医療・医薬・福祉

「抗体量を色の濃さで表示」 視覚的に分かりやすい検査キット「ジンメトリー 新型コロナウイルス抗体検査キット」の製造・販売を開始

株式会社 ジー・キューブ
家庭で簡単に測定可能。名古屋大学発のベンチャー企業が開発

株式会社ジー・キューブ(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:西村賢治)は、新型コロナウイルス抗体チェックのための検査キット「ジンメトリー 新型コロナウイルス抗体検査キット」の製造・販売を行うこととなりました。抗体量が色の濃さで表示されることが特徴で、関連会社である名古屋大学発ベンチャー 株式会社U's science (本社:愛知県名古屋市)と国立大学法人東海国立大学機構 名古屋大学大学院医学系研究科・先進循環器治療学講座の柴田玲特任教授、間葉系幹細胞治療プロジェクト教室の山本徳則特任教授らとの共同研究で開発しました。 【URL】https://genemetry.com






《ジンメトリー抗体検査キット》の3つの特徴



1.抗体量を色の濃さで表示
抗体の量を数値ではなく色の濃さで表示するため、新型コロナウイルスの抗体の有無が一目でわかります。少ない抗体量では弱く、高い抗体量では強く判定ラインを発色させることにより検出します。



2.指先からの一滴の採血のみでIgG抗体、IgM抗体を検出
指先から採取したわずか一滴の血液を使って、イムノクロマト法により血液中にある新型コロナウイルスのスパイクタンパク質に対するIgG抗体、IgM抗体それぞれを検出、判定ラインを発色させます。


3.家庭で簡単に判定。必要なものが全てをパッケージ化
検査カセットの他にランセット(採血針)や展開液、消毒用のアルコールなど、抗体検査に必要なものが全てパッケージ化されているため、家庭で手間なく簡単に、短時間(15-20分)での検出が可能です。




《ジンメトリー抗体検査キット》誕生の背景


日本国内でも新型コロナウイルスのワクチン接種が拡大しつつあります。特に接種率の高い65歳以上の層では、感染者数は減少傾向にあり、重症化数・死亡者数も共に減少に転じるなどワクチンの効果は明らかですが、獲得した抗体は徐々に低下することも知られています。ワクチン接種=抗体獲得ではない点を考慮して、「自身が新型コロナウイルスに対する抗体を持っているか?」を定期的に確認しながら、ワクチンの追加接種など感染防止対策や社会活動レベルに生かしていくのが大事だと考えています。

このような市場ニーズの高まりを受け、医療機関に行くまでもなく、家庭で簡単に、必要な時にすぐ利用できる抗体検査キットについて、名古屋大学発ベンチャー 株式会社U's scienceが開発にあたり、株式会社ジー・キューブが製造・販売を行うこととなりました。


《抗原検査と抗体検査の違い》
「抗原」は、病原性のウイルスや細菌、花粉などの生体に免疫応答を引き起こす物質の総称です。一方で「抗体」は、抗原によって引き起こされた免疫応答により産生される物質で、抗原を不活化し体外へ排除するはたらきを持っています。

新型コロナウイルス用の抗原検査キットでは「今ウイルスに感染しているか」を調べますが、本キットのような抗体検査キットでは「ウイルスに対する抵抗力を持っているか」を調べることができます。




「ジンメトリー抗体検査キット」製品概要


・製品名:ジンメトリー抗体検査キット
・内容量:一回用
・JANコード:4573587250107
・生産国:日本
・価格:3,520円(税込)
※デビューキャンペーンとして10/17まで15%OFFの2,992円(税込)にて販売
・販売方法:公式WEBサイト (https://genemetry.com) をご覧ください。
※ 本製品は調査研究用であり、医療品医療機器法に基づく体外診断薬用医薬品として承認・認証等を受けておりません。診断目的では使用できません。


株式会社ジー・キューブについて
半導体製造設備のトータルサポートを中核事業とするジー・キューブグループは、未来の社会に向けて新しい価値を提供し続けていきます。
そのひとつとして、産官学連携をベースとしたメディカル事業を展開、知の社会実装を推進しています。

 会社名:株式会社ジー・キューブ
 所在地:兵庫県神戸市中央区港島南町1-5-2 神戸キメックセンタービル5F
 代表者:西村賢治
 設立:平成17年2月25日
 URL:https://www.g3-conception.com
 事業内容:産官学連携による医療プロジェクトの立案、事業化 他


【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ジー・キューブ メディカル事業部 坂本
(お問い合わせフォーム) https://www.g3-conception.com/contact/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)