医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

血糖モニタリングのProvigateが9.1億円の資金調達を実施

株式会社Provigate
低侵襲・低コスト・簡便な在宅システムで、食事・運動・服薬のモチベーションを喚起する、新概念のIoT血糖管理サービスの普及を目指す

株式会社Provigate(本社:東京都文京区、代表取締役CEO:関水 康伸、以下「Provigate」)は、Sparx Group、ANRI、Coral Capitalより総額9.1億円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。




社会問題としての糖尿病
 糖尿病は、特に合併症が進展した場合などにQOLを著しく下げる疾患です。その患者数は既に世界人口の6%先進諸国では1割以上)*1に達していますが、WHOによれば2030年にはさらに増加し、全人口の9%が糖尿病になると言われています。糖尿病の直接的な医療費は世界83.6兆円(2019年)*2にも及び、77億人の世界人口一人当たりに換算すると、年間約1.1万円の負担となっています。この費用は特に先進諸国では大きく、米国や日本では年間の糖尿病医療費はそれぞれ約32.4兆円約2.6兆円の規模であり、国民一人当たりにならせば、それぞれ約9.9万円及び約2.1万円の医療費となります。
 この糖尿病医療費の中で特に大きな割合を占めるのが、重症患者の治療費用です。主に重症患者が必要とするインスリン薬剤費や糖尿病性腎症の透析費用だけでも世界で合わせて約7兆円*3の規模と見られます。QOLの向上のみならず医療の持続性の観点からも、糖尿病の発症・重症化予防は喫緊の課題となっています。

隠れた「血糖測定難民」の存在
 糖尿病の発症・重症化予防の重要な要素の一つは、日常的な血糖モニタリングです。しかしその世界市場規模は約1.7兆円*4に留まり、実はほとんど重症患者にしか使われていないのが現状です。これは今日の自己血糖モニタリングデバイスが「痛い」「高い」「難しい」という課題を抱えていることに加え、大半の糖尿病患者に対して保険適用外であることも要因の一つです。国によって割合は異なりますが、例えば日本では1千万人の糖尿病患者の9割程度は自己血糖測定が保険適用では無いと推察されます。すなわち糖尿病患者の大半は、驚くべきことに1~3カ月に一度の通院時にしか血糖を測定していません。日々変動する血糖を測定することなく、血糖管理をしようとしているのが、今日の糖尿病患者の大半ともいえるのです。 株式会社Provigateでは、このような「血糖測定難民」ともいえる糖尿病のある方・予備群の方に、低侵襲・低コスト・簡便に使っていただける在宅血糖測定の手段を提供する事を目指しています。



課題解決のカギ:グリコアルブミン
 Provigateが注目するのは血糖の管理指標の一つであるグリコアルブミン(糖化アルブミン、GA)です。GAは日本で開発され普及したバイオマーカーであり、直近1~2週間の平均血糖食後高血糖の変化をよく反映することが知られています*5。今日では、主に病院や献血時検査で使われ、年間に約12百万回(うち約3百万回は献血時GA検査)ほど測定されていると推定されます*6。
 GAは、平均血糖指標のゴールドスタンダードであるHbA1c(糖化ヘモグロビン)と同様に、血中に存在する糖化タンパク質の一種です。アルブミンやヘモグロビンは、血中でグルコースと出会うと糖化反応を起こしその表面にこれを保持するようになります。これらタンパク質の表面にどのくらいのグルコースが結合しているかを調べると、その半減期に応じた平均血糖の指標とすることができます。 赤血球に含まれるヘモグロビンの半減期は120日間程度と長いことから、HbA1cは特に直近1~2か月程度の平均血糖をよく示し、緩やかに変動します。一方、血中にむき出しで存在するアルブミンの半減期は14日間程度と短いうえ、グルコースとの反応性も高いことから、GAは直近1~2週間程度の平均血糖及び、食後高血糖の頻度も良く反映し、HbA1cに比し速やかに変動することが分かっています。

