医療・医薬・福祉

経済産業省:認知症の共生と予防に向けたソリューション開発喫緊の取組み【JPIセミナー 1月15日(水)開催】

株式会社日本計画研究所
~認知症の方のニーズ 認知症ソリューションのインパクト分析~

日本計画研究所は、経済産業省 商務・サービスグループ 課長補佐 (併)キャッシュレス推進室 室長補佐 廣兼 佑亮 氏を招聘して下記の通りセミナーを開催いたします。 セミナー終了後には、講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたしますので、ビジネスに役立てていただける構成となっております。


〔詳細・申し込み〕https://www.jpi.co.jp/seminar/14827

〔タイトル〕
経済産業省
認知症の共生と予防に向けたソリューション開発喫緊の取組み
~認知症の方のニーズ 認知症ソリューションのインパクト分析~

〔講義概要〕
認知症の人は現在約600万人弱おり、2035年には約800万人(65歳以上高齢者の約5人に1人)まで増加すると見込まれているが、いまだ病態解明は不十分であり、根本的治療薬も開発されていない。
他方、増加する認知症の中、インフォーマルケアコストはすでに6.2兆円もあり、2025年には19.4兆円まで拡大する。また、認知症本人の保有する金融資産額は、2017年度末時点には143兆円と試算されており、2030年度時点では 215兆円に達し、家計金融資産全体の10.4%と1割に達する見込みである。こうした中、認知症の予防に向けた非薬物療法による予防手法の確立や、認知症になった後、社会の中で共生してくためのソリューション開発が喫緊に求められている。経済産業省は日本認知症官民協議会に認知症イノベーションアライアンスWGを設置し、こうしたソリューション開発に向けた議論を実施することとしており、その議論についてご紹介させていただく。
JPIカンファレンススクエア

〔講義項目〕
1、認知症の共生と予防に向けた取組
2、認知症の方のニーズ
3、認知症ソリューションのインパクト分析
4、関 連 質 疑 応 答
5、名 刺 交 換 会
 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。

〔講  師〕
経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課 課長補佐
(併)キャッシュレス推進室 室長補佐 廣兼 佑亮 氏


〔開催日時〕2020年01月15日(水) 09:30 - 11:30

〔会  場〕港区南麻布/JPIカンファレンススクエア https://www.jpi.co.jp/access

〔 参加費 〕
▶民間参加費 1名 : 33,100円 (資料代・消費税込)
 【正規申込1名に付、同社より1名無料同行可(要登録)】
▶行政参加費:国家公務員・地方自治体職員の方は、1名 16,500円(資料代・消費税込)

〔詳細・申し込み〕https://www.jpi.co.jp/seminar/14827



【お問合せ】
JPI 日本計画研究所
〒106-0047東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル
TEL.03-5793-9761  FAX.03-5793-9766
URL  http://www.jpi.co.jp




【株式会社JPI(日本計画研究所)】
“「政」と「官」と「民」との知の懸け橋”として国家政策やナショナルプロジェクトの敷衍化を支え、国家知の創造を目指す幹部・上級管理職の事業遂行に有益な情報をご参加者を限定したリアルなセミナーという形で半世紀、提供し続けています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)