美容・健康

全国約270店舗、会員数約30万人、業界最大規模の法人向け会員制シェアオフィスNewWork(ニューワーク)と提携。準備不要、手続き不要でジムを1回500円から使える電子クーポンを提供開始

株式会社東急スポーツオアシス
座り過ぎリスク軽減!仕事の合間に運動やスパでリフレッシュ!

「Well-being First!」を企業ミッションに掲げる、株式会社東急スポーツオアシス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:粟辻稔泰、以下オアシス)は、東急株式会社(本社:東京都渋谷区、取締役社長:高橋和夫、以下東急)が運営する法人向け会員制シェアオフィス「NewWork」と提携し、シェアオフィスの会員限定サービスとして、オアシスが運営するフィットネスクラブを1日単位で利用できる電子クーポンの提供を、10月1日(金)から開始いたします。 コロナ禍の外出自粛によって運動量が減り、オフィスで座っている時間が長くなっているビジネスパーソンに向けて、空き時間に、手間なく運動やスパをご利用いただけるサービスを提供することで、健康的な新しい働き方を提案してまいります。




■電子クーポンについて
NewWork公式スマートフォンアプリを保持し、会員マイページ登録のうえ、対象のNewWork直営店を利用することにより、ジムを1回500円から体験できるクーポンが付与されます。クラブを利用する際の入会手続きは不要で、気軽にご利用いただけます。首都圏・近畿圏・広島エリアの東急スポーツオアシス全店、RAFEEL恵比寿24Plusの計35店舗で利用でき、各店舗のホームページから事前に混雑状況などを確認することも可能です。

サービス概要
クーポン内容:1回サービス体験500円(RAFEEL恵比寿24Plusのみ1回サービス体験1,000円)
対象者:NewWork会員(※会員以外の方はサービスを受けられません)
利用可能施設:東急スポーツオアシス全店

NewWork対象直営店やクーポン獲得方法につきましては、
NewWork公式ホームページ(https://www.newwork109.com/)をご確認ください。


■背景
座り過ぎていると、肥満や糖尿病、心臓病などの健康リスクが高まり、寿命も短くなるという健康リスクが報告されています(厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/content/000656521.pdf )。コロナ禍の外出自粛によって運動量が減少し、パソコンの前で長時間座ったままのビジネスパーソンは、心身ともに健康のリスクが高まっているといえます。
また、オフィスの縮小や分散、リモートを中心とした働き方改革に取り組む企業が増えている中、シェアオフィスの需要は拡大しており、「NewWork」もネットワーク・サービスを拡大しております。
オアシスは、新しい働き方に対応し生産性の向上に取り組む「NewWork」と提携し、手間なく気軽に取りめる健康サービスを提供することで、健康増進に貢献してまいります。

■NewWorkについて
東急が運営する法人企業相乗り型サテライトシェアオフィスで、2016年4月から「NewWork」事業を展開しております。新しい働き方への対応、ワークライフバランスの推進、生産性の向上、通勤ストレスの軽減など、より快適で働きやすい環境の実現を目指し、2021年9月時点で日本国内に270店舗以上を展開し、大手企業を中心に450社以上の企業が導入、30万人超の会員が在籍しています。



私たちオアシスは、一人ひとりの生き方が異なる現代人に寄り添い、その人らしいウェルビーイング、すなわち「毎日も人生も、健やかかつごきげんに、動き、生きること」をサポートします。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、人々の行動が制限され、運動不足やそれに伴う健康二次被害*5が拡大しています。当社は、このような社会変化を踏まえ、人の健康に寄り添う企業として、運動習慣のない人も含めた、誰もが身体的にも精神的にも健やかな毎日を過ごせる社会を目指し、企業ミッションを「Well-being First!」としました。
既存のスポーツジム運営だけでなく、そのノウハウを活かして、新たな生活様式に沿ったオンラインフィットネス・ホームフィットネス事業の拡大や、BtoB/BtoG事業の拡充を図り、「Well-being First!」な社会づくりに挑む、「ウェルビーイング総合カンパニー」に成長していきます。
*5健康二次被害…外出を控え、運動不足になったり、人との関わりが減ったりすると、思わぬところで体や心の衰えが進んでしまうこと。

会社概要
商号 : 株式会社東急スポーツオアシス
代表者 : 代表取締役社長 粟辻 稔泰
本社所在地 : 東京都渋谷区道玄坂1-10-8 渋谷道玄坂東急ビル
https://www.sportsoasis.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)