 今日、GAはマイナーなバイオマーカーであり、HbA1cの補助的な診断指標として医療現場で使われているにすぎません。今日の糖尿病診療では通院間隔が1~3カ月であることもあって、糖尿病の長期的な状況を診断するにはHbA1cが優れています。HbA1cよりはるかにレスポンスが早いGAが用いられるのは、例えば治療の開始時治療薬を変えた時など、短期的な血糖の改善を見たい場合や、透析患者等HbA1cが安定しない症例に限られていました。

◆「小テスト」としてのグリコアルブミン
 しかし、改めてその原理を考えた時、GAは数日~1週間程度の血糖改善にレスポンス良く応答するため、週次で測定したときに初めてその真価を発揮するはずです。Provigate・東京大学医学部附属病院(文京区本郷)・陣内会陣内病院(熊本・陣内秀昭院長)の研究チームは、このGAの本質的な特長=週次平均血糖指標としての可能性に改めて着目し、GAをHbA1cの代替診断指標ではなく、家庭での「行動変容指標」として再定義しました。
 GAを用いれば、一般的な血糖計(SMBG)のように数時間おきに指先から採血をする必要はありません。近年急速に普及してきた連続血糖計(CGM)のようにセンサ針を皮下に留置する必要もありません。また数か月に一度通院してHbA1c等の血液検査を受けるのを待つ必要もありません。たった週に1度の在宅測定で週次血糖変動をモニタリングし、過去1週間の生活習慣を振り返ることができます。測定頻度が週1で良く、直近数時間の血糖値で大きく上下することなく、直近1週間の行動変容を反映して数値が滑らかかつ鋭敏に変化するので、低侵襲・低コスト・簡便な血糖測定の手段となることが期待されます。HbA1cが病院で測定する「期末テスト」であれば、GAは家庭で週次の生活習慣の努力成果を計測する「小テスト」のような役割を持つことになります。




◆開発するサービス
 ProvigateではこのGAの特徴を活かし、糖尿病のある方及び予備群に対しIoT血糖モニタリングサービス「GlucoReview(R)」の開発を進めています。低侵襲・低コスト・簡便にGA(週次平均血糖)を在宅測定できる本体・使い捨てカートリッジ・アプリを提供する事で、1~3カ月の通院間隔中の在宅自己血糖管理を力強くサポートするサービスの提供を目指しています。

 Provigate・東大病院・陣内病院の共同研究開発チームでは、これまでにGAが血液のみならず涙液や唾液に含まれており相互に強い相関を持っていること、また、週次GA測定が糖尿病患者の行動変容を導き、GA値・体重・肝機能を改善する可能性を臨床研究にて検証し、有望なデータを得てまいりました*7。また、従来GAは病院などに置かれる大型の臨床検査装置などでしか測定ができませんでしたが、これを技術革新によって小型化・低コスト化しクリニック薬局の検体測定室、さらには在宅で測定することを目指し、コンセプト実証及びプロトタイプ検証を完了しています。
 今回の調達資金によって、GAセンサの量産化開発、臨床研究、製造販売承認の準備を進めてまいります。まずはクリニックや薬局向けの血液GA測定システムの製造販売承認を目指し、並行して家庭向けの開発も加速してまいります。人材採用や、生産パートナー・販売パートナーなど業務提携・資本提携先の探索も進めております。Provigateは「週次GA測定×アプリ」を一日も早く糖尿病療養の世界標準とし、糖尿病の発症・重症化予防に寄与すべく邁進してまいります。

