教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

東京医療保健大学が、立川市と立川市消防団任命式及び規律訓練を実施

学校法人青葉学園
~国立病院機構立川キャンパスの学生40名が入団~

 学校法人 青葉学園が運営する東京医療保健大学(本部:東京都品川区、理事長:田村哲夫、学長:亀山 周二、以下「本学」)は、連携及び協力に関する基本協定を締結している立川市(市長:清水庄平)と協力し設立した「立川市消防団 機能別分団(学生消防団)」の立川市消防団任命式及び規律訓練を10月2日(土)に立川市役所にて実施しました。







 本学は、2016年に立川市に「国立病院機構立川キャンパス」を開設し、東が丘・立川看護学部 看護学科 災害看護学コースを設置、2020年に改組に伴う新学部として「立川看護学部」を設置しています。同キャンパスを開設してから、立川市とは密接な協力関係を築いており、2019年3月、同市と保健医療福祉及び災害対策の分野を中心とする連携及び協力に関する基本協定を締結いたしました。
 同年10月に発足した「立川市消防団 機能別分団(学生消防団)」は大規模災害時に消防団本部直轄の団員として、災害現場・大学施設での救命活動を行うほか、大規模災害に備えた訓練および主要行事への参加、自治会・学校などに対する応急救護訓練指導などを行います。3年目となる本年は、本学から1年次生40名の学生が新たに入団し、2年次生、3年次生、4年次生と合わせ合計149名となり立川市消防団員の5割以上を占めることになりました。

 任命式では、立川市の清水市長から「今年、新たに40名の1年次生が機能別分団に加入し総勢149名の団員で結成されるということで大変心強く思います。近年、各地で様々な自然災害が発生し、甚大な被害を及ぼしている状況の中、地域の皆様からは、大きな期待が寄せられています。大学で学んだ知識・技能を生かし、市民の安心・安全の為に応えていただくことを切望いたします。」とご挨拶がありました。
 また、宿谷消防団長より「震度5以上の地震が発生した時、避難所医療救護所が市内の中学校9か所に開設されます。皆さんはここで応急救護活動を行っていただき、立川市の安全・安心を守ってください。今回入団する1年次生は、勉学と消防団活動を4年間しっかり頑張ってください。」と訓示がありました。
 さらに、本学立川事務部長 利光重信からは、「大学の使命は、「教育」「研究」「社会(地域)貢献」です。また本学部の教育方針は、「地域から信頼されるNurse(看護師)の育成」です。立川市消防団に加入された皆さんは地域から信頼される看護師に成長するよう今後4年間の勉強と地域・減災の担い手として貴重な体験ができる消防団活動をしっかり行うことを期待しています。「自覚」と「責任感」そして「意欲」をもって活動してください。」と学生たちに激励の言葉が贈られました。それを受け、新入団員を代表して、立川看護学部 看護学科1年次生の磯部愛さんが「日本国憲法および法律を擁護し、何者も恐れず、良心に従って消防の義務を遂行することを誓います。」と宣誓しました。

 任命式後には、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点からマスクを着用の上、間隔を広めにとり、敬礼や整列といった消防団員としての規律についての訓練も行われました。今後、学生らは今年11月に総合防災訓練、2022年1月の立川市消防出初式といった大きな行事に参加する予定です。
 本学は、今後も地域に密着した社会貢献活動を通じ、地域防災の担い手として様々な活動に参画し、地域の皆さまにも貢献できる取り組みを展開してまいります。

■立川市資料による立川市消防団 「機能別分団(学生消防団)」の活動内容
・大規模災害時の活動
- 消防団本部直轄の団員として、災害現場・大学施設での救命活動
・平常時の活動
- 大規模災害に備えた訓練
- 主要行事への参加(立川市消防出初式、立川市総合防災訓練など)
- 自治会・学校などに対する応急救護訓練指導など

【東京医療保健大学とは】
理事長   :田村哲夫
学長    :亀山周二
設立年度  :2005年
本部    :東京都品川区東五反田
キャンパス :五反田キャンパス、世田谷キャンパス、国立病院機構キャンパス(東が丘)、
       国立病院機構立川キャンパス、船橋キャンパス、雄湊キャンパス(和歌山)、
       日赤和歌山医療センターキャンパス(和歌山)
学部(学科) :医療保健学部(看護学科、医療栄養学科、医療情報学科)、
       東が丘看護学部(看護学科)、立川看護学部(看護学科)、千葉看護学部(看護学科)、
       和歌山看護学部 (看護学科)
専攻科   :助産学専攻科
大学院   :医療保健学研究科(修士課程8領域、博士課程3領域)、
       看護学研究科(修士課程4コース、博士課程)、
       和歌山看護学研究科(修士課程3領域)、千葉看護学研究科(修士課程)
学生数   : 3,093名 (2021年5月現在)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)