企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

ポラリスとパナソニックがIoT・AIを活用した要介護高齢者向け「短期滞在型自立支援サービス」を提供開始

パナソニック

自立支援介護プラットフォームの共創 イメージ図
全国で自立支援特化型の通所介護施設(以下、デイサービス)を運営する株式会社ポラリス(本社:兵庫県宝塚市、代表取締役:森剛士、以下ポラリス)とパナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役:楠見雄規、以下パナソニック)は、2021年10月1日より、要介護高齢者向けに、リーガロイヤルホテル(大阪)にて、IoT・AI技術を活用した短期滞在型の自立支援サービスを開始します。

ポラリスは創業より高齢者の要介護度の改善に取り組み、その結果7年間に2606名の方の介護度が改善され、介護保険を全く使わずに自立生活が送れるようになった方は516名にのぼります。こうした実績をもつポラリスの自立支援ノウハウと、介護施設向け介護業務支援サービス「ライフレンズ」で培ったパナソニックのIoT・AI技術を融合し、リゾート地やホテルに滞在して短期集中で効果的に要介護高齢者を元気にする新しい介護サービスを展開します。

ポラリスおよびパナソニックは、2018年2月より自立支援介護プラットフォームの共同開発を実施し、実証してまいりました。今回、ウェアラブル機器やモバイル端末を用いて、直接対面をしなくても、リモート環境で高齢者の状態を把握できるリモートアセスメントシステムを共同開発しました。本システムは、高齢者の状態を定量的かつ迅速に、リモートでも収集ができるため、自立支援介護の高位平準化を可能にします。
本システムをポラリスのデイサービス事業拠点で検証を行い、直接対面なしで、リハビリプランを策定するためのアセスメント・予後予測を遠隔で実現できることを確認できました。検証結果に基づき、本システムを活用した新たな短期滞在型自立支援サービスをリーガロイヤルホテル(大阪)で開始します。

本サービスでは、リゾート地などに短期滞在しリラックスしながら、一人ひとりに最適な健康管理やケアプランにあわせたリハビリを行うことができます。また、コロナ禍等で自宅に閉じこもりがちな高齢者の廃用症候群(※)を改善することもできます。高齢者が元気になり、社会保障費の削減にも繋がります。

※ 廃用症候群:過度の安静状態が続くことで心身機能が低下すること

【お問い合わせ先】
・パナソニック株式会社テクノロジー本部 サービス開発担当
e-mail:sac_info@gg.jp.panasonic.com

・株式会社ポラリス 広報担当
e-mail:kouhou@polaris.care

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] ポラリスとパナソニックがIoT・AIを活用した要介護高齢者向け「短期滞在型自立支援サービス」を提供開始(2021年9月24日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2021/09/jn210924-1/jn210924-1.html

<関連情報>
・(パナソニックプレスリリース)ポラリスとパナソニックとの共同で自立支援介護プラットフォーム構築に向けた実証実験を開始(2018年2月21日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2018/02/jn180221-1/jn180221-1.html
・介護施設向け介護業務支援サービス「ライフレンズ」ホームページ
https://tech.panasonic.com/jp/lifelens/
・ポラリスの自立支援ノウハウとパナソニックのAI分析基盤を融合し自立支援介護プラットフォームを共創(プロジェクトホームページ)
https://tech.panasonic.com/jp/lifelens/feature/project/feature_polaris.html
・株式会社ポラリス
http://www.polaris.care/
・リーガロイヤル(大阪)
https://www.rihga.co.jp/osaka
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)