ネットサービス・アプリ 美容・健康

ウェルビーイングを実現するメンタルトレーニングサービス『emol work』β版がリリース、2,000万円の資金調達も

emol
ウェルビーイングを実現するメンタルトレーニングサービス「emol」を運営するemol(エモル)株式会社(東京都台東区、代表取締役:千頭沙織)は12月2日より、法人向けサービス『emol work』のβ版をリリースしました。


2019年3月設立の同社は、F Ventures(福岡市博多区、代表:両角将太)、MIRAISE(東京都渋谷区、代表:岩田真一)、山本敏行氏(Chatwork創業者、現:MyCSO)、松村映子氏(バスケット株式会社創業者)、海野弘成氏(Increments株式会社創業者)を引受先とする第三者割当増資により、総額2,000万円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。


■新規サービス概要
【emol work - 企業向けサービス】
エンプロイー・ウェルビーイングを実現するメンタル向上プログラムを提供します。
ウェルビーイングは、精神面、身体面、社会面で全てが良好な状態を言います。
精神面、身体面、社会面、この3つは結びついており、当社は精神面から良い状態を作ることで、社会面でも身体面でも良好な状態に持っていく手助けになると考えています。
『emol work』では、仕事上でのメンタル課題に特化し、アメリカ心理学会会長が提唱する「ポジティブ心理学」を用いて、組織のエンゲージメントを高めることを目的としています。
事前登録人数は200人を突破しており、従業員のメンタル育成を目的として教育プログラムや福利厚生として導入していただくなど、メンタル向上のための様々な課題に対して取り組む予定です。 (サービスリンク:https://emol.work

【特徴1 アプリでトレーニング】
本サービス導入企業の従業員が、アプリでメンタルトレーニングを行うことができます。
4タイプのコンテンツでトレーニングを行うことができます。
・聴いて鍛える音声コンテンツ(瞑想・マインドフルネス、リラックス音など)
・読んで鍛える記事コンテンツ(ストレスコーピング、睡眠改善、自己肯定感向上など)
・見て鍛える動画コンテンツ(コミュニケーション、リラックス動画など)
・書いて鍛える記述型コンテンツ(認知行動療法、思考整理など)
現段階ではトレーニングは40種類ですが、随時、新しいトレーニングを追加していく予定です。

【特徴2 サーベイでメンタル状態を評価】
プログラムの一つである10秒マインドフルネスによる感情記録やアンケート、Slackなど普段お使いのコミュニケーションツールから交流情報を読み取り会話データに基づいて関係性を判断するなど、従業員のメンタル状態を評価します。 分析されたメンタル状態から従業員一人一人に合わせてパーソナライズされたメンタルトレーニングプログラムが組まれます。

【特徴3 アメリカの心理学に基づいた設計】
メンタル状態の診断は、DSM-5とポジティブ心理学の評価基準PERMAに基づき評価しています。この二つを応用することで、メンタル状態が不調な従業員と好調な従業員の両方にアプローチできるサービスを作り上げました。 DSM-5とは、米国精神科医師や米国の臨床心理士が参考にする精神病の診断書です。日本でもっとも多いと言われる、うつ、パニック障害、不安障害、躁鬱障害の傾向がある従業員を感情記録のデータから導きだします。 メンタル状態が好調な従業員は、さらに良い状態へと導くため、ポジティブ心理学のPERMAという指針を応用し、従業員のウェルビーイングの向上を計ります。

■既存サービス
【emol - 感情日記アプリ】
emolは、コンシューマー向けにAIとチャットで会話しながら感情の日記をつけるiOSアプリ『emol』(https://emol.jp/app/)を2018年3月26日にリリースしています。 こちらのアプリは、iOSアプリとiMessage Sticker合わせて20万ダウンロードを突破しています。今後はコンシューマー向けにもメンタルトレーニングを提供していく予定です。

■背景と目的
仕事上でのパフォーマンスが発揮できないのは、メンタルの問題が関わり深いと感じており、『emol work』という企業向けサービスを展開しました。 例えば、緊張してしまうせいで思ったようにパフォーマンスを発揮できない、人の目が怖くて発言できない、不安で眠れない、コミュニケーション方法がわからないなど、本当はすごいポテンシャルを持った人かもしれないのに、メンタルが弱いということで正当な評価がされないことがあります。
CEOの千頭自身、アガリ症で人前でパフォーマンスが発揮できないことにずっと悩んでいました。人前で思ったように振る舞えないことから自信がなくなりメンタル的に辛い時もあり、自身で認知行動療法とマインドフルネスを実践し、意識的にメンタルのトレーニングをすることで100人以上の前でピッチができる程に成長し、仕事でも自信が持てるようになりました。 「自分はメンタルが弱いから・・・」と諦めている人もメンタルをトレーニングすることで、変わることができるということを実感していただきたいと思い、このようなサービスを始めました。

現代の日本では、メンタルヘルスと聞くとマイナスなイメージを持たれるかもしれませんが、ダイエットしたり身体を磨くのと同じように、精神も磨くことが当たり前になる文化を普及していくことを目指します。


■会社概要
会社名: emol株式会社
代表者: 代表取締役 千頭沙織
設立日: 2019年3月18日
所在地: 東京都台東区
URL: https://emol.jp/
事業内容: メンタルヘルス関連サービス開発
お問い合わせ: support@emol.jp (担当:千頭・武川)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会