美容・健康 自然・環境

カリフォルニア発、アースフレンドリーなオーガニックボディケアブランド「ドクターブロナー」から、マジックソープ サンダルウッド&ジャスミンの限定セットを発売

株式会社ネイチャーズウェイ
サンダルウッド&ジャスミンの豊かな香りで、心を解きほぐすバスタイムを。

株式会社ネイチャーズウェイ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:萩原吉晃、https://www.naturesway.co.jp)は、アースフレンドリーなオーガニックボディケアブランド「ドクターブロナー」から「サンダルウッド&ジャスミンセット」を2021年10月1日(金)に数量限定発売いたします。https://www.drbronner.jp



2021年10月1日(金)数量限定発売
ドクターブロナー サンダルウッド&ジャスミンセット
価格1,320円(税込)/内容量237ml、59ml
【リサイクルプラスチックボトル使用】

多忙な毎日を送っていると、ほっと一息つけるバスタイムは自分へのご褒美タイム。ウッディで優雅なサンダルウッド&ジャスミンの香りに包まれて、秋の夜長を楽しみませんか。マジックソープは天然由来成分100%原材料使用。作る人や地球に思いやりを持ってつくられているので、ギルトフリーでやさしい気分で楽しんでいただけます。



マジックソープについて


■1本で顔もボディも洗える、オールインワンオーガニックソープ

少量でもしっかり泡立ち、高配合のオーガニック植物オイルが肌のうるおいを守りながらすっきりと洗い上げるので、デリケートな肌の方にも心地よくご使用いただけます。天然の洗浄成分が濃厚なため、合わせる水の量によって、多用途に使えるマルチソープです。バスタイム以外にも、生活の様々なシーンで活躍します。家事の間も天然エッセンシャルオイルの香りと共に過ごすことができます。
10通りの使い方について⇒https://www.drbronner.jp/column/life-style/column03

■21年連続全米売上げNo.1*1のナチュラルソープ

エコロジカルで高い品質が支持されて、2000年から全米売上げNo.1*1のナチュラルソープに選ばれています。また、生分解性の高さから、アメリカ国立公園グランドキャニオンでも推奨されています。使う人にも、つくる人にも、地球にもやさしいソープです。
*1 SPINS社調べ、米国ナチュラルソープ部門(2000年~ 2020年)

■無農薬有機栽培のオーガニック植物オイルを贅沢に使用
ヴィーガン認証も取得しているマジックソープは、植物オイルを贅沢に配合。オーガニックのオリーブ油*2、ココナッツオイル*2、をベースにヘンプオイル*3とホホバオイル*2を贅沢に配合。オーガニック植物由来の泡がうるおいを守りながらすっきりと洗い上げます。
*2 保湿成分 *3 アサ種子油(整肌成分)

■生産者や地球にやさしい
【主要原材料はフェアトレードで調達】
ドクターブロナーの植物原材料は、独自の厳しいガイドラインを設けたフェアトレードプロジェクトを調達しています。公正な取引価格だけでなく、取引価格の10%を積み立てて、生産者の労働・生活の向上や地域のコミュニティーの支援もしています。
【スリランカのココナッツオイル】

マジックソープに豊かな泡立ちを与え、肌のコンディションを整えているココナッツオイルは、スリランカから調達しています。現地では土壌有機物を増やして炭素を蓄積することで土壌を肥沃にし、気候変動を抑制するリジェネラティブ・オーガニック農法を採用。また現地の工場では生産時に発生する副産物を様々なかたちで活用しているため、一般的な包装廃棄物を除けば、一切の廃棄物が出ません。さらに、フェアトレードプロジェクトで積み立てた基金によって、生活インフラにも投資しています。


<ドクターブロナー>
ドクターブロナーは、カリフォルニア発、天然由来成分100%のボディケアブランド。 1948年の創業以来、宗教や民族の差別のない結束を唱える「オールワンビジョン」の精神のもと、フェアトレードや環境に配慮し、人や地球環境にやさしい製品づくりを行っています。

<株式会社ネイチャーズウェイ>
ネイチャーズウェイは1974年の創業以来、肌へのやさしさを追求し、自然素材にこだわった化粧品を提供し続けています。環境問題にもいち早く取り組み、「ネイチャーズウェイサステナブル基金」を設立。売上の一部を環境保護活動や、社会貢献活動に役立てています。また、製造や販売などの企業活動で生じる環境負荷を低減する取り組みも行っています。自然化粧品を通じ社会貢献を願うネイチャーズウェイは、これからも自然との関わりの中で歩んでまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)