美容・健康 その他

経済産業省 補助事業「秋田発・フレイル健診プログラム実証事業」にヘルスケア アプリ「カロミル」が導入

ライフログテクノロジー株式会社
ライフログテクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:棚橋繁行、以下ライフログテクノロジー)は、同社が運営するヘルスケア アプリ「カロミル」が、株式会社アルファシステム(本社:秋田県秋田市、代表取締役:佐藤嘉晃、以下アルファシステム)が推進する実証事業「人生100年健康こまち!秋田発・フレイル健診※1」の食事記録アプリとして導入されることをお知らせいたします。なお、「人生100年健康こまち!秋田発・フレイル健診」事業は経済産業省の補助事業である「令和元年度健康寿命延伸産業創出推進事業」(地域の実情に応じたビジネスモデル確立支援事業)に採択されています。


■プロジェクト実施の背景
秋田県では、県民の健康寿命が平均寿命に対して総じて低く、特に男性の健康寿命が全国ワースト1位という事実を受け、生涯を健康にはつらつと過ごせるヘルスケア対策を危急的課題と捉えています。本事業では、秋田県医師会が医療的エビデンスを重視した健診フローの構築、株式会社ヤマダフーズが低栄養対策となる高たんぱく食品の開発、秋田医理工連携推進コンソーシアムが医理工連携の触媒役として参画し、アルファシステムが事務局・代表幹事を務め、産学官金分野の14協力団体と県内の地元企業・自治体・関係機関の総力を結集したチーム「秋田フレイル健診コンソーシアム」として、事業の推進力を確固たるものとします。

■「カロミル」が導入された理由
本事業のなかでも課題となる「継続的な食事(ライフログ)の記録」において、「カロミル」では、ユーザーが写真を撮るだけで自動的に食事(ライフログ)の記録・集計がされる「カロミルAI」※2によって、高齢者でも簡単に記録ができ、その精度の高さが評価され導入に至りました。そのほかにも、データ連携サービス「カロミルコネクト」によって食事履歴データを連携し、データ予測分析技術をもとに個人の食事(栄養)管理をサポートするサービスも提供します。

※1「人生100年健康こまち!秋田発・フレイル健診」は、秋田県をフィールドに健康寿命延伸と生きがいの創出を目指す実証事業です。運動・栄養・認知(社会参加)の3つの側面から、高齢者が要介護に至る前に介入や指導を行う介護予防の新潮流「フレイル予防対策」を軸に、秋田県(秋田市・大館市・北秋田市・潟上市)を実証地域とし、最新のIT・IoT技術の活用を取り入れた新時代の「フレイル健診」パッケージを構築します。

※2スマホ内を自動で解析しデータを蓄積するAI技術で特許取得(第6355147号)。解析できる食事品目数は国内アプリではナンバーワン。

【カロミルの導入背景についてアルファシステム代表取締役 佐藤嘉晃氏のコメント】
秋田県では健康寿命日本一を目指す取り組みが進められており、平均寿命の延伸にとどまらず、生涯をいきいきと暮らせるような高齢者の健康づくりが喫緊の課題とされています。中でも、介護予防の観点から運動習慣と並ぶほどに重要なのが、低栄養状態に至らない食生活です。当事業に参画いただいている医療法人正和会の柴田裕医師は、適切な摂取カロリーやたんぱく質の摂取量など低栄養対策への県民意識の不十分さを課題として捉えており、「カロミル」の食事管理を通した食生活の「見える化」が当事業遂行に不可欠とおっしゃっています。栄養・運動・認知(社会参加)の3局面から、カロミルのAI技術などを活用し、秋田県民の健康寿命延伸をより強く推進していきたいと考えています。

【ライフログテクノロジーの代表取締役 棚橋繁行のコメント】
「人生100年時代」といわれる時代、健康意識が高まるとともに健康管理の重要性が高まっています。「カロミル」なら高齢者でも簡単に食事を記録でき、データ管理ができる点をご評価いただき連携が実現しました。今後ますます高齢者社会の課題となる低栄養やフレイルにむけても、当社の技術を活かして精度の高い健康支援の仕組みをつくり、高齢者になっても元気に健康に生活できる社会を目指していきたいと考えています。

■ライフログテクノロジーの今後の展開
ライフログテクノロジーは、これまで医療機関の研究に技術面で参加するなど、医療関係者向けの専用アプリも、一般向けと併せて開発してきました。今後は、栄養指導や食事指導などを行う、病院・クリニック・介護施設・学校・保育園・地方自治体・スポーツジムなどでの利用についても積極的に展開していくほか、地域の健康増進につながる施策にも取り組んでいく予定です。

【カロミルについて】




• 日々の食事や運動の記録・管理がおこなえるヘルスケア アプリです。
• 約3万品目の食品・商品のデータベースの中から手動で検索・選択し、登録した食品の栄養素が自動概算・記録される機能と、独自に開発した画像解析AIを用いて、食べ物を写真撮影するだけで栄養素を記録できる機能を実装。
• 2016年のサービス開始以降、日々データが蓄積されAIの精度が向上。
• カロリー、脂質、炭水化物、糖質、食物繊維などの栄養情報を自動解析し、不足している栄養素や、過剰な栄養素などの情報を把握可能。
• 体重や運動量の記録もでき、目標達成に役立つ機能も搭載。
• ライフログから3ヶ月後の体重を予測し、AIが解説する「解説付き体重予測AI」を搭載。
• 1週間単位で食事のアドバイスをする「食事指導機能」を搭載。
• ダイエットや、糖尿病などで食事療法や運動療法などを行っている方が多くご活用。


【ライフログテクノロジー株式会社について】https://calomeal.com/

ライフログテクノロジー株式会社は、管理栄養士、エンジニア、データサイエンティスト、人工知能の研究者で構成されたヘルスケア関連のテクノロジー企業です。2016年2月に創業し、東京本社のほか、宮崎、福岡に拠点があります。ヘルスケア アプリ「カロミル」を開発運営しています。大学や企業、医療研究機関などと健康管理や食生活に関する共同研究を行っています。また、カロミルで収集するユーザー37万会員のきめ細かな喫食データをもとに、様々な切り口で統計データを抽出・分析し、現代のリアルな食生活の実態をレポートするオウンドメディア「カロミル食生活実態調査」(https://media.calomeal.com/)を運営しています。

社 名: ライフログテクノロジー株式会社(Life Log Technology, Inc)
所在地: 〒108-0023 東京都港区芝浦4-12-44 石川ビル5F
設 立: 2016年2月
資本金: 3億336万円(資本準備金含む)
代表者: 代表取締役 棚橋繁行
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会