美容・健康

就寝中に増殖する口内の様々な菌を殺菌※1朝用の殺菌マウスウォッシュ「ゼロ―ラモーニングウォッシュ」~2021年10月20日(水)に新発売~

小林製薬株式会社
小林製薬株式会社(本社:大阪市、社長:小林 章浩)は、就寝中に増殖した口内の様々な菌を殺菌※1し、トータルケア※2する朝用マウスウォッシュ「ゼロ―ラモーニングウォッシュ」を10月20日(水)から新発売いたします。 ※1 全ての菌を殺菌するわけではありません ※2 歯周病(歯肉炎、歯周炎の総称)・虫歯・口臭予防、ネバつき浄化




<TOPICS>


口内の菌が増えたと思うタイミング1位は起床時※3
寝起きの食事前にマウスウォッシュを使用する人は3割程度※4                        

菌を気にする生活者の中では、就寝前に歯磨きやマウスウォッシュをしても、翌朝に菌が増えていると思う方が多く、また実際に就寝中に菌が増殖します。                          
朝一番でのオーラルケアは、刺激が強すぎるものや、ケア後の朝食時の味に影響が出るものは控えたいという声が多かったことから、低刺激で味残りのない朝用のマウスウォッシュを開発いたしました。     
※3 :弊社調査 MA(2020年8月) N=31(口内菌が気になる方20~60代男女            
※4 :弊社調査(2020年8月)N=31(口内の菌が気になるマウスウォッシュ年内購入20~60代男女)



<製品特徴>

1. 就寝中に口内に増殖した様々な原因菌を一度に殺菌※1
本製品には、殺菌成分塩化セチルピリジニウム(CPC)を最大濃度配合※5し、歯肉炎・虫歯・口臭の原因となる様々な菌を一度に殺菌※1します。
その他、抗炎症成分グリチルリチン酸ジカリウム(GK2)・歯石防止成分(ポリリン酸ナトリウム)も配合しており、朝のオーラルケアとして使用いただくことで、お口のトータルケア※2が可能です。
※5当社液体ハミガキ内

2. 食事への影響が少ない、刺激や味残りがしにくい香料を開発
起床時のオーラルケアに適した、適度な刺激とミントを基調とした清涼感のあるサッパリとした使用感の香料を開発いたしました。
使用後の刺激や味残りも少なく食前にも使いやすい製品です。


<開発背景>

弊社が実施した20代~60代男女を対象とした生活者調査※3によると、1日の口内菌の増殖が気になるタイミングで最も多かった回答は男女・年齢層問わず「起床時」であることがわかりました。
事実として、1日の口内菌数は就寝中に増殖し、起床時には最多になると報告されています。

しかし、生活者のオーラルケアの実態として、起床時のマウスウォッシュの使用率は3割程度という結果で、その理由はマウスウォッシュの強い清涼感にあることが判明しました。そこでこの度、起床時における生活者のオーラルケアのニーズに注目し、「ゼロ―ラモーニングウォッシュ」を開発いたしました。
口内に増殖した菌を一度に殺菌※1してトータルケア※2し、さっぱりした使用感でありながら、刺激や味残りを抑えた新しいタイプのマウスウォッシュです。
小林製薬では、昨今の生活者の口の健康ニーズに応じて様々な製品ラインナップを展開してまいりました。今後も生活者が日常的に感じるお悩みにアプローチする製品を開発してまいります。


<担当者コメント> 「刺激」や「味残り」を控えた、朝にふさわしい優しいマウスウォッシュ


マウスウォッシュ市場は年々拡大しており、とくに2020年のコロナ禍以降、「殺菌」を訴求する商品が大幅に伸長し、生活者の「菌」に対する意識が高まっています。
そんな「菌」を気にする方の多くが起床時に口内の菌が増殖していると感じていますが、朝のマウスウォッシュ使用は約3割程度と低く、その理由は、マウスウォッシュ特有の「刺激」や「味残り」であることがわかりました。
ゼローラモーニングウォッシュは、さっぱりとしながらも「刺激」や「味残り」を控えた、朝にふさわしい爽やかな使用感で、就寝中に増殖したお口の様々な原因菌を一度に殺菌してトータルケア※します。
※歯周病(歯肉炎、歯周炎の総称)・虫歯・口臭予防、ネバつき浄化
※すべての菌を殺菌するわけではありません

ヘルスケア事業部 
ビューティー&オーラルケアカテゴリー オーラルケアマーケティンググループ 
岡野 勇太



<製品概要>




<一般の方からのお問い合わせ先>

小林製薬株式会社 お客様相談室 TEL:0120-5884-05/URL:http://www.kobayashi.co.jp

(受付時間9:00~17:00 土・日・祝日を除く)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)