◆本第三者割当増資における引受先コメント
深見正敏 氏(スパークス・グループ 代表取締役副社長・グループCOO)
 先進国の多くは、限りある社会保障費の中で、医療資源をいかに効率よく利用し、医療費高騰を抑えるかという問題に直面しています。医療費高騰を抑え、人々のQOLを上げるために、治療から予防への流れは喫緊の課題にもかかわらず、上手くできていないのが現状です。未来の病気を防ぐために、今の生活を節制するモチベーションを保つのが難しいからかもしれません。
 Provigate社は、古くて新しい血糖代替指標であるグリコアルブミンを簡易的に計測し、生活習慣改善のモチベーションを保つ仕組みの提供を目指しています。本システムにより糖尿病予備群を糖尿病に進行させず、糖尿病患者を悪化させないことができ、世界の人々がより健康的な生活を送れるようになると信じております。これは、投資を通して、Make the World “Wealthier, Healthier, and Happier”という弊社の企業ミッションと合致しており、今回出資することで応援させていただくことになりました。

元島 勇太氏(ANRI プリンシパル)
 糖尿病という世界の大きな課題における現在の常識を打ち破るという大きな挑戦ですが、ディープテックスタートアップでは非常に困難なピボットを決してぶれない強い気持ちでやり遂げた関水さん、Provigateの皆さんなら必ずやり切ってくれると信じています。「全ての人に血糖計を」、このチャレンジにご一緒できるのを本当に嬉しく思います。ステルス解除でやっと投資先だと言えて嬉しい!スパークス・グループにもご参画いただき、体制は十分。日本からグローバル、取りに行きましょう!

澤山 陽平 氏(Coral Capital 創業パートナー)
 Provigateは糖尿病という巨大な社会課題に取り組むディープテックスタートアップです。これまではステルスで基礎技術とデバイスの開発を進めてきましたが、大きなマイルストーンを達成し、今回の調達では心強いサポーターがさらに増えました。今後はいよいよデバイスとアプリを組み合わせ、血糖モニタリング にパラダイムシフトを起こす段階に入っていきます。世界に大きくインパクトをもたらすその挑戦を引き続き全力で応援していきます。

注:市場推定においては、1ドル=110円で計算しています。

引用:
*1:WHO ”The Global Diabetes Compact”(2021)、ADA "Statistics About Diabetes"
*2:Diabetes Research and Clinical Practice, Volume 162, 108072, April 01, 2020
*3:ResearchAndMarkets "Insulin Market: Global Industry Perspective, Comprehensive Analysis and Forecast, 2018-2025" 、Allied Market Research ”Dialysis Market by Type (Hemodialysis and Peritoneal Dialysis), Product & Service (Equipment, Consumables, Drugs, and Services), and End User (In-center Dialysis and Home Dialysis): Global Opportunity Analysis and Industry Forecast, 2021–2028”、日本透析医学会「わが国の慢性透析療法の現況」(2019年)などよりProvigate推定
*4:Market Intelligence "Blood Glucose Monitoring Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2021 - 2026)"
*5:Endocrine Journal 2010, 57 (9), 751-762
*6:臨床病理 2018(66):37-48、臨床検査 2019(63):1406-1413
*7:第64回日本糖尿病学会年次学術集会(2021), 相原允一ら, 「グリコアルブミン測定による糖尿病管理法の開発」; European Association for the Study of Diabetes, 56th Annual Meeting (2020), Masakazu Aihara et al "Development of the Noninvasive Diabetes Monitoring Method"

◆株式会社Provigateについて
 Provigateは糖尿病の発症・重症化予防のためのバイオセンサとアプリの開発を進めるスタートアップ企業です。これまでにJST・NEDO・AMED等の助成金や、ベンチャーキャピタル・エンジェル投資家の支援を受けて開発を進めてきました。東京大学病院との連携のもと、週次GA測定×アプリによる血糖モニタリングの社会実装・世界標準化を実現してまいります。

◆会社概要
会社名:株式会社Provigate
所在地:東京都文京区本郷7-3-1 東京大学アントレプレナープラザ
代表者:関水 康伸
設 立:2015年3月6日
URL:www.provigate.com

◆お問い合わせ
info@provigate.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)