広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

10/10の目の愛護デー×デジタルの日に読み取るだけで目のためになる新聞広告!?その名も「巨大 QRコード(R) 広告」

ロート製薬株式会社
ロート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:杉本雅史 以下ロート製薬)は、日本各地で目の健康に関するさまざまな活動が行われる「目の愛護デー(10月10日(日))」に、今年から創設されたデジタルの日も踏まえて、「巨大QRコード広告」を読売新聞、日本経済新聞に掲載します。新聞をめくると突如現れる不自然に巨大なQRコード。大き過ぎるQRコードをスマホで読み取るためにする行動に秘密があり、読み取ると目を守るためのタイムリーなメッセージを届けます。


 <新聞広告原稿>  
<巨大QRコード遷移先WEBページ>

目の健康のためには、対象から目を離して見ることも大切です。本広告ではQRコードを必要以上に大きくすることでスマホで読み取るのに物理的にスマホと新聞の距離を離さなければならないことを利用し、目のために離して読む意識をもっていただくこと、そしてその先にある目の健康を考えるきっかけを提供できればと考えています。

パソコンやスマートフォンなどのデジタルデバイスの利用が進み、インターネット利用時間が5年で1.6倍※1に増加するなど、現代人の目を取り巻く環境は大きく変化しています。

酷使して蓄積された現代人の疲れ目に向けて、ロート製薬では、基準※2内最多の12有効成分を配合したロート目薬「Vロートプレミアム」も好評発売しています。

■特設WEBサイト
今回の新聞広告や、ロート製薬の目の健康に向けた取り組みについての詳細はこちら。
https://jp.rohto.com/learn-more/eyecare/eyecareday/

■直近の目の悩みやアイケアに対する意識調査「アイケアに関するアンケート」
https://www.rohto.co.jp/news/release/2021/1006_01/

■ロート製薬のアイケアにまつわる取組み
https://www.rohto.co.jp/csr/society/eyecare/

■目の愛護デーとは
1931(昭和6)年 に失明予防の運動として、中央盲人福祉協会が主催となり10月10日を「視力保存デー」と定められました。 のちに1938(昭和13)年から1944(昭和19)年までは、9月18日を「目の記念日」とし、 1947(昭和22)年に再び10月10日を「目の愛護デー」が定められました。
目の愛護デーは、現在、厚生労働省が主催となり、全国で目の健康を促す活動がなされています。

■デジタルの日とは
「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化」を実現するため、社会全体でデジタルについて振り返り、体験し、見直し、共有し合える定期的な機会を設けるため、日本政府が創設した記念日。2021年デジタルの日は、デジタル技術が情報を0と1を用いた2進法で処理することにちなんで、2021年10月10日-11日に実施されます。

■商品特徴
【Vロートプレミアム(R)】




現代人の酷使して蓄積するつらい疲れ目に。
基準※2内最多12有効成分配合。
現代人の疲れ目を科学し、その原因に多角的にアプロ-チします。
ピント調節機能を改善する成分を基準※2内最大配合。また、涙へアプローチし、涙液保持機能を持つコンドロイチン硫酸エステルナトリウムと、抗炎症効果機能を持つ3つの成分を配合。酷使して蓄積していくつらい疲れ目に。
目が疲れてリフレッシュしたい時にうれしい、気持ちのよいさし心地です。


※1.総務省「令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」、平日のインターネット利用時間、2016年99.8分/2020年168.4分より
※2.基準とは厚生労働省が承認事務の効率化を図るために定めた医薬品の範囲

「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
「Vロートプレミアム」はロートの登録商標(第5885864号)です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)