ネットサービス・アプリ 美容・健康

VIO脱毛の前処理は「風呂場」でしている人が78.0%!おすすめの処理道具は電気シェーバー?【300人アンケート】

株式会社PLAN-B
VIO脱毛の前処理を自分で行っている人は約8割、処理にはコスパを考えてカミソリを使用する人も多かった。処理の方法では試行錯誤を重ねる姿や葛藤する様子も...。

株式会社PLAN-B(東京本社:東京都品川区、代表取締役:鳥居本 真徳)が運営する、メディア「エラベル」が全国の男女300人を対象に「VIO脱毛の前処理」に関する アンケート調査を実施しました。 ▼詳細はこちら VIO脱毛の前処理は「風呂場」でしている人が78.0%!おすすめの処理道具は電気シェーバー?【300人アンケート】 https://elabel.plan-b.co.jp/epilation/3561/






調査トピック

・VIO脱毛の前処理は「自分で処理している」が79.3%と最多だが、「処理しにくい部分はサロンにお願いしている」という人も。
・自己処理の場所では「風呂場」が78.0%とほかの場所に大差をつける結果に。
・チクチクしない処理道具は「ヒートカッター」が1位、おすすめの処理道具は「電気シェーバ」が1位と異なる結果。
・おすすめの前処理テクニックでは「鏡を見る派」と「鏡を見ない派」に分かれ、見ない人は「触った感触」や「心の中でイメージ」といったコメントも。



VIO脱毛の前処理は自分で?サロンで?「自分で処理している」が79.3%と最多



■VIO脱毛の前処理について
・自分で処理している:79.3%(238人)
・サロンやクリニックで処理してもらっている:18.7%(56人)
・その他:1.7%(5人)
・家族や友人に処理してもらっている:0.3%(1人)

VIO脱毛の前処理について最も多い回答は「自分で処理している」79.3%でした。

多くの人が自分自身で前処理を行っているようですが、これはサロン側から「〇日前に前処理を行ってください」と指示されることがほとんどだからだと推測できます。

実際、VIO脱毛を行う上で最も効率的な毛の長さは2~3mmということから、サロンやクリニックで当日に処理してもらうと短すぎてしまうということが関係しているのではないでしょうか。

しかし、脱毛箇所を傷つけてしまったり剃り残しがあると施術してくれないサロンもあるため、場所が場所だけにサロンやクリニックで前処理をしてもらったほうが安心感はありますね。

「その他」と回答した人は「処理しにくい部位はサロン」

■「その他」と回答した人の実際のコメント
「処理しにくいO部分はサロンの方が行ってくれます」(女性 / 千葉県)

「Oラインの場合はサロンで処理してもらいます」(女性 / 東京都)

「途中まではサロンで処理してもらったが、残ってしまい、現在は自分で処理している」(女性 / 埼玉県)

「その他」と回答した人では、基本的には自分で前処理を行い、自分では処理しにくい箇所をサロンにお願いしているようです。逆にサロンでお願いしていたものを自分で前処理するようになったなど、サロン側が柔軟な対応をしてくれていることがわかります。

脱毛サロンによっては自身で前処理を行っていないと施術してくれない場所もあるため、通うサロンによって対応が異なることはサロン選びを難しくさせている要因の1つなのかもしれません。


自己処理の場合はどこで処理してる?「風呂場」が78.0%でダントツ



■VIO脱毛の前処理をする場所について
・風呂場:78.0%(234人)
・自室:8.7%(26人)
・リビング:5.0%(15人)
・トイレ:4.0%(12人)
・クリニック:2.7%(8人)
・その他:1.7%(5人)

【その他の回答】
お風呂場の脱衣所(1) / 洗面所(1) / サロン(1) / 前処理はない(2)

VIO脱毛の前処理をする場所で最も多い回答は「風呂場」78.0%でした。

前章でサロンやクリニックで、前処理を行っていると回答した人の中には、自分で前処理を行うこともあるようです。

お風呂場が最も多い回答となったことには、VIOゾーンに限らず毛を剃るときは肌のダメージも考えてボディーソープなどの泡などをつけて剃ることが多いことから、お風呂に入るついでに前処理を行う人が多いと推測できます。

しかし、「自室」「リビング」「トイレ」で前処理を行う人もおり、処理に使用する道具が異なるようです。みなさんどんな処理道具を使用しているのでしょうか。


チクチクしない!みんなのおすすめの処理道具は?上位には「ヒートカッター」「電気シェーバ」■チクチクしない!処理道具ランキングTOP7



■チクチクしない!処理道具ランキングTOP7
1位:ヒートカッター:40.0%
2位:VIO専用電気シェーバー:33.3%
3位:電気シェーバー:24.0%
4位:除毛クリーム:22.2%
5位:VIO専用カミソリ:18.8%
6位:毛抜き:15.2%
7位:カミソリ:9.8%
※各道具のチクチクしないと回答した人の割合を記載

