アパレル・ファッション 医療・医薬・福祉

■【男性美容最前線 “メンズ美容ワーカーの創出”】唯一無二の「男性の総合美容医療」に挑み続けて7周年 / 創業当時20名だった従業員数は、現在860名(43倍増)

ゴリラクリニック(医療法人社団十二会)
◎全国に19院展開する男性専門の総合美容医療『ゴリラクリニック』は、 2022年夏までに3院を新規オープン(増院)し、合計22院へ




男性専門の総合美容クリニック『ゴリラクリニック』(医療法人社団十二会・総院長 稲見文彦)は2014年10月11日に池袋で開院し、今年で7周年を迎えます。創業当時は「美容は女性が受けるもの」といった風潮や、「男性向けの医療機関」は包茎手術やED治療、AGA(男性型薄毛)専門クリニックという傾向もあり、美容業界では「男性専門院は上手くいかない」と懐疑的な意見からタブー視され続けていました。



そのような中、ゴリラクリニックにとって2院目となる大阪・梅田での開院(2015年7月)を皮切りに、全国主要都市に各院の配置をスタート。男性美容の地盤を固めながらメンズ脱毛やメンズスキンケアの重要性、「介護脱毛」や「アスリート脱毛」などの概念ほか多くの美容情報を啓蒙し続け、現在では1か月の来院男性患者総数は50,035名(2021年9月30日現在)と5万人近くの男性患者さまが来院し、全国19院を展開中。
」なお2022年夏までには3院を新規オープンし、合計22院への増院を予定しています。



また昨年12月15日(火)に一般発売を開始した男性向けのドクターズコスメ『ゴリラコスメティクス』(スキンケア用の基礎化粧品全5種)はシリーズ累計出荷本数が116,000本を突破(2021年10月1日現在)しました。
価値観が多様化する時代。「男性美容という文化を創る」というブランドミッションのもと、今後も男性のライフスタイルをより豊かに、より笑顔と自信に満ち溢れた毎日へと繋がる取り組みを行なってまいります。

-----

近年、男性の美容意識は高まりを見せています。コロナ禍での在宅時間も増え、可処分時間をスキンケアや美容にあてる男性も増加しており、男性向けのスキンケア用品も登場するなどメンズ美容市場も大きな注目を浴びています。しかし美容意識を持つ男性が増えている一方で、意識の高低や美容にかける費用感などに幅が出始めているのが現状です。

当院での「ヒゲ脱毛」の場合、「ヒゲを薄くしたい」というコンプレックス解消のみにとどまらず、「身だしなみの一環」や「毎日の手入れ時間の短縮」という利便性を求めて、「カミソリによる肌荒れ」を気にして、最近では学生も「就活を意識して」など、さまざまな理由で来院される患者さまが増えており、ニーズが多様化しています。


また、創業当時は20~30代のビジネスマンが主な患者層でしたが、当院ではたるみやシミなどのスキンケア治療、AGA(男性型脱毛症)治療やスメルケア(ワキガ・多汗症)治療、医療痩身ほか幅広い多治療展開にも注力しており、40~50代の来院も増加しています。

※参考:■【高まる男性美容ニーズ/男性1100名へ「メンズ美容」印象を調査】8割以上「好印象」と回答
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000108.000004342.html




【メンズ美容ワーカーの創出】創業当時と比べ従業員数は43倍、メンズ美容領域の応募も増加




ゴリラクリニックは2014年10月、20名のスタッフ体制で池袋に開院しました。創業当時は、外見上の悩みを抱える男性にとっては、メンズエステか女性向けの美容クリニックしか選択肢がなかった背景がありました。効果やエビデンスにこだわる男性にとって、メンズエステではなく美容医療を受けたい、しかし女性ばかりの美容クリニックは人目が気になり入りにくい。そんな行き場のない男性のニーズに当院は応え続け初期の成長軌道に乗っていきます。


主要都市の開院を重ね、患者さまの増加及び従業員数も拡大しました。2021年10月1日現在では860名が在籍しています。医師・看護師・カウンセラーなど様々な職種とあわせ、カウンセリングは行わない「コンシェルジュ(受付)」のスタッフや「チャレンジ採用(障がい者雇用)」も積極的に行っています。

美容医療業界は患者さまをはじめ従業員も「未経験は難しそう」「女性のもの」「女性がキャリアップしやすい」という先入観があります。しかし、当院はさまざまな経歴を持つ看護師、コンシェルジュ・カウンセラーを積極的に採用し新たなメンズ美容ワーカーを創り出しています。特に男性カウンセラーは他の美容医療機関に比べ在籍数が多いのが特徴です。



