食品・飲料

ヤヱガキ酒造、酒蔵が独自の製法で作る発芽玄米【こうのとり発芽玄米】を9月28日より自社オンラインストア・楽天市場店・Amazonにて発売開始。

ヤヱガキ酒造株式会社
兵庫県但馬産「コウノトリ育むお米」を原料に、天然のGABAを豊富に生み出した発芽玄米


ヤヱガキ酒造株式会社(本社:兵庫県姫路市、代表取締役社長:長谷川雄介)が運営する食品ブランド「やえつむぎ」は、原料に兵庫県産「コウノトリ育むお米」を使用し、独自の製法で製造した「こうのとり発芽玄米」を2021年9月28日(火)より「やえつむぎ」自社オンラインストア・楽天オンラインストア・Amazonにて発売いたします。販売価格は250g税込800円・800g税込1,950円。※楽天・Amazonは送料込み価格の表示となります。
左:250g 右:800g
【商品化の背景】
昨年、「やえつむぎ」のメイン商品「飲む紫黒米玄米」の原料である、兵庫県産紫黒米玄米を用いた「発芽紫黒米玄米」を発売し好評を博しました。そこで、より使いやすい白米の玄米で発芽玄米の開発に着手。HACCAP取得工場での衛生的な環境下で、独自の発芽技術によりトップクラスのGABA量を誇る発芽玄米が完成しました。

【コウノトリ育むお米を使用】
「こうのとり発芽玄米」は、兵庫県豊岡市の但馬地方で作られる「コウノトリ育むお米」を使用しています。かつて、除草や害虫駆除のために「田んぼ」に撒かれた農薬によって絶滅してしまったコウノトリ。兵庫県豊岡市では、長い苦難の道のりを経てコウノトリの人工繁殖と自然界への野生復帰を目指す取組みを行いました。コウノトリ復活のために行われた”コウノトリ育む農法”は、今では豊岡市内の400ヘクタールを超える田んぼで行われています。

【やえつむぎについて】
「やえつむぎ」は、寛文6年創業のヤヱガキ酒造株式会社が運営する食品ブランドです。
「日々積み重ね、紡ぐ毎日」のコンセプトとともに、紡がれる日常が軽やかに楽しくなるよう、日々の食事を通してお手伝いしていきたいと考えています。
主力商品の「飲む紫黒米玄米」、「糀あま酒」など酒蔵の技術を活かした発酵食品と、地元兵庫県のおいしい食材を扱っています。

【商品概要】
■商品名:こうのとり発芽玄米 ■容量:250g・800g ■小売価格:250g 800円(税込)・800g 1,950円(税込) ■原材料:玄米(兵庫県産 コウノトリ育むお米) ■栄養成分表示(10gあたり):熱量36.5kcal/たんぱく質0.68g/脂質0.32g/炭水化物7.73g/食塩相当量0.0g ■主要成分と含有量(100gあたり):GABA 40mg以上

■販売場所:やえつむぎオンラインストア https://www.yaetsumugi.com/
楽天オンラインストア・Amazon



【食べ方】
白米 2合・こうのとり発芽玄米 1合の割合を目安に炊いてください。
「こうのとり発芽玄米」100%で炊いても、美味しく召し上がれます。
洗米不要で、白米と同じように炊くことができます。


【ヤヱガキ酒造株式会社 概要】
会社名:ヤヱガキ酒造株式会社 YAEGAKI Sake & Spirits, Inc.
所在地:〒679-4298 兵庫県姫路市林田町六九谷 681
URL:https://www.yaegaki.co.jp/sake/
創業:寛文 6 年(1666 年)
代表者: 長谷川 雄介(代表取締役社長) / CEO
資本金:3,000 万円
連絡先:TEL 079-268-8063
事業内容:清酒、焼酎、その他酒類・食品の製造及び販売 、自社商品及び技術提携による新商品開発
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)