広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

2種類のタンパク質間の相互作用を分析するのに役立つ「タンパク質結合アッセイ」、新薬の開発プロセスで活躍:市場規模は2028年に6億9,463万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「タンパク質結合アッセイの世界市場(2028年までの予測):COVID-19による影響と技術別、エンドユーザー別、地域別分析」(The Insight Partners)の販売を10月6日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1028689-protein-binding-assay-market-forecast-covid-impact.html




タンパク質結合アッセイの市場規模は、2021年の3億4,014万米ドルからCAGR10.7%で成長し、2028年には6億9,463万米ドルに達すると予測されています。タンパク質結合アッセイは、2種類のタンパク質間の相互作用を分析するのに役立ち、新薬の開発プロセスで広く使用されています。

タンパク質結合アッセイ市場は、技術、エンドユーザー、地域別に分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米に分類されます。

創薬活動の活発化がタンパク質結合アッセイ市場の成長を牽引

臨床試験は、医療戦略、治療法、デバイスの安全性と有効性を商業的に使用するための重要なステップです。また、特定の治療分野における最良の医療アプローチを理解し、決定するのにも役立ちます。薬物分子や医療機器を規制当局が承認する前に、一連の臨床試験が行われます。伝染病や非伝染病の増加に伴い、新薬や医療機器の開発が求められており、この事がタンパク質結合アッセイの需要を促進しています。米国国立医学図書館のデータによると、2018年には、米国50州と204カ国で28万801件の臨床研究が進行中でした。さらに、製薬企業、医療機器企業、バイオテクノロジー企業は、治療用の新分子を開発するために、研究開発(R&D)活動に注力しています。これらの企業は、高品質で革新的な製品を市場に投入するために、研究開発に多額の投資を行っています。

医薬品開発プロセスの初期段階では、タンパク質結合アッセイが開発されています。結合していない循環薬物は、標的や排泄経路へのアクセスが最も良いため、薬物候補の血漿タンパク質への結合は、薬物の分布、有効性、安全マージンの定義に極めて重要です。Statistaによると、2017年に前臨床段階に入った薬剤は約7,493種類で、2018年には8,040種類になると推定されています。そのため、毎年スクリーニングされる医薬品候補の総数は増加しています。医薬品開発プロセスの初期に行われるタンパク質結合アッセイは、前臨床段階の重要な側面です。したがって、創薬活動の活発化と医薬品の研究開発費の増加が、タンパク質結合アッセイ市場の成長を後押ししています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1028689-protein-binding-assay-market-forecast-covid-impact.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)