流通 医療・医薬・福祉

医療用白衣のレピウスがリニューアル 

株式会社レピウス
ブランドコンセプトとオンラインショップを刷新

~医師の誇りを高め、患者からの信頼の証となる白衣~




株式会社レピウス(本社:東京都台東区、以下「レピウス」、代表取締役 兼 デザイナー:宮崎能典)は、同社が展開する医療従事者向けの白衣ブランド「レピウス (Lepius)」のブランドコンセプトを刷新し、オンラインの販売サイト https://lepius.jp/ をリニューアルしたことをお知らせします。

レピウス 代表取締役 兼 デザイナー:宮崎能典は、以下のようにコメントしています。

白衣ブランドのレピウスは、医師の方から高級感があるおしゃれな白衣が欲しいというご要望をうけて、ファッションブランドのデザイナーをしていた私にお声がかかり2013年にスタートしました。現在は全国7店舗の代理店での店頭販売に加えて、オンラインショップで販売しています。

創業10年を間もなく迎えるに際し、改めて医師の方々の現場のニーズや、医師として仕事をする上での心構えや課題を、実際にインタビュー形式で数多く聞かせていただきました。その結果を踏まえて、ブランドコンセプトを再度見直しました。

これまでのファッション性や機能性を強調したブランドメッセージから、医師の方々や患者様の気持ちに寄り添うことを重視したブランドメッセージにリニューアルしました。オンラインショップのデザインも、利便性を高めてより使いやすく改善しました。

【レピウスの新ブランドコンセプト】




医師の誇りを高め、患者からの信頼の証となる白衣ブランド


コロナ禍では医療従事者や患者に通常より負担が多くかかり、医療現場で不安やストレスをより強く感じやすい状況にあります。そうした中でお話を聞いた医師の方々から、患者や家族に日々接する際に病気の不安を取除き、安心感や信頼感を与える存在でありたいというご意見が多くありました。

そこでレピウスでは、単なる作業着やユニフォームではなく、袖を通すことで背筋が伸び、医師として働く誇りを日々実感し、患者に安心感を与えられるような白衣をつくりたいと考えました。この実現のために、新コンセプトのもと上質なデザイン白衣ブランドとしてリニューアルします。


【レピウスのミッション】
レピウスは医師の装いをデザインすることで、微力ながら医療現場に貢献したいと考えています。 そのために、下記のミッションを掲げ医療従事者用の白衣をつくります。


レピウスは、医師の皆様の背中をそっと後押し、袖を通すだけで背筋が伸びる「医師の誇りを高める」ような着心地の良い上質な白衣を提供します。
レピウスは、患者様やご家族に安心感や元気を与える「患者からの信頼の証」となるような上質なデザインの白衣を提供します。






レピウスについて
2013年に創業したレピウスは、ファッションデザイナーの宮崎能典が「HANAE MORI(ハナエモリ)」などのファッションブランドで学んだ上質な服作りの哲学と技術を余すことなく注ぎ込み、スタイリッシュでこだわりのある医療従事者向けの高級白衣やスクラブを企画・製造・販売しています。レピウスは、「医師の誇りを高め、患者からの信頼の証となる」医療現場の装い、機能性の高いメディカル ファッションをデザインしています。
https://lepius.jp/



宮崎能典 (Yoshinori Miyazaki)について
愛知県岡崎市生まれ。早稲田大学商学部卒業後、大学で学んだ哲学と社会学からファッションと流行の関係に興味を持ち、文化服装学院 アパレルデザイン科に入学。在学中に数々のファッションデザインコンテストで受賞。
1998年、フランスの権威あるファッションコンクールである
仏オートクチュール プレタポルテ連合協会主催 第16回ファッションクリエーター新人賞国際コンクール」にて奨励賞を受賞。同時に日本デザイン文化協会賞受賞。
1999年 文化服装学院 デザイン賞受賞。

卒業後に日本を代表するデザイナーズブランドの
HANAE MORI(ハナエモリ)」にてファッションデザイナーとしてのキャリアを開始。スーツやドレスなどのデザインを担当。その後、カジュアルブランドの「ロペ・ピクニック」にてMDと企画デザインを担当。

2009年に独立し、女性用のオンラインに特化したオーダーメイド 事業「Infinity Girl」を創業。
2013年に白衣ブランドの「レピウス (Lepius)」を創業。
2020年にオーダーメイドスタイルのビスポーク ドレス ブランド 「yoshinori miyazaki
https://yoshinorimiyazaki.com/を開始。
着る人を美しく装う」を信条に、美しいラインにこだわった洋服づくりをしています。趣味は映画鑑賞と散歩。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)