食品・飲料 流通

1人あたり2.7キロ 国内チーズ消費量が過去最高を続伸中

株式会社 ベイシア
~ミルク感と酸味が新味「クリームチーズ6P」新発売~

株式会社ベイシア(本社:群馬県前橋市、代表取締役社長:橋本浩英)は、ベイシアオリジナルの6Pチーズシリーズ商品として「クリームチーズ 6P」を、10月5日(火)よりベイシア全店にて新発売いたします。農林水産省が2021年7月に公表した「令和2年度チーズの需給表」によると、2020年度のチーズ総消費量は36万744トンと6年連続で過去最高を記録しており、コロナ禍における健康志向の高まりや家呑み需要の拡大に伴い、お客様のチーズへのニーズの高まりが続いています。新発売の「クリームチーズ 6P」は、ナチュラルクリームチーズを60%以上使用しており、クリームチーズ本来の芳醇なミルク感と爽やかな酸味、そしてなめらかな口当たりを楽しめます。おやつやおつまみ等、日常の様々な食シーンでぜひお楽しみください。


チーズの消費量傾向について
グラフ1は、農林水産省が公表している「チーズの需給表」をもとに作成した、直近7年間のチーズ総消費量の推移となります。年々、総消費量の数字が伸長し、2020年は前年比102%の36万744トンの消費量となり、6年連続で過去最高を更新。チーズ需要の高まりがうかがえます。
グラフ2は、農林水産省が公表している「食料需給表」をもとに作成した、日本人1人あたりが1年間で消費するチーズの量を表したグラフです。2014年の2.2kgから2020年2.7kgへと消費量を伸ばしています。近年、健康効果が取り上げられたりワインブームの到来によるテーブルチーズの普及などで、チーズへの需要が高まっているなか、さらにコロナ禍における健康志向の高まりや料理用途としての活用領域の拡大、家呑みによる需要の増加などによりニーズ伸長が続いています。今後も堅調な伸びが見込まれています。



◆商品概要




<商品名>
クリームチーズ 6P
<価格>
158円(税込170円)
<販売店舗>
10月5日(火)よりベイシア全店にて新発売


商品のこだわりポイント!
こだわりその1クリームチーズおいしさを存分に楽しめる
ナチュラルクリームチーズを60%以上配合することで、クリームチーズが本来持つ芳醇なミルク感と爽やかな酸味、そしてなめらかな口当たりを楽しむことができます。

こだわりその2クセがない味わいで食べ方いろいろ
豊かな味わいで味にクセがないため、お子様から大人まで幅広くお楽しみいただける商品です。時にはおやつに、時にはワインのおつまみとして、そのまま食べるのはもちろん、クラッカーに乗せたり、サーモンや生ハムと合わせたりと、様々なアレンジができるのも魅力の一つです。



ベイシア 「6Pチーズ」シリーズ ご紹介
ベイシア 国産6Pチーズ



北海道産チーズ75%以上配合。癖がなくマイルドな味わいでお子様から大人まで楽しめます。
<価格>
158円(税込170円)


ベイシア カマンベール入り6P



香料不使用ながら、カマンベールの風味を十分に感じることができる6Pチーズです。なめらかでマイルドな味わいです。
<価格>
158円(税込170円)


ベイシアは、生活に「価値」を提供できる商品やサービスの提案を通して、今後もお客様の日常に寄り添いながら多くの方に喜んでいただけるよう進化を続けてまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)