美容・健康 企業向けシステム・通信・機器

【株式会社 保健同人社】コーポレートサイト、リニューアルのお知らせ

株式会社 保健同人社
https://www.hokendohjin.co.jp/

株式会社保健同人社(本社:東京都港区 代表取締役社長:段塚忠宏、以下当社)は、2021年10月、コーポレートサイトを全面リニューアルいたしました。Well-beingな社会をめざして革新・挑戦を続ける当社を、より一層ご理解いただくために、内容・デザインを一新しております。








コーポレートサイトリニューアルの背景

■2021年、当社は創業75周年を迎え、3月にはコーポレートロゴを刷新、さらに新しいMVV(ミッション・ビジョン・バリュー)を掲げました。創業の精神は忘れず、人々が暮らすだけで「Well-being」を実感できる社会を目指して、今後も更なる革新・挑戦を続けてまいります。

■これからの保健同人社が目指す社会、当社の使命・目標、そして、それらを実現する当社の事業・Well-beingソリューションを広くお伝えし、より多くの皆様にご理解・ご共感いただけるよう、新しいコーポレートサイトを構築いたしました。

新しいコーポレートサイトのポイント


■新しい当社をイメージしたデザイン
 私たちが目指しているWell-beingな社会を表現するビジュアル・デザインを意識し、コーポレートロゴである「ともしび」マークとコーポレートカラーをポイントに配しました。

■新しい事業内容のご紹介
 これからの保健同人社が目指す社会の実現を支える事業について、今後リリース予定の新サービスも含め、わかりやすくご紹介しています。


■自社の健康経営について詳しく掲載
 当社が取り組んでいる健康経営施策や、Well-beingをはぐくむ仕掛けのあるオフィスを、詳しくご紹介。

■当社MVVを宣言
 「Well-being Action」ページにて、これまでの、そしてこれからの保健同人社についてお知らせいたします。



新設ページ「Well-being Action」について  


「当社のあゆみ」 
  当社75年の歴史。創業者の思いや、健康イノベーションの軌跡をストーリー仕立てにいたしました。
「私たちの願い」
  これからの保健同人社の指針となる当社MVVと、ブランドステートメントを発信。

〈保健同人社のMVV〉
■MISSION 私たちが目指す社会
「暮らすだけで「Well-being」を実感できる社会へ」
 「Well-being」とは、身体的・精神的・社会的に良好で生きがいや働きがいを感じながら人や社会とよい関係を
築けている状態であること。
 一人ひとりの「Well-being」は、家族や仲間、企業・団体へつながり、やがて社会全体へと広がります。
 保健同人社は、創業の精神である科学に基づくサービスの提供を通じて、人々が暮らしのなかで自分らしい「Well-being」をデザインし、実感できる社会をめざします。

VISION 私たちの組織、事業のあるべき姿
「Your Well-being Coach」
 「自分または誰かのWell-beingを願うすべての人々を、それぞれが望む場所・めざす先まで送り届ける」
それが、私たちの使命であり目標です。
 保健同人社は、社会が抱える課題や悩みに寄り添い、「疾病予防」「健康経営」など、時代のニーズに沿ったWell-beingソリューションを提供します。

VALUE 私たちの価値観、行動指針
 3つの「カクシン」
  確信 :
Evidence Based
    科学的根拠に基づいた確かなサービスと情報を発信します。
  核心 : Essential
    ユーザーの課題やニーズの本質を捉え積極的に解決します。
  革新 : Innovative & Creative
    独創的で革新的なサービスを時代に先駆けて提供します。



【保健同人社について】
保健同人社は、「科学的根拠に基づく正しい医療情報を国民に届けたい」という創業の精神を大切に、75年以上にわたり時代に先んじた健康イノベーションを発信し続けています。日本の医療環境や国民の生活環境は大きく変化しましたが、時代ニーズにあった価値あるサービスを提供し、人々をWell-beingへと導きます。
会社概要:https://www.hokendohjin.co.jp/ja/company/outline.html

メディア関係者様からのお問い合わせ先
株式会社保健同人社 経営企画部 ブランディング・広報室
E-Mail : kouhou@hokendohjin.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)