流通 インテリア・雑貨

【どんなマスクだったら着けてみたいと思いますか?】二重マスク利用者に調査!今求められているのはTPOで使い分けできる“二刀流”マスク!?

株式会社ヒョウドウプロダクツ
二重マスクをする6割近くが“除去性能”に不安を抱えていると回答!

株式会社ヒョウドウプロダクツ(本社所在地:静岡県浜松市、代表取締役:兵頭 昭則)は、全国の20代~60代男女を対象に、マスクの着け方に関する実態調査を実施しました。


この度HYDOマスクを販売するヒョウドウプロダクツがサイトリニューアル!
よりお買い求めやすくなりました!

『HYODウォッシャブル抗ウイルスドライマスク』https://www.hyod-products.com/product/mask/
こだわったのは「息のしやすさ」と「圧倒的なフィット感」。そして除去フィルターが挿入できる拡張性。
それに伴い、株式会社ヒョウドウプロダクツhttps://www.hyod-products.com/)は、二重マスクに関する調査を実施しました。


【二重マスクにする理由】6割近くが“マスク1枚だけじゃ不安”と回答

近頃は、ウイルスの防御力を高めるために、二重マスクを着用する方が話題になりましたが、二重マスクを行う理由とはどういうものなのでしょう。



二重マスクを着用している方に「二重マスクをしている理由を教えてください」と質問したところ、『1枚だけでは除去性能に不安があるため(59.3%)』と回答した方が最も多く、次いで『除去性能とカラー・デザインを両立させるため(20.9%)』『周囲の目が気になるため(5.5%)』『肌荒れ対策のため(4.4%)』と続きました。

二重マスクを着用する6割近い方が、ウイルスなどの除去効果を期待していることが明らかになりました。
しかし同時に、実際の効果にはさほど関係ないカラー・デザインや周囲の目も、かなり重要視していることがわかります。
最近では、アパレルショップで服に馴染みやすいカラーのマスクやデザインマスクが販売されるなど、二重マスクをしている方も多いのではないでしょうか?


【除去性能効果が上がって安心はできるけど…息苦しい】二重マスクの着け心地はイマイチ

除去性能への不安や、デザイン性を重視している方の多くが二重マスクにしていることが分かりましたが、正直なところ、生地の厚みが出てしまうので通気性や快適さなどの問題もあるかもしれません。



そこで、「二重マスクで大変なことは何ですか?」と質問したところ、『息苦しい(35.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『圧迫感がある(19.8%)』『マスク内が蒸れる(16.5%)』と続きました。

いずれも、マスクを二重にすることで生じる課題が、顕著に表れる結果となっています。
ウイルス防御のためとはいえ、二重マスク着用者はかなり苦労していると言えそうです。

最後に、「こんなマスクがあったら嬉しいと思うものがあれば教えてください」という質問もしてみました。

■こんなマスクがあったら、着けてみたい!
全ての機能が備わっているデザイン性が高いもの(20代/女性/愛知県)
・夏でも蒸れないよう、通気性のいいマスク(しかしウイルスからはしっかり守ってくれるもの)(20代/女性/東京都)
永久的に洗い替えできるマスク(30代/女性/熊本県)
・メガネが曇らないマスク(30代/男性/北海道)
耳が痛くならない、通気性の良い、眠くならないマスク(50代/男性/大阪府)

二重マスクのような安心感や、通気性の高さといった機能性を持つマスクが、求められているという感じでしょうか。
また、「洗い替えできる」というのも、マスクごみが問題になっている現在では、かなり大事なポイントかもしれません。


【二刀流マスク!?】機能性マスクならHYODウォッシャブル抗ウイルスドライマスクがお薦め!



株式会社ヒョウドウプロダクツ(HYOD Products)https://www.hyod-products.com/)は『HYODウォッシャブル抗ウイルスドライマスク』https://www.hyod-products.com/product/mask/)製造・販売を手掛けています。

■HYOD Productsとは
バイクを趣味としているライダー達のあこがれのブランド“HYOD”はレーシングスーツについて、他のメーカーをまったく寄せ付けないほどの圧倒的な技術力を誇っています。
無骨な革(レザー)を体にぴったりとフィットさせながら快適に動くことができるパターンを開発し、国内外の数多くのプロレーシングライダーに絶大な信頼を得ています。
とことん考え、そして作り込むのがHYODのモノ作りのスタンス。
そんなHYODが、長引くコロナ禍の中、マスクの制作に本気になって取り組んで製品化したのが、HYODウォッシャブル抗ウイルスドライマスクなのです。

