医療・医薬・福祉 美容・健康

尿を利用したがんの早期発見を目指すCraif、Medical Affairs ディレクターに宗田 聡氏が就任

Craif株式会社
 Craif株式会社(所在地:東京都文京区、CEO:小野瀬 隆一、以下Craif)は、医学博士・産業医の宗田 聡氏が、当社のMedical Affairs ディレクターに就任したことをお知らせいたします。


■宗田氏の就任により、臨床現場のニーズに応える高精度な検査開発を加速
 宗田氏は遺伝医学領域で医学博士号を取得、米国Tufts-New England Medical Center周産期遺伝学部門に文部省在外研究員として派遣、これまで30年以上にわたり産婦人科医、臨床遺伝専門医、産業医として診療・研究・教育に携わっています。宗田氏がもつ遺伝医学領域・産婦人科領域における豊富な知見と経験を基に、Craifは婦人科がんのスクリーニング検査をはじめとした高精度な検査サービスを、スピード感をもって実臨床の場に提供していきます。

~宗田氏のコメント~
 私の専門は母親の血中にある胎児由来細胞や遺伝子に関するものですが、そこで得られた知識・経験を活かし、Craifがリキッドバイオプシー検査のフロントランナーとして今後大きく成長できるよう貢献していきたいと考えています。

宗田 聡(そうだ さとし)氏:医学博士・産業医

略歴

1988年筑波大医学部卒。1996年筑波大学大学院博士過程(遺伝医学)を卒業後、筑波大学医学部講師を経て文科省在外研究員として米国Tufts-New England Medical Center周産期遺伝学部門に留学。帰国後、2004年茨城県周産期センター長、2012年医療法人HiROO理事長。一方で、茨城県立医療大学客員教授、東京慈恵会医科大学産婦人科学講師*、筑波大学大学院人間総合科学研究科講師*、東京都立大学東京健康福祉学部講師*、筑波大学大学院人間総合科学研究科フロンティア医科学専攻講師*、日本周産期メンタルヘルス学会評議員、日本産婦人科医会先天異常委員会委員、日本産科婦人科遺伝診療学会代議員なども務め、日本での臨床医学に携わる医師や医療関係者の教育研修等に取り組んでいる。(*非常勤)

■Craifについて
 Craifは、2018年5月創業の名古屋大学発ベンチャー企業です。日本が誇る素材力を用いて尿からエクソソームを網羅的に捕捉し、AI(人工知能)を組みあわせて医療に応用することで、現在のがん診療が抱えるさまざまな課題解決に取り組んでいます。当社が開発した酸化亜鉛ナノワイヤデバイスを用いることで、従来法より簡便かつ効率的にエクソソーム・細胞外小胞を網羅的に捕捉できる技術を有しています。エクソソームは、細胞間情報伝達の媒体であるため、中に含まれる核酸やタンパク質などの様々な”メッセージ物質”について解析することで、細胞間コミュニケーションと深い関わりがあるがんをはじめとした多くの疾患について理解を深めることができます。

 当社は、本技術を次世代のバイオマーカー解析サービスとして提供し、医療・ヘルスケア領域を中心にあらゆる企業・アカデミアとの協業を通じて、当社のビジョンである“人々が天寿を全うする社会の実現”を推進いたします。詳細については、https://craif.com/をご覧ください。

■会社概要
会社名   : Craif株式会社
本社所在地 : 東京都文京区本郷3-38-14 NEOSビル3F
代表者   : 代表取締役 小野瀬 隆一
設立    : 2018年5月
URL    : https://craif.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)