医療・医薬・福祉

フロンティアの介護が新たに住宅型有料老人ホームを愛知県に開設

株式会社フロンティアの介護
2021年7月、小牧市で「こまきやまの憩」としてスタート


全国に介護福祉施設を展開する「株式会社フロンティアの介護」(名古屋市 代表取締役 塚本友紀) は、愛知県小牧市に住宅型有料老人ホームを新規開設致しました。 愛知県では合計28ホームの運営となり、 全国では80以上のホーム運営となります。
                          外観




                       共有スペース




■名 称 :こまきやまの憩
■種 別 :住宅型有料老人ホーム
■住 所 :愛知県小牧市村中130番地
■電 話 :0568-75-5600
■居 室 : 17室(全室個室)/定員17名


少人数でアットホームな雰囲気の中、ご利用者様が穏やかに、快適に過ごせるようさまざまな工夫をしております。

【フロンティアの介護】
愛知県江南市に「ひだかの憩」を第一号として開設し、その後2021年8月までに東海地方を中心に関東・関西エリアに介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、グループホーム等、合わせて全国で80以上のホーム運営しています。

【フロンティアの介護の理念】
フロンティアの介護は『「すべての人の笑顔」をめざして』という企業理念を掲げ、介護サービスと労働環境の改善に真摯に向き合う企業です。

【運営体制】
介護ケアスタッフのほか、介護福祉士、ケアマネジャー、看護師、理学療法士、管理栄養士、音楽療法士などのスペシャリストが在籍し、チームでの介護ケアに取り組んでいます。
お客様の正確な状況確認と介護現場の作業効率化を目的として、介護業界ではいち早くICTを導入し、
タブレット端末を使った介護記録とリハビリ計画を全ホームで実施しています。投薬管理システムなどのシステム設計・協力医療機関との連携でより高度な介護サービスの提供に成功しています。



【働く場としての「フロンティアの介護」】
「公正と平等を重んじ、ダイバーシティ&インクルージョンを推進する」考えに基づき、ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の取り組みを推進しており、性別・年齢・民族・宗教・国籍・LGBT層の方・障がいの有無にかかわらず活躍できる労働環境の構築に取り組んでおります。
介護スクールの運営も行い、職員の社内研修や資格取得支援制度も充実させ個人のレベルアップにも注力し、介護無資格の方でも不安なく働いていただけるよう研修制度も充実しています。




フロンティアの介護 採用ホームページ
https://saiyo-frontiernokaigo.jp/

フロンティアの介護 総合案内ページ
https://www.frontier-gp.jp/

フロンティア介護スクール
https://www.frontier-kaigo-school.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)