【その他の処理道具】
ハサミ(4) / ハサミと電気シェーバー(1) / ハサミとカミソリ(1) / 家庭用脱毛器(3) / 顔そり用シェーバー(1) / 脱毛テープ(1) / 前処理は必要ない(2)

チクチクしない処理道具は「ヒートカッター」が「チクチクしない」40.0%で1位になりました。ヒートカッターは熱で毛を焼き切るため毛先が丸くなりやすく、チクチクしにくいためと考えられます。

とは言え、どの処理道具も「チクチクしない」の割合が低く、前処理には多かれ少なかれチクチクが付き物なのかもしれません。

使用している道具で圧倒的に多かったのは「カミソリ」54.7%ですが、「チクチクする」「少しチクチクする」の合計が90.3%と最も多く「カミソリ」は前処理には向いていない道具のようです。

また、効果が薄くなるためVIO脱毛の前処理でNGとされている「毛抜き」を使用している人も全体の11.0%いるのは、抜いてしまうことでできるだけチクチクさせたくないと思っていることがうかがえます。

▼処理道具とチクチク度の詳しい内訳(※処理道具は複数回答)
【カミソリ:164人】チクチクしない :9.8%(16人)・チクチクする:47.6%(78人)・少しチクチクする:42.7%(70人)
【電気シェーバー:104人】チクチクしない:24.0%(25人)・チクチクする:22.1%(23人)・少しチクチクする:53.8%(56人)
【毛抜き:33人】チクチクしない:15.2%(5人)・チクチクする:42.4%(14人)・少しチクチクする:42.4%(14人)
【VIO専用カミソリ:32人】チクチクしない:18.8%(6人)・チクチクする:37.5%(12人)・少しチクチクする:43.8%(14人)
【VIO専用電気シェーバー:21人】チクチクしない:33.3%(7人)・チクチクする:19.0%(4人)・少しチクチクする:47.6%(10人)
【除毛クリーム:18人】チクチクしない:22.2%(4人)・チクチクする:33.3%(6人)・少しチクチクする:44.4%(8人)
【ヒートカッター:5人】チクチクしない:40.0%(2人)・チクチクする:40.0%(2人)・少しチクチクする:20.0%(1人)
【その他:13人】チクチクしない:38.5%(5人)・チクチクする:30.8%(4人)・少しチクチクする:30.8%(4人)

■おすすめ!処理道具ランキングTOP7
1位:電気シェーバー:26.9%
2位:VIO専用電気シェーバー:23.8%
3位:ヒートカッター:20.0%
4位:VIO専用カミソリ:18.8%
5位:カミソリ:7.9%
6位:除毛クリーム:5.6%
7位:毛抜き:3.0%
※各道具のおすすめすると回答した人の割合を記載

VIO脱毛の前処理は「電気シェーバー」が「おすすめする」26.9%で1位になりました。2位に「VIO専用電気シェーバ」が「おすすめする」23.8%と続きますが、どちらも電気シェーバーであることに変わりはなく、手軽に使用できることからおすすめする人が多いと推測できます。

VIO脱毛をするに当たって、肌へのダメージが少ないのは電気シェーバーです。特にVIO専用電気シェーバーはVIOにフィットしやすい形状であることや、防水仕様であることからお風呂に入るときにも使用できるといったこともあり、今回の結果になったと考えられます。

