教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

就職に必要な情報にスムーズにアクセスしたいという声に応えて、障害者のための就職情報サイト「MyMylink」をリニューアル

株式会社スタートライン
求人情報、お役立ち情報、各種イベント情報を集約し、知りたい情報を手に入れやすい環境を整備

 株式会社スタートライン (本社:東京都三鷹市、代表取締役:西村賢治)は、障害者のための就職情報サイトMyMylink を、2021年9月30日(金)にリニューアルしました。



■障害者のための就職情報サイト:https://mymylink.jp/

障害者のための就職情報サイト「MyMylink」は、2017年以来、障害者が自分に合った就職先を探すための情報を提供してまいりました。



リニューアルの背景


障害者が就職先を探す上で必要な、求人情報、お役立ち情報、各種イベント情報などが点在し、「自分が知りたい情報にスムーズにアクセスすることが困難」という声を受け、リニューアルを決定しました。そこで、サイト構成、サイトデザインを全面的に見直し、ユーザーが知りたい情報にスムーズにアクセスできるよう、これまで点在していた情報を集約しました。



MyMylinkの3つの特徴


1. 障害者雇用に理解のある企業の求人を多数掲載
10年以上、企業の障害者雇用支援をしてきたからこそ実現できる、障害配慮のある求人を多数掲載しています。
また、障害者専門のサテライトオフィスや屋内型農園、在宅雇用求人など、他社にない独自求人も掲載しています。

2. 就職活動や生活で役立つコラムを随時更新中
就職活動や普段の生活の中での困りごとなど、障害者に役立つコラム記事を配信しています。
さらに、「MyMyチャンネル」というYou Tubeチャンネルを運営しており、動画コンテンツも充実しています。

3. イベント情報も多数掲載
職場見学や体験会、就職活動セミナーなど、就職準備のために役立つイベント情報を掲載しています。
応募前に企業情報や、ご自身のことをもっと知りたい場合は、気になるイベントに参加してみてください。


障害者の就職活動を応援する、新たな「MyMylink」をぜひご活用ください。



その他MyMylinkブランドのサイト


MyMyチャンネル(障害者の就活ガイド):https://www.youtube.com/channel/UCi-aAvvVNsMgGe871cubYXg/
MyMyインターン(就労支援員のための障害者インターン情報サイト):https://internship.mymylink.jp/




スタートライン事業紹介(抜粋)


スタートラインは、働き方の多様性に応えるため「サテライトオフィス」や「屋内農園 IBUKI」といった新しい就労施設の運営や、精神・発達障害者に特化した求人サイト「MyMylink」の運営を通して多くの障害者の就職・定着をサポートしています。


1.屋内農園型障害者雇用支援サービス「IBUKI」
天候の影響を受けにくい屋内型農園を活用した、新しい障害者雇用の仕組みをワンストップで提供するサービス。働く障害者はハーブや葉物野菜等の栽培装置が設営されたブースにて、栽培品種の選定や育成に従事しています。


2. 障害者向けサテライトオフィスサービス
都心からアクセスの良い東京、埼玉、神奈川に複数のサテライトオフィスを開設。完全バリアフリー、それぞれの障害に合わせた環境やサポートの提供で、ハード、ソフトの課題を解決し、1年後定着率約80%を実現しています。


3.障害者雇用に関する各種研修・セミナー
障害者雇用においてフェーズごとに起こりうる課題を独自に分析・分類し、どのような課題に直面しても適切に対処するための知識とノウハウを学べる研修を開発。企業ごとにカスタマイズした研修によりあらゆる課題を解決します。


4.在宅雇用支援サービス
障害者雇用においても通勤などの心理的・物理的負荷の軽減を目的にテレワークの導入が進む中、障害者と管理者の円滑なテレワーク体制の構築を支援するサービスです。



会社概要


株式会社スタートライン:https://start-line.jp
「関わるすべての人に働く喜びを」の企業理念のもと、2009年創業以来、障害者雇用支援の領域において障害者の「採用」と「定着」に重きを置き、サテライトオフィスサービスを運営。障害者雇用に関する総合コンサルティングを軸に、2016年2月に障害者向け就職サイト「MyMylink」、2017年8月に屋内農園型障害者雇用支援サービス「IBUKI」、2018年10月に三菱地所グループと協業の「インクルMARUNOUCHI」、同年11月に「企業向けカスタマイズ研修」など、サービスメニューを拡充しています。現在約200社の企業様と、約1,200名の障害者のサポートを日々実施しています。社内に2013年からCBSヒューマンサポート研究所という専門機関を設け、ABA(応用行動分析)と第三世代の認知行動療法に基づいた心や認知の問題に対する効果的で専門的な支援技法を研究・開発しています。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)