美容・健康 その他

新時代の透明マウスピース型歯科矯正、『DPEARL』が先行受付開始!

株式会社フィルダクト
3Dプリンターを活用したリーズナブルで気軽な歯科矯正。先着200名様に、1月特別予約枠をご案内。

2019年11月29日より、株式会社フィルダクト(代表取締役社長:金子奏絵)は、歯科矯正サービス『DPEARL』(ディパール)の先行受付を開始致します。最大の特徴は、相場の約1/5に価格を抑えつつも、オーラルヘルスの観点から診断計画と製造にプロフェッショナルな知見のある歯科医師や歯科技工士のみをマッチングしてサービス提供できる点。また、通い回数を極限まで減らし、忙しいビジネスパーソンや学生にとって利用しやすい。新しいカタチの歯科矯正が、2020年1月より利用できる。


■ サービス提供の背景
長年、歯科矯正は価格の相場が約100万円と高額で、通院回数も多く、おまけにワイヤーによる審美的問題もあり、治療を開始するハードルは高かった。そのため、アラインテクノロジーの調査によれば、日本の約50%が歯並びの改善が必要にも関わらず未治療であり、日本は世界の先進国に比べ遅れを取っているのが現状だ。ただ、ここ数年、日本の歯科業界にもデジタルの革新により新たな風が吹こうとしている。透明で目立たないマウスピース型の歯科矯正が3Dプリンターを活用して製造できるようになり、スキャナーやCADなどの周辺デジタル機器の精度
も上がったことによって、非効率な作業コストが削減できるようになってきたのだ。
DPEARLは、まさにテクノロジーを活用し最先端で現代ニーズに即した歯科矯正を届ける。








■ 2019年春より実証開始
株式会社フィルダクトは、2019年4月よりノンプロモーションにて告知を行い、ドクターの協力の下、テスト提供を重ねてきた。DPEARLが提供できるマウスピース矯正は、軽~中程度の症例に限られ全ての症例に対応はできない。ただ、ワイヤーと同程度の効果を発揮でき、遠隔でのやりとりも加えながら他のマウスピース矯正よりも治療期間の短縮や通院回数の低減を実現することができた。



■ 人生をプラスにする歯
歯は食べる・笑う・話すなど機能的な役割だけでなく、ソーシャルと繋ぐ役割もあり、一生を通じて大切なものだ。歯に自信が持てると、内面のコンプレックスが解消され人生の大事な瞬間にパワーが発揮できる。DPEARLには、歯並びを改善し、向上的でイキイキした人生を送ってもらいたい想いを込めている。

■料金と2020年1月の特別枠
歯の状態によって個人差があり、20~40万円が通常価格となる。
今回の1月特別枠は初診代無料に加え、通常価格より4万円引きでご案内。

■ 申込の流れ
登録フォーム(https://form.run/@philduct )のリンクから申込→担当者より受付完了通知※
※特別価格は先着200名様のみ。
1月より都内のクリニックにて初回検査の日程調整が開始されます。

◆会社概要
商号 : 株式会社フィルダクト(philduct inc.)
代表者 : 金子 奏絵
所在地 : 東京都文京区
事業内容 : 歯科関連事業 / 美容及びヘルスケア関連事業
URL : 2019年1月公開予定
【お問い合わせ】
担当者名:内野、田中
Email :info@philduct.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会