医療・医薬・福祉

MICINとMICIN少額短期保険、乳がん治療中~治療後の患者の運動習慣化に関する心理的要因の調査研究を開始

株式会社MICIN
株式会社MICIN(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:原聖吾、以下 MICIN)並びにMICIN少額短期保険株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:笹本晃成、以下 MICIN少額短期保険)は、乳がん患者の運動・服薬状況と、心理的状態、および性格特性等患者背景に関するデータを取得し、その関連性を調査する研究を開始することをお知らせいたします。


乳がんの診断後に適度な運動を行うことは、患者のQOL(生活の質)向上に好影響を及ぼすことが明らかで、再発・死亡リスク低減に寄与する可能性も示唆されています。*1
また運動の継続が、不安・抑うつ状態などの患者の心理状態改善に寄与することや、心理状態と服薬アドヒアランスとの関連性を示す報告もなされています。*2 3

一方で、乳がんに罹患した方の運動習慣の獲得や継続を支援する方法は限定的で、家事・育児・仕事に忙しい年齢層の患者が運動習慣を獲得することは容易ではありません。

本調査研究では、病院やクリニック等複数の医療機関を通じ研究参加者を募集し、乳がん治療中の患者の心身の苦痛を、運動習慣のサポートを通じて軽減するアプローチにかかる初期検証を行います。

MICIN少額短期保険では現在、がん(乳がん・子宮頸がん・子宮体がん)に罹患された方向けの保険「乳がん・子宮頸がん・子宮体がん再発保障保険」を提供しています。将来的には、脳科学や心理学に基づいた行動変容のアプローチで、がん治療と向き合う患者の運動習慣をサポートし、心理状態・アドヒアランスを改善するサービスの開発、並びにMICIN少額短期保険の保険商品の付帯サービスや、保険と連動したサービスに発展させることも視野に入れ取り組んでまいります。

<研究の概要イメージ>

*1 患者さんのための乳がん診療ガイドライン2019
*2 Medicine & Science in Sports & Exercise: November 2019 - Volume 51 - Issue 11 - p 2375-2390
*3 Breast Cancer Res Treat (2017) 165:247–26098–1009


<MICIN少額短期保険の「乳がん・子宮頸がん・子宮体がん再発保障保険」について>
2021年8月25日、MICIN少額短期保険の第一弾の保険商品として、がん(乳がん・子宮頸がん・子宮体がん)に罹患された方が再発や新たながんに備えるための保険「乳がん・子宮頸がん・子宮体がん再発保障保険」を発売しました。

通常、がんに罹患した方は、生命保険に新たに加入する条件が厳しく、また加入できたとしても保険料が高額になってしまうことが多いのが現状です。当社は、そのような方たちにも保険加入機会を提供できるよう、罹患者や医療者の声を直接聞き、健康な人が「病気に罹患する前」や「未来」に備えるためのものではなく、「罹患した後」に入ることのできる、新しい保険を開発いたしました。

◆「乳がん・子宮頸がん・子宮体がん再発保障保険」の詳細はWEBサイトをご覧ください。
https://products.micin-insurance.jp/


【MICIN少額短期保険株式会社 概要】
会社名:MICIN少額短期保険株式会社
所在地:東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル13階
設立:2020年2月4日(2021年7月開業)
代表者:代表取締役 笹本晃成
事業内容:少額短期保険業
コーポレートサイト:https://micin-insurance.jp/

【株式会社MICIN 会社概要】
会社名: 株式会社MICIN
所在地: 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル13階
設立: 2015年11月26日
代表者: 代表取締役 原 聖吾
事業内容: オンライン医療事業、臨床開発デジタルソリューション事業、デジタルセラピューティクス事業、保険事業等
コーポレートサイト:https://micin.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)