医療・医薬・福祉 美容・健康

~「コロナ抜け毛」後遺症最新動向~ クレアージュ東京 エイジングケアクリニック 直近5ヶ月間の「コロナ抜け毛」相談数推移を発表。「コロナ抜け毛」後遺症患者の山、9月末~到来を予想

クレアージュ東京 エイジングケアクリニック
抜け毛相談者の2人に1人が“30代以下”に

 女性の発毛治療を中心に行う「クレアージュ東京 エイジングケアクリニック」(場所:東京都千代田区有楽町 院長:浜中聡子)は、昨年2020年10月よりコロナ抜け毛相談窓口を設置、またコロナ抜け毛のための治療プログラムを今年5月より開始しています。  この度、2021年4月~2021年8月の直近5ヶ月間の「コロナ抜け毛」後遺症の問い合わせ数推移を発表。その傾向から、コロナ抜け毛後遺症の患者の傾向や増加予測を分析しました。





「コロナ抜け毛」とは

 新型コロナウイルス感染症から回復する過程や、後遺症として髪の毛が抜けると言われています。一般的に病気にかかると免疫力低下・炎症反応が起こり、髪の毛に栄養が届きにくくなり、抜け毛に繋がります。

 国立国際医療研究センターが実施したコロナ後遺症についての追跡調査より「(新型コロナウイルス感染症患者の)約4人に1人が脱毛症を発症」「コロナの症状を発症後、約2か月後に脱毛症が顕在化する」ことが分かっています。(参照: https://academic.oup.com/ofid/article/7/11/ofaa507/5934695

 最近では、無症状の新型コロナウイルス感染症患者においても「髪を洗う際に抜け毛が多くなった」と後遺症を実感する方が増えています。


クレアージュ東京 エイジングケアクリニックへの直近5ヶ月間の問い合わせ数の推移

 直近4月~8月の5ヶ月間の「コロナ抜け毛」後遺症の問い合わせ数を年代別にみると、意外にも、30代以下が半数以上を占め、抜け毛に悩む若者が多いことが明らかになりました。

 また、問い合わせ数の推移をみると、全年代通じて4月、7月と大きな山ができており、国内の新規感染者数の盛り上がりの、約2ヶ月後を追う形で「コロナ抜け毛」後遺症患者が増えていることがわかりました。

 これらの結果から、7月~現在来ている第5波の反動として、9月下旬からコロナ抜け毛の相談がさらに増えると予想できます。




クレアージュ東京 エイジングケアクリニックの治療プログラム

1.2020年10月「コロナ抜け毛」に悩む方向けに専用窓口・オンライン診療を開始。3か月で100件以上の相談が殺到
 昨年10月に、クレアージュ東京 エイジングケアクリニックでは「コロナ抜け毛相談窓口」を開設しました。開設時から2021年1月頭までの約3か月間で、相談は100件、5月には累計130件に上りました。以来、普段抜け毛に悩みにくい20~30代の若い女性からの問い合わせが多い傾向が続いています。

 また、緊急事態宣言下の外出自粛に伴い、電話口・メールでの「非対面診療」を導入しています。来院という受診ハードルがなくなったことで、新規の問い合わせ数は増加しています。


2.2021年5月12日(水) 「コロナ抜け毛専用治療プログラム」開始
 「コロナ抜け毛」の症状の改善に特化した治療プログラム「コロナ抜け毛専用治療プログラム」 を2021年5月12日より開始しました。

 発毛を促進する「ミノキシジル」の処方に加え、栄養状態を良くするために糖質・電解質・アミノ酸などを含む点滴治療、栄養剤の摂取、及び免疫向上、髪の成長をサポートを目的としてプロテインの摂取も推奨し、医師の診察のもと、必要な方に提供しています。「コロナ抜け毛専用治療プログラム」を受けていただくことで、より早期の回復を目指します。



浜中聡子 院長コメント|「コロナ抜け毛」後遺症の症状について

 多くの「コロナ抜け毛」の患者様を診てきた中で、特に新型コロナウイルス感染症の後遺症である「コロナ抜け毛」には2つの傾向があると言えます。

 1つ目は、抜け毛だけでなく、体のだるさや頭痛・微熱などの他の後遺症も併発している人が多いということ。2つ目に、抜け方としては部分的ではなく、全体的に抜けてしまうということが挙げられます。


浜中聡子(はまなか さとこ) 医学博士

クレアージュ東京 エイジングケアクリニック院長。
14年に渡り女性の髪の悩みに携わってきた女性専門・頭髪治療の第一人者として、「クレアージュ東京 エイジングケアクリニック」にて、心身ともに健康で充実した毎日を過ごすことができるよう、医療面からのサポートを行っています。

クレアージュ東京 エイジングケアクリニック 概要

クレアージュは発毛治療を中心とした女性の悩みに寄り添うクリニックです。
1999年より業界で先駆けて女性専門の発毛治療を開始し、開院から22年間で47万人※もの治療を行ってきました。2006年の開院以来、女性の頭髪治療実績21万件を誇る「Dクリニック東京 ウィメンズ」の医療体制を移行しつつ、新たに時代とニーズに合わせたクリニック名称とコンセプトといたしました。

クリニックでは、薄毛・抜け毛などの悩みを扱う「頭髪専門外来」、肌悩みを扱う「美肌外来」、ホルモンバランスの減少による悩みを扱う「更年期外来」の3つの専門外来を設置しています。特に頭髪専門外来は、Dクリニック東京 ウィメンズの14年以上の臨床実績で培った治療内容をご提供します。女性のライフステージによって変化する、髪・肌・ホルモンバランスのエイジングに関する悩みを、患者様お一人お一人のライフステージに寄り添った複合的な治療をご提供できることが特徴です。
※:1999年7月~2020年12月 クレアージュグループ延べ患者数

クリニック名 :クレアージュ東京 エイジングケアクリニック
所在地    :東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 北館17F
院長     :浜中聡子
外来     :頭髪専門外来、美肌外来、更年期外来
診療日時   :火・木・金:10:00~19:00|水:13:00~19:00|土・祝日:9:00~18:00
休診日    :月曜、日曜
電話番号   :03-5224-6661
ホームページ :https://www.womenshealth-tokyo.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)