▼処理道具とおすすめ度の詳しい内訳(※処理道具は複数回答)
【カミソリ:164人】・どちらとも言えない:36.6%(60人)・どちらかと言えばおすすめしない:26.2%(43人)・どちらかと言えばおすすめする:22.6%(37人)・おすすめする:7.9%(13人)・おすすめしない:6.7%(11人)
【電気シェーバー:104人】どちらかと言えばおすすめする:40.4%(42人)・,おすすめする:26.9%(28人)・どちらとも言えない:25.0%(26人)・どちらかと言えばおすすめしない:6.7%(7人)・おすすめしない:1.0%(1人)
【毛抜き:33人】どちらかと言えばおすすめしない:33.3%(11人)・どちらとも言えない:33.3%(11人)・どちらかと言えばおすすめする:21.2%(7人)・おすすめしない:9.1%(3人)・おすすめする:3.0%(1人)
【VIO専用カミソリ:32人】どちらとも言えない:37.5%(12人)・どちらかと言えばおすすめしない:21.9%(7人)・どちらかと言えばおすすめする:18.8%(6人)・おすすめする:18.8%(6人)・おすすめしない:3.1%(1人)
【VIO専用電気シェーバー:21人】どちらかと言えばおすすめする:47.6%(10人)・おすすめする:23.8%(5人)・どちらかと言えばおすすめしない:19.0%(4人)・どちらとも言えない:9.5%(2人)
【除毛クリーム:18人】どちらとも言えない:33.3%(6人)・どちらかと言えばおすすめしない:33.3%(6人)・どちらかと言えばおすすめする:22.2%(4人)・おすすめする:5.6%(1人)・おすすめしない:5.6%(1人)
【ヒートカッター:5人】どちらとも言えない:40.0%(2人)・おすすめする:20.0%(1人)・どちらかと言えばおすすめする:20.0%(1人)・どちらかと言えばおすすめしない:20.0%(1人)
【その他:13人】おすすめする:30.8%(4人)・どちらかと言えばおすすめする:30.8%(4人)・どちらかと言えばおすすめしない:23.1%(3人)・どちらとも言えない:15.4%(2人)


実際の使用者に聞く!それぞれの処理道具のメリットやデメリット

実際にそれぞれの処理道具にどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。実際のコメントをご紹介します。


■処理道具のメリットとデメリット
「メリット:肌の表面に負担がかからない。デメリット:片付けが面倒なのと、専用に道具を買ったのが高かった」(女性 / 処理道具:VIO専用電気シェーバー / どちらかと言えばおすすめする)

「メリットは、自宅で簡単に扱える点です。私は特にボリュームダウンを目的に処理していますが、サロンなどに行って処理するのは抵抗があるので、自宅である程度処理できるVIO専用シェーバーはとても便利です。デメリットは、VIO専用の割に処理後にチクチクすることです。処理後、半月くらいは肌が痒いです」(女性 / 処理道具:VIO専用電気シェーバー / どちらとも言えない)

「VIO専用の方が体には安心かと思うのでなかなかお勧めはできませんが、お風呂で全身を剃るときに一緒に剃れるので楽なことがメリットです。デメリットはVIO専門ではないので切れやすいことです」(女性 / 処理道具:カミソリ / どちらとも言えない)

「メリットは最短5分で除毛が完了。デメリットは顔に使用出来ない」(男性 / 処理道具:除毛クリーム / どちらかと言えばおすすめしない)

「メリットは、電動なので力が要らない点と普通のシェーバーで剃った時の切り傷や流血が減る点。デメリットはVIO専門の電気シェーバーでは無いため陰部のデリケートな部分に向いていない点」(女性 / 処理道具:電気シェーバー / どちらかと言えばおすすめする)

「メリットはお金がかからないことです。デメリットは面倒くさいことです」(男性 / 処理道具:毛抜き / どちらかと言えばおすすめしない)

「カミソリで処理してから家庭用脱毛器を使っています。家庭用脱毛器は無駄毛を柔らかく細くする効果があり、徐々に処理回数が減っていくのが良いです。デメリットは火傷の心配もあり、処理しにくい場所でもあるので気をつけなくてはいけなくて大変ですが、効果を感じているので続けています」(女性 / 処理道具:カミソリ・家庭用脱毛器 / どちらかと言えばおすすめする)

コスパをメリットに挙げている人もいれば、肌へのダメージが少ないことをメリットに挙げている人もおり、処理道具のメリットやデメリットは使用する人がどこに重点を置くかで異なるようです。

使用している人が多いカミソリは肌の乾燥や肌荒れ、流血といったデメリットがあり、電気シェーバーやVIO専用電気シェーバーでは深く剃れないことやカミソリ負けをするといったことがあるように、それぞれメリットやデメリットがあります。

VIO脱毛の前処理という観点から見れば、多少毛が残って肌へのダメージが少ない電気シェーバーやVIO専用電気シェーバーがおすすめですが、通っているサロンのスタッフにどんな処理道具を使用するか相談してみるといいかもしれませんね。


みんなのおすすめ前処理テクニック!「鏡にまたがって」という生々しいコメントも

【コメントまとめ】
・ハサミで長さを切ってから電気シェーバーをかける
・ボディーソープやデリケートゾーン専用ソープをつけると剃りやすい
・鏡にまたがって見やすくする
・触った感触や心の中でイメージする
・剃り終わったあとに保湿する


おすすめの前処理テクニックでは、「ハサミで長さを切ってから剃る」といったコメントが多く見られました。「長いまま電気シェーバーを当てると毛が絡まって痛い」といった理由を挙げてくれている人もおり、想像してみると納得ですね。

