出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

ホームヘルパーに求められる看取りケアとは『へるぱる1・2月』

株式会社世界文化社
2019年11月30日(土)サービス提供責任者・ホームヘルパーのための本『へるぱる 2020年1・2月』

11月30日(土)発売の『へるぱる 2020年1・2月』では、訪問介護職だからこそできる「看取りケア」について特集。また、訪問介護の現場で起こりうる緊急時対応についてまとめました。




■看取りケアに求められるのは「聴く力」
今後、日本では在宅で人生の最期を迎える人が増加し、看取りケアをおこなう訪問介護事業所も増えていくと考えられます。人生の最終段階にある利用者が必要とするのは、病気の治療や延命、肉体的な苦痛の軽減だけではありません。目の前にいる利用者や家族の気持ちを「聴く」ことは、利用者に一番近くで寄り添うホームヘルパーだからこそできること。「聴く力」を身に付けるための基本姿勢や具体的な方法などをまとめました。


■利用者の異変を発見!どう動く??



ホームヘルパーは、利用者の体調の急変や事故、ケガといった利用者の異変の第一発見者となることが多い職業といえます。そんなとき自分であればどう対応できるか、その心構えをしていくことは、プロの介護職として大切です。さらに訪問介護事業所全体として準備しておく必要があります。


■緊急時対応が求められる場面では「脳卒中」かどうかをまずチェック
訪問先で起こりうる緊急対応が必要な場面の代表的なものとして、転倒、発熱、意識障害などが挙げられますが、特に脳卒中については、その他のものとは救急車を要請する緊急性のレベルが違うものとして認識しておく必要があります。今号では、時間との勝負である脳卒中への対応を代表例として、緊急時対応の流れや日頃の備えについて解説します。


<目次>
・ホームヘルパーにできる看取りケアって何だろう?
・脳卒中かそうでないかを意識!緊急時対応
・歯磨きだけじゃない!口腔ケアで利用者の健康をサポート
・症状別「介護の基本」ー環境と新しい介助術ー
・「自立支援」と「重度化防止」の観点で読み解く老計第10号
・事例から考える「あいまいゾーン」
・これからのホームヘルパーに求められる「服薬の知識」
・介護保険制度をはじめ気になる話題をお届け!「知っとこ! 介護ニュース」
・こうしたらうまくいった!「ホームヘルパー奮闘体験」
・切り取って使えます「高齢者の健康お助けレシピ」ー低栄養ー  他




<刊行情報>
『へるぱる 2020年1・2月』
■発行:世界文化社
■発売日:2019年11月30日(金)
■定価:1,764円+税
■公式HP:https://helpal.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会