医療・医薬・福祉

次世代型ロボット支援手術システム「CORI」発売開始

スミス・アンド・ネフュー株式会社
スミス・アンド・ネフュー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:土橋慎也)は、2021年7月に「CORI <Core of Real Intelligence>」(販売名:CORI サージカルシステム)の薬事承認を取得し、10月から販売を開始いたします。



CORI <コリ>は2012年から世界各国で使用されている「NAVIO <ナビオ>」(販売名:NAVIO ロボット支援手術システム)の次世代機として開発されました。NAVIOのノウハウを踏襲しつつ、新しいタイプの骨切除用器械を導入することで骨切除に掛かる時間を短くすることができ、手術時間の短縮も期待できます。また、CORI専用のハンドピースは骨切除の位置や量がシステムにて制御され、更には新しい赤外線カメラの導入によって位置情報の認識スピードが向上することでより安全かつ正確な手術が期待できます。
患者様個々の膝の状態を手術中にシステムへ読み込ませることで、オーダーメイドな手術をサポートいたします。また、前十字靭帯及び後十字靭帯共に温存する両十字靭帯温存型人工膝関節置換術にも対応しており、患者様の要望もしくは膝の状態に適した人工膝関節システムを選択することが可能となりますので、術後のQOL(クオリティオブライフ)の更なる向上も期待できます。
現在、日本では年間9万例以上の人工膝関節置換術が行われており1)、この手術に至る原因の中で最も多い疾患が変形性膝関節症と言われています。その変形性膝関節症患者数は、厚生労働省のレポートによりますと、国内において自覚症状を有する患者数は約1,000万人、潜在的な患者数としては約3,000万人と推定されています2)。

1) 厚生労働省 第5回NDBオープンデータ
2) 厚生労働省 介護予防の推進に向けた運動器疾患対策に関する検討会.今後の調査研究の在り方について. 平成19年8月

スミス・アンド・ネフューについて
スミス・アンド・ネフューは、様々なテクノロジーを活用して、人々の生活の質の向上に貢献できるように努めています。私たちはこれを“Life Unlimited”と呼んでいます。全世界18,000人の従業員がこのミッションに日々取り組み、整形外科や創傷治療分野、スポーツ整形外科、耳鼻咽喉科領域における新しい技術の開発、そしてその発展を通じて、患者様の生活に貢献しています。
1856年に英国のHullで創立され、現在では100ヵ国以上で事業を展開し、2020年の売上高は46億ドルでした。また、FTSE100 (LSE: SN, NYSE: SNN)の中の1社でもあります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)