多くの人がカミソリと電気シェーバー、ハサミと電気シェーバーというように処理道具を使い分けて前処理を行っているようです。


■前処理テクニックの実際のコメント
「少しも残さず全処理にしているので見える範囲は普通に剃っています。下から上にを基準に本当は良くないですが毛の流れに逆らって色々な方向から隈無く剃りつつ見えないところは立って片足を上げたり足を広げたりして感触を頼りに感覚で適当に剃っています」(女性 / 処理道具:カミソリ・電気シェーバー・毛抜き)

「まずはハサミである程度毛の長さを切ってから電気シェーバーで剃っています。その際は私の場合ハンド鏡を使っています。チクチクするのは仕方ないと思っているので終わったら市販の保湿クリームをたっぷり塗っています。(肌荒れ予防)」(女性 / 処理道具:電気シェーバー・ハサミ)

「ボディーソープやデリケートゾーン専用のソープを塗ると、剃りやすいです」(女性 / 処理道具:VIO専用カミソリ)

「自室にてテーブルに置くくらいの大きさの鏡の前で、うつしながら剃り残しのないよう行っている。oラインは、鏡にまたがるような姿勢で行う」(女性 / 処理道具:カミソリ・電気シェーバー)

「まずクリームをたっぷりつけます。剃刀は横滑りしない安全なものを使います。足を大きく広げて鏡は見ず、心の中で想像しながら剃り進めます」(男性 / 処理道具:カミソリ)

「化粧水などであらかじめ水分を与えたのち、鏡で確認しながら電気シェーバーで処理しています。処理後は、小さめのタオルに包んだ保冷剤を10分程度あて、肌が炎症を起こしたりしないように対策しています。化粧水をひたした大きめのコットンをあて、下着が濡れないようにナプキンなどでカバーするのもおすすめです」(女性 / 処理道具:電気シェーバー)

「鏡付きのヒートカッターを使用しているので、特に工夫や準備などしなくても綺麗にカット出来ています」(女性 / 処理道具:ヒートカッター)

みなさんそれぞれ、自分の処理がしやすい方法で前処理を行っているようです。鏡を見て行う人もいれば、手で触って確認しながら行う人もおり、自分にとって処理しやすく安全な方法で行うことが1番ですが、これまでの方法でやりにくいと感じていたり失敗して流血してしまったことのある人は、みなさんのさまざまな処理方法を参考にしてみてはいかがでしょうか。


まとめ

・VIO脱毛の前処理は自分で行っている人が79.3%
・VIO脱毛の前処理を行う場所は「風呂場」が78.0%と最多
・チクチクしない処理道具は「ヒートカッター」40.0%だが、おすすめの処理道具は「電気シェーバー」26.9%


VIO脱毛の前処理は、別料金で行ってくれるサロンと無料で行ってくれるサロン、前処理は行わないサロンと分かれます。

デリケートで処理のしにくい箇所だけに、自分で処理をすることが難しいと感じている人も多く、さまざまな方法を駆使して前処理を行っているようですが、これからVIO脱毛を行おうと思っている人は通う前にサロンが前処理を行ってくれるかもサロン選びの参考になるのではないでしょうか。

VIO脱毛の前処理は、出来る限り肌に負担のない方法が望ましく、前処理をした後の保湿も大切です。

これからVIO脱毛に通おうと思っている人はもちろん、現在自分で前処理を行っている人は、処理に使用する道具や方法について見直してみてはいかがでしょうか。


この記事について

▼今回紹介した記事
VIO脱毛の前処理は「風呂場」でしている人が78.0%!おすすめの処理道具は電気シェーバー?【300人アンケート】(https://elabel.plan-b.co.jp/epilation/3561/

▼掲載サイト
エラベル(ELABEL)(https://elabel.plan-b.co.jp

▼運営会社
株式会社PLAN-B(https://www.plan-b.co.jp/
代表取締役:鳥居本 真徳
従業員数 :149名
事業内容:デジタルマーケティング事業、メディア事業

※転載時・引用時のお願い
本記事を転載または引用をされる場合は、情報元として以下のサイト名とURLの掲載をお願い致します。 ・サイト名:エラベル(ELABEL) ・URL:https://elabel.plan-b.co.jp/

▼調査概要
・アンケート内容:VIO脱毛の前処理に関するアンケート
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:300名(男性51名 / 女性248名 / その他(LGBT+など)1名)
・アンケート実施期間:2021年9月13日
※この記事で使用される百分率(%)は各項目の数値が割り切れない場合、その総数が99.9%~100.1%の間で変動致します。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)