美容・健康 その他

女性の心とからだの健康について考えるオンラインイベント『わたしたちのヘルシー 心とからだの話をはじめようin Oct. 2021』を開催!

株式会社CINRA
見て、知って、楽しみながら考える。豪華ゲストによるトークセッション!

現代日本における女性の健康推進の必要性とその課題について考えるための取組みを行っているWomen’s Health Action実行委員会(代表 慶応義塾大学名誉教授・元内閣官房参与 吉村 泰典)とカルチャーWEBメディア『CINRA.NET』の運営や各種Webメディアの構築などを手がけるクリエイティブカンパニーCINRA(本社:東京都渋谷区、代表:杉浦太一 https://www.cinra.co.jp )が、共にプロデュースする『わたしたちのヘルシー 心とからだの話をはじめようin Oct. 2021』の開催が決定しました。オフィシャルサイト:https://wha-event.com/online202110


わたしたちのヘルシー 心とからだの話をはじめようin Oct. 2021

『わたしたちのヘルシー 心とからだの話をはじめようin Oct. 2021』は、今年度の国際ガールズ・デー(10月11日)に合わせて、10月10日(日)、YouTubeにて開催。女性自身の心とからだのヘルスケアについて、見て、知って、ときには楽しみながら考えられるイベントです。

今年3月に初開催された『わたしたちのヘルシー 心とからだの話をはじめよう』では、月経痛や月経前症候群(PMS)、妊活や不妊、性教育やフェムテック情報など、女性特有の心とからだの悩みについて、正しい知識で向き合う事の大切さを伝える趣旨に賛同する医療ヘルスケア分野の専門家(医師・助産師・有識者など)とタレントや俳優、モデル、 漫画家やエッセイスト、ミュージシャン達が協力。オンライン配信視聴は21,212人を記録し、全国の幅広い世代の女性、男性から参加がありました。今回はその第二弾の開催になります。

国や自治体、医療・教育の現場や職場・家庭・地域など全てが一丸となって、現代日本における女性の健康推進の必要性とその課題について考えるための取組みを行っているWomen’s Health Actionと、カルチャーWEBメディア『CINRA.NET』などを運営するクリエイティブカンパニーCINRAが協力しプロデュースいたします。

イベントでは、今多くの方が悩んでいる2大テーマ「月経」と「生殖」について、アーティストやタレントから医者や専門家まで多彩な話し手によるトークのほか、視聴者のお悩みに答えるようなインタラクティブな企画を予定。月経、生殖をメインテーマに、女性のからだ特有の悩みなど、自分のからだに向き合い、そこで得た知恵や知識を大切な人にも共有できるやさしく心強い循環をつくっていくことができる機会をつくります。

出演者や、コンテンツの詳細につきましては、第二弾のリリースにてお知らせいたします。

■コンセプト
今より自由で新しい世界の扉をひらくために。
わたしたちの心とからだの話をはじめるイントロダクション・ストーリー。


刻々とうつろい、変わっていくわたしたちの心とからだ。
一点の曇りもないくらい元気なときもあるかもしれないけれど、
理由もわからず心配な気持ちが胸のうちを占めていることもあれば、
いつもとどこか違う、そんなからだの状態に不安になることもある。
誰しもが、多かれ少なかれ
ゆらぎや浮き沈みを抱えながら生きています。

だけど、これぐらいなら大丈夫なはず……とがまんしてしまったり、
どうしたらいいか、誰に相談したらいいか、相談すべきかどうかも、
よくわからなくなってしまうことがある。
それぐらい、女性が自分のからだや心の声に耳を澄ませ、
大切にいたわることや、言葉にすること、
能動的に向き合うことが、あたりまえではなかったのかもしれません。

たとえば生理、妊活、女性のからだ特有の悩み、セックスのこと。
自分のことであっても「よくわからない」と
諦めながら付き合っているとしたら、
本当は、心やからだのメカニズムを理解することで、
もっと自分の手に取り戻すことができるのです。

自分のからだを知ることは、自分を大事にする心を手に入れること。
自分を大事にすることを覚えたら、
誰かが自分自身を大事にすることも尊重できるし、
自分をいたわるための知恵を、大切な人におすそわけすることだってできます。

その心強い循環があれば、
人生観もライフスタイルも、自分と他者に向ける愛情の形も、
今より自由になって、新しい世界の扉をひらいていくこともできるかもしれません。

「わたしたちのヘルシー」について、みんなで話してみませんか?
心とからだの健康を、文化へ。あたらしい時代の「ヘルシー」の話を、はじめよう。

Women's Health Actionでは、今年度もさまざまな角度から、
女性の心とからだのヘルスケアについて見て、知って、
時には楽しみながら考えられるイベントなどの情報発信を行っていく予定です。

「国際ガールズ・デー」の10月「国際女性デー」&「女性の健康週間」の3月
2回のオンラインイベント開催を予定している他、
女性の心とからだの健康専門WEBメディア、『心とからだの話をはじめるメディア~わたしたちのヘルシ―』
10月末にローンチを予定しています。

