広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

デジタル治療薬の市場規模、2026年に131億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「DTx (デジタルセラピューティクス) の世界市場 (~2026年):用途 (糖尿病予防・栄養・ケア・糖尿病・CVD・CNS・CRD・MSD・GI・薬物乱用・リハビリ)・販売経路 (B2C・患者・介護者・B2B・医療機関・保険者・雇用者・製薬企業)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を10月1日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1019454-digital-therapeutics-dtx-market-by-application.html




デジタル治療薬の市場規模は、2021年の34億米ドルからCAGR31.4%で成長し、2026年には131億米ドルに達すると予測されています。市場成長の主な要因は、予防可能な慢性疾患の発生率の増加、医療費抑制の必要性、予防医療への注目の高まり、デジタル治療薬への投資の増加などが挙げられます。

COVID-19によるデジタル治療薬市場への影響

COVID-19パンデミックとその後の全国的なロックダウンの影響は、様々な産業で見られます。特に、インド、中国、ブラジル、米国、欧州では、様々な分野の成長に大きな影響を与えています。石油、航空、鉱業などの業界が収益の激減を経験している一方で、ヘルスケア、バイオテクノロジー、製薬業界はこの状況を最適化し、最大数の患者と医療従事者にサービスを提供しています。

パンデミックが拡大し続ける中、医療従事者はその対策に追われています。増え続ける症例が重篤な合併症を引き起こし、患者は病気の評価と治療のためにデジタル治療薬を利用するようになっています。また、COVID-19の発生により、医療機関は標準的な処置に代わるシステムやプロセスを模索しています。その結果、医療機関と消費者の両方がデジタル治療法をますます採用するようになっています。

牽引要因:予防可能な慢性疾患の発生率の増加

慢性疾患は、世界中で医療システムへの負担を増大させています。例えば、米国心臓協会が発表した報告書、Heart Diseases and Stroke Statistics at a Glanceによると、心血管疾患(CVD)は世界的に死因の第1位となっています。CVDは年間1,730万人の死亡原因となっており、この数字は2030年には2,360万人を超えると予想されています。慢性疾患の高い罹患率と発症率は、世界中の医療システムにとって大きな懸念材料です。慢性疾患を持つ患者の治療は、心身や生物心理的な要因が影響することが多く、大きな課題となっています。また、慢性疾患は不確実性の高い疾患であるため、患者は新たなセルフケアをライフスタイルの一環として考える必要があります。さらに、慢性疾患の多くは進行性であり、その発症率は年齢とともに高くなります。世界の高齢者人口の増加に伴い、慢性疾患は今後数年間でさらに増加することが予想されます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1019454-digital-therapeutics-dtx-market-by-application.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)