食品・飲料 美容・健康

4年ぶりに「黄色いモンスター」が戻ってくる『モンスター ロッシ』缶355ml10月12日より新発売MotoGPのスーパースター、バレンティーノ・ロッシとコラボレーション

アサヒ飲料
 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 米女 太一)は、「モンスターエナジー」ブランドから『モンスター ロッシ』缶 355mlを10月12日から全国で発売します。



 本商品は、世界中に多くのファンを持ち、史上最強のライダーとの呼び声も高いMotoGPライダーであるバレンティーノ・ロッシとコラボレーションした特別なモンスターです。ロッシのイメージカラーである黄色や、イメージアイコンである太陽や月のモチーフしたラベル、柑橘系のフレーバーが特長です。ヨーロッパでは定番商品として販売されており、日本では2017年6月に数量限定で発売されました。お客様からは「飲みやすくて美味しい」、「また発売して欲しい」など大変ご好評をいただいた商品です。

 中味は、オレンジとレモンのフレーバーで甘くスッキリとして、喉が渇いた時にリフレッシュできる飲みやすい味わいに仕上げています。果汁4%配合、カフェインを35mg/100ml配合しています。

 「モンスターエナジー」ブランドは、2002年に米国で発売され、現在米国をはじめ北米、南米、欧州、豪州、アジアなど世界140カ所の国・地域(2020年12月末時点)で販売されています。ブランド力とファッション性で世界中の若者からの圧倒的な支持を背景に、急成長しているエナジードリンクです。

 日本国内では、アサヒ飲料株式会社が2012年5月より、Monster Beverage Corporation<モンスタービバレッジコーポレーション>(本社アメリカ カリフォルニア州、会長ロドニー・サックス)から、同社が製造販売するエナジードリンク「モンスターエナジー」ブランドの独占販売権を取得し、販売を開始しました。

 「モンスターエナジー」ブランドは、エクストリームスポーツ、音楽イベント、ゲームイベントへの協賛や全国各地でのサンプリング活動などブランド認知度の拡大を目的とした取り組みや様々な飲用ニーズにあった商品提案により、2020年の年間販売数量は前年比120%以上と好調に推移しています。最近では世界で活躍する女性トップスケートボーダーの西村 碧莉選手や手塚 まみ選手をスポンサードし、また国内外のesportsシーンで活躍するプロゲーミングチームの「ZETA DIVISION」をスポンサードするなど、若者のライフスタイルを積極的にサポートし続けています。

 今回、『モンスター ロッシ』缶355mlをラインアップに加えることにより、伸長著しい日本のエナジードリンク市場での話題化と、更なるユーザー拡大を図ってまいります。

参考:バレンティーノ・ロッシ(イタリア出身・42歳)
 「The Doctor」の愛称で親しまれ、言わずと知れたMotoGP界のスーパースター、バレンティーノ・ロッシは、The Greatest of All-Time(史上最高のライダー)と評され、何百万という世界中のファンに愛されてきました。若手ライダーの育成からMoto3クラスにてチームも運営し、現役ライダーでありながらVR|46アパレルやレストランを経営するビジネスマンとしても有名です。
2021年シーズン限りでMotoGPから現役引退することを発表しました。

商品概要


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)