医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

教育施設・社会福祉施設でアニマルセラピーとしてのお迎えが増加/法人向け・マイクロブタさんの飼育サポート “マイピッグ パートナー” を開始

株式会社SaLaDa
動物と人の福利向上を目指し、動物愛護団体やNPO団体から、連携団体を募集


 日本初のマイクロブタさんの事業を展開する株式会社SaLaDa (本社:東京都港区、代表取締役社長:佐藤拓矢)は、法人向け・マイクロブタさんの飼育サポート「マイピッグ パートナー」を開始いたします。

 日本初のマイクロブタファーム「mipig farm(マイピッグ ファーム)」・マイクロブタカフェ「mipig cafe(マイピッグ カフェ)」を運営するmipig(マイピッグ)では、現在、400家庭以上にマイクロブタさんを家族の元にお引渡しを行っています。その中でも、情操教育を目的とした幼稚園、アニマルセラピーを目的とした福祉施設や、 “ブタさん社員”として法人企業でお迎えされることが、ここ最近、増えてきました。

 ブタさんとの触れ合いは、子どもたちや施設の利用者の多くの方々が笑顔にさせ、人々の心に癒しを与えてくれます。ブタさんをお迎えする施設や法人企業には、ブタさんへのストレスがないよう飼育環境のアドバイスはもちろん、日々の食事や、健康・体型管理のサポートをmipig所属の獣医師や専門スタッフがサポートいたします。「マイピッグ パートナー」にご興味のある教育施設、社会福祉施設、法人企業の方はお問合せください。
マイクロブタとの触れ合い
 また、mipigのミッションである “with pig -ブタさんとヒトが幸せに共生できる未来の実現-”への取組みとして、動物介在諸活動に注力を行ってまいります。mipigの活動に賛同し、ブタさんを含めた動物と人、双方の福利向上への貢献を目指し活動をしている動物愛護団体やNPO団体と一緒に活動を行っていきたいと考え、連携団体を募集いたします。

 マイクロブタさんは愛玩動物でありながらも、法律上は経済動物という扱いです。マイクロブタさんが犬や猫のように、ペットとして身近な存在になること。そして、マイクロブタさんを通して、現状のアニマルウェルフェアに対応していない養豚場へ目を向けるキッカケを生み出し、動物の福祉への貢献を目指してまいります。

■法人向け・飼育サポート「マイピッグ パートナー」概要
内容:ブタさんへのストレスがないよう飼育環境のアドバイスはもちろん、
日々の食事や、健康・体型管理のサポートをmipig所属の獣医師や専門スタッフがサポート。
料金:生体代金 1匹16.5万円~44万円(色・月齢・体重により変動)
   mipig owners(月額8,800円/1匹)への2年間の加入
   ※教育施設・福祉施設においては、2匹以上のお迎えで、2匹目以降の生体代金を半額といたします。
申込:法人向け・飼育サポートをご希望の方は、以下のURLよりお問合せください。
   https://mipig.co.jp/contact/corporation/
備考:
・飼育環境の審査を行うため、ご希望に添えない場合がございます。
・mipig cafeでの飼育相談もしくは、zoomでの打合せが必須となります。
・動物愛護法にて登録事業所内での対面説明が義務付けられ、空輸のみの対応は出来かねます。
・ブタさんの卸を希望される企業や、動物カフェの開設を希望される企業は対象外となります。

<お迎えされた施設の声>

社会福祉施設でのマクロブタさん
向島ヴィラ(京都府・社会福祉法人 洛南福祉会)様 / ブタさんの名前:ぶーちゃん
●マイクロブタさんを施設でお迎えして良かった点は?
利用者様の笑顔が増えたのは勿論、これまで時間を持て余してた方がマイクロブタさんを見に来られ、その方の楽しみの一つになりました。また、会いに来ることで、歩行訓練のきっかけにもなります。また、職員に対しても癒しの存在です。

●他の動物との違いを感じることはありますか?
犬や猫などは、好き嫌いがありますが、触れたことないマイクロブタさんについては、皆さんから可愛がられます。また、人間にかみついたりすることがないので、安心です。


幼稚園でのマイクロブタさん
黒石みどり幼稚園(愛知県) 様 /
ブタさんの名前:ぶーくん、たぁちゃん

●マイクロブタさんを幼稚園でお迎えしたキッカケは?
昔は幼稚園でもヤギのメリーさんを飼っていたことがあり、 園長作による「ようちえんのメリーさん」「メリーさんのいもほり」などのシリーズ絵本になったほど、動物が園のマスコットとして可愛がられていました。ところがここ10年間なかなか動物さんとのご縁がなく、本当はみんなで何か飼いたいねと話していたところ、マイクロブタさんを知りました。

●園児のみなさんの様子を教えてください
最初は怖々と遠くで見ていた子も、毎日会う度に愛着がわき、今では鳴き方や素振りで「おなかが空いてるって」「のどが渇いてるって」など、気持ちが通じるようになってきました。遠足でいった農業センターでも生き物をじっくり観察する姿に成長を感じます。

■連携団体(動物愛護団体やNPO法人)の募集概要
内容  : 一緒に活動していきながら、活動費用のサポートを一部行わせていただきます。
募集期間:2020年10月5日(火)~15日(金)
募集数 :3団体まで
応募方法:以下のURLへのアンケートを記載の上、ご応募ください。
     https://forms.gle/iMnQVZfBFoqXiJoQ8
パートナー選定基準:
・mipigの活動に賛同していること
・ブタさんを含めた動物と人、双方の福利向上への貢献を目指し活動をしていること

■mipigのサービス展開について
マイクロブタさんの誕生から、健やかな成長と日々の暮らしをサポートするサービス展開を行っています。

国内のマイクロブタファーム“mipig farm”で生まれたマイクロブタさんは、“mipig cafe”で、ペットとして人間社会で生活する上で重要な「社会性」を身につけたのち、オーナー様のもとへ家族としてお引渡し。お引渡し後も、アプリを通して専門スタッフがサポートいたします。

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社SaLaDa/ 株式会社Hooome
東京都港区芝2-5-19 ITOビル2階
TEL:03-6435-2588
Mail:contact@mipig.co.jp
担当:北川
※取材をご希望の媒体社様はお気軽にお問合せください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)