美容・健康

痩せにくい “加齢脂肪”を集中燃焼 リバウンドなしダイエットの新常識「ハイフボディ」

株式会社シーズ・ラボ
大人気メニュー「ウルトラCi(シー)ハイフボディ」新たに24店舗で開始のお知らせ

シーズ・メディカルグループ(理事長 城野親徳、東京都渋谷区、美容皮膚科シロノクリニックを全国で4院展開)のサロン事業部 クリニカルサロン シーズ・ラボ(本社 東京都渋谷区、全国で29店舗展開)では、2017年11月に恵比寿本店を含む3店舗へ導入したメニュー「ウルトラCi(シー)ハイフボディ」が好評につき11月15日から新たに銀座駅前店を始めとする4店舗が、2020年1月4日から更に20店舗で展開となり、取扱店舗が計27店舗になりますことをご報告致します。 ※加齢と共に付きやすくなる部位の脂肪を表す造語


■女性ホルモンの影響で“痩せにくいパーツ”は増える一方




30~50代女性のダイエットに関する意識調査において「年々痩せにくくなっている」と感じている方は7割を超え、ボディラインの変化を身をもって体感している女性が多数いることが分かります。そもそも女性の体は皮下脂肪をエネルギー源とする貯蔵システムが遺伝子に組み込まれています。また、閉経前は女性ホルモンのひとつ『エストロゲン』の働きによって内臓脂肪を溜めこむ働きを促す『アルデヒド脱水素酵素』を抑制していましたが、更年期以降エストロゲンが減ることで酵素の働きが活発になり、腹部を中心にボディラインが緩みやすくなることも原因の一つです。


■痩せにくいパーツこそ痩せていく「ハイフ」の作用とは




▲ハイフマシン「ウルトラCi(シー)ハイフボディ」




「ウルトラCi(シー)ハイフボディ」は体内へ特殊な超音波エネルギーを60~70℃の高温の“点”で熱照射して皮下13mmに位置する脂肪細胞に直接的にダメージを与えます(高密度焦点式超音波=ハイフ の作用による痩身ケア)。
体内においてダメージを受けた脂肪細胞は“不要な存在”と判断され老廃物排泄機能を担う静脈やリンパ管に回収・排泄され、照射箇所のサイズダウンを始めます。つまり、ホルモンバランスに左右されることなく、40代以降の脂肪細胞も縮小・減少することができ、リバウンドの可能性はほぼゼロに等しいと言えます。


■「ウルトラCi(シー)ハイフボディ」コース内容
http://www.ci-z.com/lpad/hifu_body.html

1回 5100shot/70,000円 ⇒ 初回体験 1700shot/5,000円(全て税抜)


1.ハイフを脂肪層へ照射
サイズダウンしたいパーツを選び皮下13mmへダイレクトに熱を届けます。照射による振動と熱伝導があり、燃焼されている実感が高まります。


2.揉みほぐして排泄促進
ラジオ波+吸引+LEDが三位一体となったトリプルシェイプでハイフ照射後の脂肪細胞をリンパ節へ流し排泄を促しボディラインを形成します。


■施術サイズ
お試しサイズ:こぶし1つ分(1700shot)
S/M/Lサイズ:それぞれ手のひら1枚、2枚、3枚分(それぞれ2550、5100、7650shot)

■実施店舗
2017年に先行した恵比寿本店、銀座店、表参道店に続き、
2019年11月に4店舗、2020年1月にはさらに20店舗が開始(計27店舗で展開)

■シーズ・ラボ恵比寿本店


東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ1F
営業時間:10~20時(日祝は~19時) 定休日なし
TEL:0800-111-4116(全国共通フリーコール)
http://www.ci-z.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会