広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

中国のデジタル歯科の市場規模は、2027年に3億7,950万米ドル到達予想

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「中国のデジタル歯科市場:規模、シェア、COVID19の影響分析:2021~2027年(デンタルCAD/CAMデバイス、デンタルCAD/CAM材料(ディスク・ブロック)」(iData Research Inc.)の販売を9月29日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/ida1028292-digital-dentistry-market-size-share-covid19-impact.html





中国のデジタル歯科の市場規模は、COVID-19状況下にもかかわらず、2020年の2億1,050万米ドルからCAGR8.8%で成長し、2027年には3億7,950万米ドルを超えると予想されています。また、同市場のなかでも、口腔内スキャナー部門が最も高い成長を示しています。


中国のデジタル歯科市場の最大のトレンドは、CAD/CAM技術への移行であり、この技術により、歯科補綴物やインプラントの製造において、コスト、労働力、時間を大幅に削減できる可能性があります。しかし、それには多額の資本と労働力が必要となります。従来、小規模なラボが、歯科技工市場の主流となっていましたが、この技術に投資する十分な資本を持たない企業が多いと思われます。

市場の成長を牽引するのは、口腔内スキャナーの需要増です。これまでは、欧米メーカーの口腔内スキャナーは価格が高いため、中国の歯科医院がこの技術に投資するには限界がありました。しかし、国産メーカーが普及し、CAD/CAM技術がラボで一般的になってきたことで、口腔内スキャナーの販売は急速に拡大しています。

COVID-19中国のデジタル歯科市場への影響

2020年の中国のデジタル歯科市場は、COVID-19パンデミックの影響により、2019年と比較して14.7%減少しました。しかし、その後市場は回復し、2022年末にはCOVID以前のレベルを超えると予想されています。

デジタル歯科市場は、COVID-19の影響で、患者数、歯科医院への支出が減少し、マイナスの影響を受けました。また、歯科医院のキャッシュフローが減少し、歯科用補綴物の需要が減少したことで、資本設備や材料の市場にも影響を与えました。全体として、パンデミックが同市場に与えた影響は、市場セグメントごとに異なると予想されます。

中国におけるデジタル歯科のトップ企業

中国のデジタル歯科市場をリードするのは、3Shape、Dentsply Sirona、Align Technologyの3社であり、同時にCAD/CAM機器市場をリードしている企業でもあります。中国のデジタル歯科市場では全般的に競争が激化しており、各セグメントで高いシェアを維持している企業は、継続的な買収や提携によって足場を固めています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/ida1028292-digital-dentistry-market-size-share-covid19-impact.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)