広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

H1N1ワクチン市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「H1N1ワクチンの世界市場:業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会および予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を9月21日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/imarc999709-h1n1-vaccines-market-global-industry-trends-share.html




市場の概要
H1N1ワクチン市場は、2020年に18億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約5%のCAGRで成長すると予想されています。

H1N1ウイルスは、しつこい咳、高熱、目の充血、体の痛み、頭痛などを特徴とする感染症です。この病気は、肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支炎などの既存の慢性疾患に悪影響を及ぼすことが知られており、重症の場合は命に関わることもあります。H1N1ワクチンは、皮内および鼻腔内に投与することで、ウイルスに対する積極的な免疫を提供する予防策です。

H1N1感染症の流行の増加と一般住民の免疫力の低下は、市場成長の主な要因の一つです。また、年齢の上昇に伴い、呼吸器系疾患や免疫不全症を発症するリスクが高まり、それによってH1N1インフルエンザに感染するリスクも高まります。しかし、免疫学やワクチン技術の分野における広範な研究開発と、世界的な保健機関からの広範な支援により、高品質なワクチンの流通が促進されることが期待されます。さらに、オーストラリア、英国、米国などの先進国では、国民予防接種プログラム(NIP)に新型インフルエンザワクチンの接種が含まれており、これらのワクチンの需要が高まっています。また、技術の進歩や患者の予防意識の高まりも、H1N1ワクチンの需要拡大につながっています。

主要な市場区分
世界のH1N1ワクチン市場は、ワクチンタイプ、市場タイプ、主要ブランド、地域に基づいて分類されています。

ワクチンタイプ別の市場構成
・筋肉内投与
・鼻腔内投与
・皮内投与

市場タイプ別の市場構成
・公的機関
・プライベート

主要ブランド別の市場構成
・Agripal
・Fiuarix
・Influgen
・Influvac
・Nasovac
・バクシグリップ
・その他

地域別の市場構成
・北アメリカ
・ヨーロッパ
・アジア・パシフィック
・中近東・アフリカ
・ラテンアメリカ


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc999709-h1n1-vaccines-market-global-industry-trends-share.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)