■常に高機能を追求するバイクウエアメーカーだからこその、抜群のフィット感と快適性


こだわったのは「息のしやすさ」と「圧倒的なフィット感」。
無骨なレザーを体にフィットさせながらストレッチできるパターンメイキングがHYODの真骨頂。
その技術を生かした顔の曲面にしっかりフィットする立体パターン(立体裁断)と伸縮性のある素材の採用で、着けているのを感じさせない抜群のフィット感と快適性。

ノーズワイヤーなしのマスクはフィット性が劣るだけでなく、すき間から息が上がってきてメガネがくもりやすい一方、HYODのウォッシャブルマスクは、上側にノーズワイヤーもあるのですき間なく装着できます。

素材には灼熱の太陽の下を走るバイクウエアメーカーならではの、肌に優しく、吸汗・速乾・抗菌・防臭といった高い機能性をもった素材を使用しており、涼しくて快適・清潔に過ごせるというのが大きな特徴です。

point1 抗ウイルス加工ファブリック
素材には、接触したウイルスの感染力を弱める抗ウイルス性をもつ小松マテーレ(株)の抗ウイルス加工素材「VIRUS SHIELD(R)/ウイルスシールド(R)」を採用。
さらりとした風合いで、軽く着け心地がよく、汗をかいても蒸れにくく、呼吸しやすいマスクです。洗濯して何度も繰り返し使えます。

※「VIRUS SHIELD(R)」「ウイルスシールド(R)」は小松マテーレ(株)の登録商標です。
※マスクは、ウイルスの感染(侵入)を完全に防ぐものではありません。

point2 表面と裏面の二重構造。感染リスクの軽減には不織布やフィルターの挿入が効果大



肌面には洗えるドライなメッシュ素材で、より着け心地が良く、より呼吸しやすく、さらりと軽く快適に…
マスク本体は二重構造となっていて、両脇の入り口から表地と裏地の間に不織布や簡易フィルターを入れて、着け心地を損なわずにウイルスの除去性能をアップさせることができます。

簡易フィルターは、同封されたフィルターパターン(型紙)を使って、不織布やキッチンペーパー、コーヒーフィルターなどご家庭の身近にある素材を使って作ることができます。
通気性は簡易フィルターの種類や重ねる枚数で変わりますが、キッチンペーパー1枚やガーゼを二重にしたぐらいでは息苦しさに問題はありません!

屋外での活動やスポーツをするときはマスク単体の「コンフォート仕様」で、感染のリスクが高くなる場所では不織布やフィルターを挿入して「ウイルスブロック仕様」にして、安全で快適なマスク生活を送るのがスマートなマスクの使い方ではないでしょうか?

point3 耳が痛くなりにくい
耳ヒモ部分には伸縮性と耐久性に優れたネオプレン素材を採用。
幅広のネオプレンを使っているので、耳へのストレスがなく、長時間でも耳が痛くなりにくい仕様となっています。もしサイズが合わない場合は耳ヒモ部を詰める加工も承ります。(左右詰¥550[税込])


〈MSK004・MSK005〉HYOD ウォッシャブル抗ウイルスドライマスク 






サイズ:レギュラー/スモール
カラー(MSK004)6種:GRAY/NAVY、BLACK/WHITE、BLACK/GREY、WHITE、BLACK、LIGHT GREY
カラー(MSK005)5種:BLACK/ORANGE STITCH、NAVY/ORANGE STITCH、LIGHT GREY、GREY/LIGHT GREY、WHITE 
価格:¥1,650(税込)


※製品の衛生状態には万全を期していますが、ご使用前には必ず洗濯してご着用いただきますようお願いします。
※製品の特性上、返品・交換はお受付できません。あらかじめご了承ください。

抜群の付け心地と快適さを保ちながら、ウイルスの除去性能をアップできる、“二刀流”の『HYODウォッシャブル抗ウイルスドライマスク』。この機会にマスクを見直してみてはいかがでしょうか?


■〈MSK004〉HYOD ウォッシャブル抗ウイルスドライマスク:https://shop.hyod-products.com/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&pid=MSK004&cat=001
■〈MSK005〉HYOD ウォッシャブル抗ウイルスドライマスク:https://shop.hyod-products.com/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&pid=MSK005&cat=001

■お問い合わせ:https://www.hyod-products.com/contact/
■TEL:053-465-8281
■株式会社ヒョウドウプロダクツ(HYOD Products):https://www.hyod-products.com/
■Instagram:https://www.instagram.com/hyod_coordinate/

調査概要:マスクの着け方に関する実態調査
【調査期間】2021年4月1日(木)~2021年4月2日(金)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,129人
【調査対象】全国の20代~60代男女
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)