医療・医薬・福祉 ビジネス・コンサルティング

【最終審査進出者に決定】「ICF Business Acceleration Program 2021」にて、救急医療情報サービス「Smart119」が、社会課題解決に有望と評価

株式会社Smart119
千葉大学発医療スタートアップ企業である株式会社Smart119(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長/CEO:中田孝明)は、同社の運営する救急医療サービス「Smart119」(特許第6875734号)が、未来創造イニシアティブ(運営:株式会社三菱総合研究所)のアクセラレーションプログラム「ICF Business Acceleration Program 2021」において、最終審査会進出者に選出されたことを発表します。本年10月上旬より2ヶ月間のメンタリングを経て、12月10日に最終審査会が行われます。





株式会社三菱総合研究所が運営する、未来共創イニシアティブ(Initiative for Co-creating the Future、以下 ICF)は、「社会課題の解決策をマルチステークホルダーによるオープンイノベーションで共創・社会実装し、コレクティブインパクトを創出する」を目的に、企業・団体540の会員を有する共創活動団体です。
「ウェルネス」「水・食料」「モビリティ」「エネルギー・環境」「防災・インフラ」「教育・人財育成」を軸とする「ICF Business Acceleration Program」は、社会課題を解決に資する、事業提案などに、表彰と支援を行なっています。これまで、「『100億人100歳が豊かで持続可能な未来社会』の実現に寄与する社会課題ソリューション(ビジネスアイデア)」をテーマに、通算6回、延べ700件近い応募を受けています。


◆ICF Business Acceleration Program 2021のコンセプト
新型コロナウイルス感染症拡大は、社会への影響力が大きく、新たな価値観、生活様式、そして社会制度を考える機会となり、様々な課題が顕在化しました。また、こうした社会の変容に呼応する革新的技術も開発されています。2021年の同プログラムでは、「ニューノーマル」「行動変容」をキーワードにして、社会課題解決に有効で、なおかつ、持続性があり、社会実装がなされるビジネスモデルが求められました。


◆選出の背景:生活者の健康を支える地域医療を強化し、社会課題である「救急搬入困難者」を解決する
最終選考に選出された、救急医療情報サービス「Smart119」は、急性期医療に不可欠である「適切な病院の選択」「早急な搬入」「搬入後の迅速で正確な対処治療」を支援するシステムとして、救急・医療現場から開発されました。
Smart119がエントリーしたウェルネス部門は、「すべての人が健康で生き生きと輝く社会」をテーマに掲げています。社会課題にある「救急搬入困難者(いわゆる「救急のたらい回し」)への、具体的な解決を講じると同時に、地域医療の強化へ繋がることが評価され、上記3点の評価ポイントを満たすものとして選出されました。


◆今後のプロセス
10月上旬~12月上旬 :メンタリングプログラム
 ・事業開発に向けたビジネスモデル構築
 ・業界・事業分析や販路開拓などをサポート
 ・より大きな社会インパクトをもたらす事業戦略を議論
12月10日(金):最終審査会


私たちは「誰もが安心できる未来医療」を目指しており、医療にある社会課題を解決するために、起業しました。今回の選出は、ICFのオープン/マルチステークホルダー・ネットワーク基盤と三菱総合研究所との共創によって、中長期的な戦略と開発力、そして事業の持続可能性を高める機会と考えています。生活者にとって安心と信頼ある医療に、さらなる貢献をしていきます。


◆関連プレスリリース
・2021年9月17日
【救急医療のDX化】救急医療情報サービス「Smart119」が山梨県主催『TRY! YAMANASHI!実証実験サポート事業』のライフサイエンス部門に認定
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000056624.html

・2021年5月25日
救急出動支援システム「Smart119」が特許を取得
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000056624.html

・2020年7月20日
千葉市消防局が「Smart119」システムを本運用開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000056624.html


◆Smart119紹介ムービー
・次世代119通報システム「Smart119」
https://youtu.be/mebOF-Otv4g

・Smart119の紹介[日本語字幕]
https://youtu.be/QOJe9Gaq_so

◆株式会社SMART119:企業紹介ムービー
・【Smart119企業ムービー】「誰もが安心できる未来医療を目指して」
https://youtu.be/Q-vnHIIBGgE


<株式会社Smart119について>
株式会社Smart119は千葉大学大学院医学研究院 救急集中治療医学の中田孝明教授により設立された「現役救急医が設立した、千葉大学医学部発ベンチャー」です。
『今の「119」を変える』ため、音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」を開発・運用。
千葉市消防局において、日本医療研究開発機構 (AMED) の研究開発事業である救急情報共有システムを導入したほか、緊急時医師集合要請システム「ACES」、災害時の病院初期対応システム「Smart:DR」の開発・運用を行なっています。Smart119は「安心できる未来医療を創造する」ことを目指します。


【株式会社Smart119 会社概要】
会社名:株式会社Smart119
住所:千葉県千葉市中央区中央2丁目5-1千葉中央ツインビル2号館 7階
設立:2018年5月
代表者:中田 孝明
事業内容:
音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用
緊急時医師集合要請システム「ACES」の開発・運用
災害時の病院初期対応を行なう「Smart DR」の開発・運用
URL: https://smart119.biz
Twitter: https://twitter.com/Smart119_jp
メールアドレス: press@smart119.biz (担当:中村)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)