その他 医療・医薬・福祉

【東京都町田市】「認知症とともに生きるまちづくり」を目指して

町田市役所
「一般社団法人Dフレンズ町田」と「認知症とともに生きるまちづくりに関する連携協定」を締結

認知症の人の居場所や活動の場の創出に関する独自の取組や若年性認知症の相談窓口の設置、当事者同士の交流会等を開催している「Dフレンズ町田」と連携協定を締結しました。これにより、認知症の人やその家族と地域住民が共に活躍できる機会の創出、若年性認知症の人やその家族の支援体制の構築を行います。


▼町田市ホームページ 認知症についての情報
https://www.city.machida.tokyo.jp/iryo/old/shiminnokatae/ninchishojoho/index.html
左から一般社団法人Dフレンズ町田代表理事 松本様と町田市長


協定の概要


■認知症の人やその家族と地域住民が共に活躍できる機会の創出
・「認知症とともに生きるまち」の実現に向けた普及啓発
・認知症の人やその家族の居場所づくり
・認知症の人やその家族の声の収集・発信
■若年性認知症の人やその家族の支援体制の構築
・若年性認知症の人やその家族からの相談対応及びニーズ把握
・若年性認知症に関する支援機関の周知・情報提供
・若年性認知症の人やその家族に関する施策の検討

期待される効果

■Dフレンズ町田が持つ支援のノウハウを地域に広げることで、認知症の人や地域住民の活躍の機会の創出
■Dフレンズ町田が相談窓口等で得た若年性認知症の人の声やニーズを市に提供することで施策立案に役立てる
■市がDフレンズ町田の事業を広く周知することで、より多くの認知症の人やその家族が地域活動につながる

Dフレンズ町田の活動

市の委託事業として認知症カフェの「Dカフェ」や、普及啓発事業である「Dサミット」の運営を行っています。独自の事業としては、認知症の人とともに、北部丘陵の再生・保全を行う取組(D活)や、認知症と診断されて買い物をすることが難しくなってきた方と一緒に買い物に行く取組などを行っています。また、若年性認知症についても、相談窓口の設置、交流会の開催を行っています。

▼一般社団法人Dフレンズ町田
https://dfm.localinfo.jp/

東京都町田市について

人口約43万人、東京都の南部に位置し、都心から電車で30分程度の場所にある町田市。町田駅周辺は大型商業施設が立ち並び、古くから栄えてきた商店街も健在。駅から少し離れると、里山の風景、緑いっぱいの公園、地場野菜を作る農地など、自然も多くあります。街の便利さと自然のどちらも味わえるまちです。

▼町田市ホームページ
https://www.city.machida.tokyo.jp/index.html
▼WEBサイト「まちだで好きを続ける」
https://keeponloving-machida.com/
▼まちだシティプロモーション(町田市公式)@machida_cp
Twitter https://twitter.com/machida_cp
Instagram https://www.instagram.com/machida_cp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)