インテリア・雑貨 医療・医薬・福祉

シルエットすっきり!下着のような見た目とはき心地を実現『アテント 下着爽快プラス超うす型パンツ』 リニューアル!

大王製紙株式会社
立体ギャザーやわらかさ向上&通気性約20%アップ※1

 衛生用紙製品No.1※2ブランドの「エリエール」を展開する大王製紙株式会社(本社:東京都千代田区)は、大人用紙パンツ『アテント 下着爽快プラス超うす型パンツ』の品質および機能を改良し、より下着らしさを追求したすっきりしたシルエットとはき心地にリニューアルして2021年10月21日(木)より全国で発売します。



■発売の狙い
 近年、60歳以上のアクティブなライフスタイルへの変化により、超うす型パンツユーザーが増加中です。市場推移※3を見ると、超うす型パンツの販売金額は2018年度27.5億円から2020年度33億円まで119.7%に拡大。そして、当社が2018年に販売開始した『下着爽快プラス超うす型パンツ』は、下着のような装着感と見た目のすっきり感で人気を博し、市場の伸び率を超える300%以上に伸長※3しています。
 今回、超うす型パンツユーザーの購入理由※4として、「パンツがうすいから(43%)」「はき心地がよいから(35%)」「服の上から目立たないから(32%)」と、下着のような装着感を求める傾向が高いため、この生活者ニーズに応えるために、より下着らしさを追求してリニューアルします。 
■商品について
 リニューアルする『下着爽快プラス超うす型パンツ』は、当社独自の「伸び・ワザ素材」で紙パンツをはいた際のモコモコ感を抑え、下着のようなはき心地を実現。「伸び・ワザ素材」採用ですっきりした胴回りとなり、洋服の上からも目立たないシルエットに仕上げました。また、全面通気性プラスシートで通気性が約20%※1アップと足まわりの立体ギャザーを柔らかくすることで、快適なはき心地を実現。超うす型ながらも、安心の2回吸収および消臭機能付きです。さらに、前後の見分け方に関するお問い合わせが寄せられたことから、ひと目で分かるように商品の背に「うしろ」表記を追加しました。下着のような装着感で快適性を向上させた、新しい『下着爽快プラス超うす型パンツ』にご期待ください。

※1:当社従来品比
※2:インテージSRI+ ティシュー市場、トイレットペーパー市場、キッチンペーパー市場、
ペーパータオル市場の合算(2020年度メーカー別売上金額)
※3:インテージSRI+ 2018年4月~2021年3月
※4:当社調べ 2020年6月 n=65(超うす型パンツ使用者)

― エリエール 『アテント 下着爽快プラス超うす型パンツ』 商品概要 ―

【商 品 名】 エリエール「アテント 下着爽快プラス超うす型パンツ」
【発 売 日】 2021年10月21日(木)より全国発売

【商品内容】 2サイズ計6アイテム/オープン価格
◎M男女共用  2枚
◎M男女共用  22枚
◎M男女共用  30枚
◎L男女共用  2枚
◎L男女共用  20枚
◎L男女共用  28枚     
【公式HP】 https://www.elleair.jp/attento/
【お問合せ】 エリエールお客様相談室TEL:0120-205205(受付10時~16時/土日祝日を除く)
  MAIL:https://www.elleair.jp/inquiry/rules


1.リニューアル!立体ギャザーのやわらかさ向上
 立体ギャザーのやわらかさ向上で足回りによりフィットして、すきまモレにも安心です。
 伸縮素材で前側とおしり部分のゴワつきを軽減し、紙パンツをはいた際のモコモコ感を抑えます。
 すっきりした胴周りで、布下着のように洋服の上からも目立たないシルエットに仕上げています。
2.リニューアル!通気性約20%※1アップ
 全面通気性プラスシートを採用し、従来品より通気性が約20%向上しました。
 ※1当社従来品比
3.リニューアル!わかりやすい前後識別デザイン
 前後がパッと見てわかるように、「うしろ」とサイズを表記しました。


4.当社独自のプレミアム「伸び・ワザ素材」採用ですっきりシルエット
 従来の糸ゴムを使用せず、肌にやさしく全面でフィット、表面の凹凸感が少ない当社独自の「伸び・ワザ素材」を採用し、布下着のようなはき心地を実現。
 「すっきり吸収体」で装着時のごわつきを軽減し、「ウエストすっきりカット」でしゃがんでもズボンからはみ出しにくい設計です。
5.安心の2回吸収&消臭機能付き
 超うす型ながら、安心の2回吸収を実現。尿を素早く引き込んであふれモレを防ぎます。消臭機能付き。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)