■イベント開催概要
・イベント名称:『わたしたちのヘルシー 心とからだの話をはじめようin Oct. 2021』
・日程:2021年10月10日(日)
・時間:13:00~17:00
・参加方法:無料
・配信場所:CINRA.NETのYouTube https://www.youtube.com/watch?v=anRN5jYXGkQ
・主催:Women’s Health Action実行委員会、CINRA
・Webサイト:https://wha-event.com/online202110/
・協賛:インテグロ株式会社、ゼリア新薬工業株式会社、ディーバカップ、トッパン・フォームズ株式会社、株式会社ファイブテイルズ、ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(※五十音順)
・後援(予定、申請中):厚生労働省、経済産業省、内閣府男女共同参画局 、(公社)日本産科婦人科学会、(公社)日本産婦人科医会、(公社)日本医師会 、(公社)日本助産師会、(一社)日本女性医学学会、(公社)日本薬剤師会 、日本女性ウェルビーイング学会、(公社)全国結核予防婦人団体連絡協議会、(一社)医療政策を提言する女性医師の会 (一社)、女性の健康とメノポーズ協会、(一社)日本家族計画協会 、(一社)日本女性財団、(一社)日本女性医療者連合、(一社)日本女性薬局経営者の会、(特非)女性医療ネットワーク、(特非)日本医療政策機構 ※順不同

■Women’s Health Actionについて

「女性が健やかに輝きつづける社会へ~Women’s Health Action~」とは?
ウィメンズ・ヘルス・アクション実行委員会(代表:元内閣官房参与・慶應義塾大学名誉教授 吉村 泰典)では、国や自治体、医療・教育の現場や職場・家庭・地域など全てが一丸となって、現代日本における女性の健康推進の必要性とその課題について考えるための取組みを行っています。
女性は、思春期、妊娠・出産期、更年期、老年期と生涯を通じて、ホルモンバランスが大きく変動し、また、結婚や育児などのライフステージによっても、心と体に男性とは異なる様々な変化が現れます。女性ホルモンの変動に伴い、月経不順や月経痛、月経前症候群(PMS)、不眠やうつなどQOL(生活の質)の低下を伴う心身の失調を起こしやすい特徴があります。
女性の健康リスクを低減させることは、人生各期における女性の自己実現と社会参加を促進し、日本全体の経済発展と活力増進を促す力となります。
今、様々な場所で思春期や妊娠・出産期、更年期などのライフステージに応じた女性の健康推進サポート強化の動きが生まれています。

「国際ガールズ・デー」とは?
毎年10月11日は国際が定めた「国際ガールズ・デー」です。世界中の若い女性たちが直面している問題を訴え、「女の子の権利」や「女の子のエンパワーメント」の促進について考えるための活動が世界中で行われています。

「女性の健康週間」とは?
毎年3月1日~3月8日は「女性の健康週間」です。
女性が生涯を通じて健康で明るく、充実した日々を自立して過ごす社会を実現するためには、家庭・地域・職域・学校などを通じて女性の健康問題を総合的に支援することが重要です。毎年、全国各地で「女性の健康づくり」を国民運動として展開しています。

「国際女性デー」とは?
毎年3月8日は国連が定めた「国際女性デー」です。女性への差別撤廃や地位向上などを目指し、 世界各地で啓発イベントや記念行事が行われています。 日本国内でも様々な働きかけが行われており、その輪は国連機関から政府や自治体、NGO、メディア、一般企業等にも広がっています。


代表:
吉村 泰典(慶應義塾大学名誉教授、福島県立医科大学副学長、元内閣官房参与)
副代表:
大須賀 穣(東京大学 大学院医学系研究科産婦人科学講座 教授、日本産科婦人科学会常務理事)、対馬 ルリ子((特非)女性医療ネットワーク 理事長、(一財)日本女性財団 理事長)

委員:
自見 はなこ(参議院議員)/島田 真理恵 (日本助産師会 会長)/村島 温子(国立成育医療研究センター妊娠と薬情報センターセンター長)/堀 美智子(日本女性薬局経営者の会 会長)/高松 潔(日本女性医学学会 副理事長)/宮崎 千恵(岐阜県産婦人科医会監事)/赤澤 純代(金沢医科大学 女性総合医療センター センター長)/北村 邦夫(日本家族計画協会 会長)/三⽻ 良枝(女性の健康とメノポーズ協会 理事長)/今村 優子(日本医療政策機構 マネージャー)/笹尾 敬子(日本女性ウェルビーイング学会 代表)/笠本 和行(読売エージェンシー 営業局 局長)


オブザーバー:
松村 漠志(厚生労働省 健康局健康課 女性の健康推進室長)
西本 慧子(経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課 係長)
池田 裕美枝(女性医療ネットワーク副理事長 京都大学大学院医学研究科/産婦人科医師)
高橋 幸子(埼玉医科大学 医療人材センター・地域医学推進センター/産婦人科医師)

https://whasympo.com/

■株式会社cinraについて

株式会社cinraは「人に変化を、世界に想像力を」をミッションに掲げ事業を行うクリエイティブカンパニー。インターネットを軸に、WEBサイトや広告の企画・制作、メディア運営、イベント企画など多岐にわたる事業を行っています。自社メディアとしてカルチャーWEBメディア『CINRA.NET』などを運営しており、企業や行政のWebサイト・Webメディアの立ち上げ、運営なども行なっています。 https://www.cinra.co.jp


■プレスキットダウンロード
https://drive.google.com/drive/folders/1ek25f4FXdOtKwUKS-A0Xk5BnOD22AKd4?usp=sharing

■本件に関するお問い合わせ
ウィメンズ・ヘルス・アクション実行委員会事務局
(株式会社読売エージェンシー内)
E-mail:info@whasympo.com

株式会社CINRA(シンラ)内 星
E-mail:pr@cinra.net
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)