医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

医療法人社団豊智会が、膵臓がん早期発見に向けたAIソフトウェア化するための

医療法人社団 豊智会

<プレスリリース>

2021年10月1日
医療法人社団 豊智会

医療法人社団豊智会が、膵臓がん早期発見に向けたAIソフトウェア化するための
画像作成費用を募るため、250万円を目標にクラウドファンディングを開始

医療法人社団 豊智会(所在地:東京都中央区、理事長:澤野誠志、以下「豊智会」)は、クラウドファンディングサービス「READYFOR」にて、膵臓がん早期診断を行うためのAIソフトウェア開発の一部(診断画像への色塗り作業等)費用を募るため、「膵臓がん早期発見へ、診断内容をAIソフト化する為の画像を作成したい」を公開しました。250万円を目標に、本日2021年10月1日(金)から11月5日(金)まで支援を募ります。
(プロジェクトURL:https://readyfor.jp/projects/suizougan-AI



膵臓がんは極めて難治性のがんで、年間に国内で4万人が罹患し、3万5千人の方が亡くなってます。死亡率が高い原因は、発見しづらく、発見されても治療しづらいためです。
膵臓がん全体の5年以内に死亡する方の割合は90%を超えており、StageII~IVで発見される方が多いことがわかります。
一方で発見時のStageが早ければ、5年後の生存率は飛躍的に高まります。
・ステージ1で52.5%(100人中約53人が死亡、約47人が生存)
・ステージ0で14.2%(100人中約14人が死亡、約86人は生存)


出典:全がん協部位別臨床病期別5年相対生存率(2010-2012年診断症例)2020/11/19改定
【 癌の早期診断最前線】 癌早期診断の現状― 癌早期診断研究会における多施設研究の結果をもとに― 膵癌登録報告 2007(日本膵臓学会)
全国がん罹患モニタリング集計 2009-2011年生存率報告(国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター, 2020)
独立行政法人国立がん研究センターがん研究開発費「地域がん登録精度向上と活用に関する研究」平成22年度報告書

豊智会では、膵臓がん診療ガイドラインに加え、当院での診断経験や実績により得られた、検査専門医療機関である当院独自の診断基準をつくり、膵臓がんの早期の発見を目指して日々の診断を行っています。この当院診療基準は、近年の膵臓癌学会で取り上げられるテーマと一致しているものが多く、実際に膵臓がんの早期発見に寄与しています。

本クラウドファンディングでいただくご支援から、当院の診断基準に基づく画像診断AIソフトウェアの開発を進め、他の医療機関でも早期発見のために使用していただくことを想定しています。

膵臓がんを早期発見し膵臓がんで亡くなる患者さんを減らしたいという願いを実現するため、是非ともご支援をお願いいたします。

■クラウドファンディング概要
・タイトル「膵臓がん早期発見へ、診断内容をAIソフト化する為の画像を作成したい」
・URL;https://readyfor.jp/projects/suizougan-AI
・目標金額:250万円
・募集期間:2021年10月1日(金)9時~11月5日(金)23時
・形式:通常型 / All or Nothing形式
※All or Nothing形式は、期間内に集まった支援総額が目標金額に到達した場合にのみ、実行者が支援金を受け取れる仕組みです。
・資金使途:膵臓がん早期診断を行なうためのAIソフトウェア開発の一部(診断画像への色塗り作業等)費用

■豊智会とは
当院は主として画像診断(MRI、CT、PET-CT、超音波、マンモグラフィ検査)を行なっています。2002年の開業以来、画像のプロフェッショナルの立場から、膵臓がんの診断を行われている臨床医の先生方の治療方針に影響を与えるような質の良い画像診断レポートをお届けすることを目的に診療を続けてきました。
現在の画像診断医は78名(うち常勤医14名、筑波大学寄付講座の職員を含む)、以下の検査機器を用いて画像診断を行なっています。年間の検査数は約9万検査です。

稼働設備
八重洲
MRI 9台(うち3.0テスラ7台)
CT 2台(高精細160列、320列)
つくば
MRI 3台(うち3.0テスラ1台)
CT 2台(320列 2台)
PET-CT 2台

■本件に関する問い合わせ先
医療法人社団 豊智会  木村 大輔
電話番号:03-6202-3370
E-mail:info@m-satellite.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)