患者さまと創り上げていく「男性美容」




当院に通われる患者さまの中には、「ヒゲが薄くなった」や「ニキビが気にならなくなった」等の美容医療の効果を実感するお声は多数お受けいたします。しかし、単なる治療結果のみならず「価値観が変わった」、「自分に自信が持てるようになった」等の内面にまで効果があったというお声が増加していきました。

当院ではそのような思いに至った患者さまそれぞれのエピソードをコンテンツ化し、クリニック・患者さまとともに男性美容という文化を創り上げています。

◎インタビューコンテンツ「自分だけの男らしさを、選ぼう」: https://gorilla.clinic/interview/



『ゴリラクリニック』総院長の稲見文彦医師より、創業7周年コメント



ゴリラクリニックは10月11日に創業7周年を迎えます。創業当時は20名程度だったスタッフも、今では約850名を数えるまでに成長いたしました。今期は上野院が増床移転を果たし、ゴリラクリニック黎明期の各院は大半が移転を完了したことになります。今まで手狭な院にも関わらずご来院いただきました患者様にお礼申し上げると共に、ご不便をお掛けしましたことをこの場を借りてお詫び申し上げます。全国のゴリラクリニックを引き続きご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


さて、今年も新型コロナウイルスの勢いは留まる事を知らず、緊急事態宣言も繰り返し発令されてきました。一方でワクチン接種が急速に進み、感染者数もついに減少の兆しが見えてきました。このような世の中が来ようとは誰もが想像しなかったことでしょう。

しかし私たちが本来望まなかった「新しい生活様式」は、男性美容にとって想定外の追い風となったことを私自身、驚きをもって実感しております。息苦しいマスクは、ダウンタイムを難なく過ごすための欠かせないアイテムになり、リモートワークは自分自身の顔を客観的に観察し、肌に清潔感を取り戻すためのきっかけになりました。旅行や外食に行くことが叶わないのは残念ですが、時間的金銭的リソースを自分自身に向けようと考えた男性が大勢いらっしゃったことは、私共も大変嬉しく感じています。できないことを嘆くより、いまできることを楽しもう。患者様から学びの機会を頂いたように思います。一方、マスク生活による肌荒れや、リモートワークによる運動不足はコロナ禍が生んだ弊害と言ってよいでしょう。コロナ禍において男性美容の需要は増々高まっています。男性美容のパイオニアとして、これからも邁進していく所存です。

-----



◎『ゴリラクリニック』総院長 稲見文彦医師 プロフィール:
東邦大学医学部を卒業後、同大形成外科学教室に入局。美容外科医を志し某大手美容形成外科に入職。10年以上にわたり数多くの手術を行い、多数の医師や看護師の育成に携わる。同院京都分院長を経て、2015年に男性専門の総合美容クリニック『ゴリラクリニック』総院長に就任、現在に至る。

医師として何よりも必要なのは知識や技術の前に、まず「心」であり「コミュニケーション」である。このことを信条に患者様の悩みや希望に向き合い、また気持ちに寄り添うことを自らに課している。
男性美容の素晴らしさを世に広める伝道者として診療に邁進するほか、メディア出演や取材などにも幅広く協力を行っている。正確で分かりやすく忖度のない記事には定評がある。

私生活では一男一女の父。家事や育児に「主夫」級の活躍を見せる。
最大の趣味は自転車通勤であり年間6000キロを走破する健脚の持ち主でもある。
所属学会:日本形成外科学会、日本美容外科学会(JSAPS、JSAS)、日本美容皮膚科学会


▼【ゴリラクリニック・ブランデッドムービー】Who We Are






男性専門の総合美容クリニック『ゴリラクリニック』




◎診療科目 :美容皮膚科、頭髪外来
◎初診専用無料ダイヤル:0120-987-118
◎診療時間 : 11:00~20:00(不定休、予約制)
◎公式Webサイト:https://gorilla.clinic/



2014年10月創業。「男性美容という文化を創る」ことを使命に掲げ、全国に19院を展開(2021年9月現在)。男性専門の総合美容クリニック(医療機関)として医療用レーザーを使用した「永久脱毛」を始め、スキンケア治療やニキビ(跡)治療、薄毛・AGA治療、医療痩身やスメルケアほか多治療を展開。男性美容に関するありとあらゆる要望を美容医療の力でサポートしている。また創業当初より細部に至るまで【男性志向】を追求し、男性スタッフも多く採用。どのような悩みに対しても男性が恥ずかしがることなく相談できるような環境づくりを徹底している。



リリースに関するお問合せやご取材は、下記までお問合せください。クリニックでのご取材依頼や、医師へのインタビュー取材もお待ちしております。


■【男性専門の総合美容クリニック『ゴリラクリニック』/医療法人社団十二会】
広報部:石垣秀馬 下谷弥生
pr@gorilla.clinic

〒169-0072 東京都新宿区大久保2-4-12 新宿ラムダックスビル8階
TEL:03-5291-5270
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)