医療・医薬・福祉

J‐Startup対象企業と提携、医療現場におけるコミュニケーション革新を目指した 医療XR(VR/MR)サービス「HoloeyesXR」の販売を開始

メディアスホールディングス株式会社
メディアスホールディングス株式会社(本社:東京都中央区京橋、代表取締役社長 池谷保彦、以下メディアス)は、メディアスグループの事業会社が、経済産業省が支援するJ‐Startup対象企業であり、医療XR(VR/MR)サービスを手掛けるHoloeyes株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 谷口直嗣、以下Holoeyes)と販売代理店契約を締結し、東北、関東、中部、北陸エリアにおいて、医療XRサービス「HoloeyesXR」の販売を開始することをお知らせいたします。








 「HoloeyesXR」は、2次元のCTスキャンデータやMRIデータから3次元のVirtual Reality(VR)やMixed Reality(MR)を生成するアプリケーションにより、医療コミュニケーションを革新するクラウドサービスです。
 医療の現場では、医師はCT/MRIなどによって撮像された2次元のデータを閲覧し、脳内で3次元に変換して診断しています。「HoloeyesXR」は、この複雑な変換プロセスをVR/MRなどのテクノロジーによってサポートします。

空間認知の解像度が上がる

身体性を伴う空間認知により、臓器などの重要な位置関係を高い解像度で認識することができます。術前の手術計画やカンファレンスなどでご活用いただけます。







豊かなビジュアルコミュニケーション

ビジュアルを共有することにより、非言語の豊かなコミュニケーションが実現します。また、遠隔地を結んだ症例カンファレンスも実現できます。




主観の追体験ができる

手術計画やビジュアルコミュニケーションを実施した際の内容を主観視点で録音録画できます。この内容を若手医師や医学生などに共有することが可能です。


 
 「HoloeyesXR」は、G20大阪サミット2019の広報展示において世界に発信されて注目を集めた、日本の革新的な技術です。本サービスは、患者への術前術後の説明、研修医や医学生への教育、スタッフ同士の術前の情報共有などを目的に開発されましたが、既に導入している施設では、術前のグラフトの作成時に使用するなど独自に活用の幅を拡げており、今後も更なる実用拡大が期待されます。また、来年度にむけて薬事認証申請を進めており、医療保険が適用されるクラスII医療機器としての展開が見込まれています。

 メディアスグループは、 変革する医療現場を支援しより良い医療環境をつくるため、核となる医療機器販売事業に加え、先進技術を活用したソリューションの提案、病院内物流の効率化、介護福祉事業の充実など、さまざまな施策で医療現場をサポートしてまいります。

【「HoloeyesXR」を取り扱うメディアスグループ事業会社】
・株式会社秋田医科器械店
(本社:秋田県秋田市仁井田字中谷地130番地2、代表取締役社長 池ヶ谷 敏之)
・株式会社栗原医療器械店
(本社:群馬県太田市清原町4番地の6、代表取締役社長 栗原 勝)
・イーバスメディカル株式会社
(本社:東京都文京区後楽1-4-25 日教販ビル6階、代表取締役社長 梅澤 悟)
・協和医科器械株式会社
(本社:静岡県静岡市駿河区池田156-2、代表取締役社長 柴田 英治)
・株式会社オズ
(本社:静岡県静岡市駿河区高松2-23-39、代表取締役社長 永田 洋朗)
・株式会社ミタス
(本社:福井県福井市問屋町4丁目901、代表取締役社長 宮地 修平)
・ディーセンス株式会社
(本社:石川県金沢市直江東一丁目6番地、代表取締役社長 橋本 和剛)

【Holoeyes企業概要】
・社名:Holoeyes株式会社
・本社所在地:東京都港区南青山2-17-3 モーリンビル303
・設立:2016年10月
・代表者:代表取締役社長 谷口直嗣
・URL:https://holoeyes.jp/

【メディアスホールディングス企業概要】
・社名:メディアスホールディングス株式会社
・本社所在地:東京都中央区京橋一丁目1番1号 八重洲ダイビル3階
・設立:2009年 7月
 ※協和医科ホールディングス株式会社として設立、2010年10月に現社名へ商号変更
・資本金:1,285,270千円
・従業員数:1,759名(グループ計、2019年6月末現在)
・事業内容:医療機器の販売会社等を事業会社に持つ持株会社
・代表者:代表取締役社長 池谷 保彦
・URL: https://www.medius.co.jp/

〈メディアスグループの思い〉
医療に携わる私たち(Medical+us)は、医学的用途(Medical+use)に関する知識を深め、医療現場への情報発信源(Media)としての機能を高め、同じ志を持つ仲間(us)を増やし、医療環境の明日(アス)を創造していきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会