の実際などについて啓蒙、学習、研究などを目的とする「自然食養学会」を設立。現代医療の場では、治癒が絶望に近いガン、アトピー、リュウマチ、腎炎、肝硬変などで悩む多くの人が来訪滞在して食養に徹し、著しい快癒率を挙げる。過去の経験、実績に鑑み、メス、薬剤、化学(物理)療法と無縁な、本物の水、空気、人間関係、食の優れた環境の設営で病気を絶つ機構の普及と、後継者の育成に惜しみなく力を注ぐ。著書に『「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる』(小社刊)がある。令和三年五月没。秋山先生の遺志を引き継いだ後継者がふるさと村を運営中。詳細はHPをご参照ください。

ふるさと村・自然食養学会ホームページ
izu-furusatomura.jimdo.com
(ふるさと村に直接訪問されることはご遠慮ください。お問い合わせは、必ずふるさと村のメールまたはファックスにてお願いいたします)

著者 山田剛(やまだ つよし)
昭和38年、大阪に生まれる。広島大学法学部を卒業。20年勤めた株式会社ヴィレッジヴァンガードコーポレーションを平成20年に退職し、平成22年に「ふるさと村」を知り、翌年には、西伊豆・松崎町の山奥にある「ふるさと村」に移住。現在は、ふるさと村の敷地内で自作の小屋に住み、野菜を野草のように自生させる「自生農」に取り組み、秋山食養の実践と自給自足を目指し活動中。著書に『伊豆の山奥に住む仙人から教わったからだがよみがえる「食養術」―ダメなボクのからだを変えた秋山先生の食養ごはん』(徳間書店刊)がある。
tsuyoshi-yamada.jimdo.com

著者 草野かおる(くさの かおる)
セツモードセミナー卒。出版社勤務の後イラストレーターとして活躍。夫、2人の娘あり。雑誌を中心にカットやイラストルポなどを手がける。雑誌「暮しと健康」にて「イラストレーター草野かおるが行く噂のアンチエイジング」を1年間連載。PTA、自治会を通じて16年に渡り防災勉強会や防災訓練などで、防災活動に関ったことを生かし、東日本大震災の数日後、ブログにて発信を始め、多くのアクセスを集める。テレビ、ラジオ出演、講演会など多岐にわたって活動中。著書に『「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる』『4コマでわかるみんなの防災ハンドブック』『おかあさんと子どものための防災&非常時ごはんブック』(すべて小社刊)、近著に『おうち避難のためのマンガ防災図鑑』(飛鳥新社刊)がある。
Twitter:@kaorutofu
Instagram:@kusanokaoru

(山田剛、草野かおるに関するお問い合わせは、メール(info@kannon.info)までお願いします。)


【書籍情報】


タイトル:『病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村の食養ごはん』
発売日:2021年9月17日
刊行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
仕様:A5判変型/368ページ
ISBN:978-4-7993-2746-3
定価:1870円(税込)

【本書のご購入はコチラ】
Amazon https://amzn.to/3AaBHWd 
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/16844574/ 
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)