美容・健康 ネットサービス・アプリ

【老け見え対策できていますか?】皮膚科医1,010名に調査して明らかになった、老け見え解消法とは?

有限会社かづきれいこ
9割以上の皮膚科医がシワやたるみで印象年齢が変化すると回答!

有限会社かづきれいこ(本社所在地:東京都新宿区、代表取締役:内田 嘉壽子)は、皮膚科医を対象に、「老け見え」に関する調査を実施しました。


しばらく振りにテレビで有名人を見て、とても老けたと感じた――そんな経験はありませんか?

往年の名俳優、昔人気だったアイドル、子役などなど…。
実年齢より老けて見えるといった悩みは、芸能人や年代に限らず、一般の方々も同じように抱えていらっしゃるのではないでしょうか。

では、人は顔のどの部分を見て「老けている」と感じるのでしょうか。
昔と全然変わらない方や実年齢よりも若く見える方と、そうでない方の差は、どのような点にあるのでしょう?
「老け見え」でお悩みの方も、原因究明と改善を行えば今よりも楽しい日々を過ごすことができるようになるかもしれません。

そこで今回、“貼るリフトアップ”アイテム『かづき・デザインテープ』https://www.kazki.co.jp/design-tape/)を販売する有限会社かづきれいこは、皮膚科医1,010名を対象に、「老け見え」に関する調査を実施しました。


【肌の専門家に聞いた】老けて見える要因とは?

はじめに、年齢が出やすい顔の部分に関して伺いました。



「年齢が出やすいと思う顔の部分はどこですか?(上位3つ迄)」と質問したところ、目元(64.8%)と回答した方が最も多く、次いで口元(50.4%)』『頬(29.2%)』『首(28.8%)』『フェイスライン(顔の輪郭)(21.4%)』『額(6.4%)と続きました。

中でも、目元や口元は特に年齢が出やすい部分のようです。

実年齢よりも若い見た目を意識して、エイジングの悩みに応じたスキンケアも人気ですが、若く見える人とそうでない人の差はどこにあるのでしょう。

そこで、「実年齢より若く見える人とそうでない人の差が顕著に現れるのはどこですか?(複数回答可)」と質問したところ、目じりのシワ(47.3%)と回答した方が最も多く、次いで目の下のたるみ(41.8%)』『ほうれい線~マリオネットライン(34.7%)と続きました。

目元の皮膚は他の皮膚に比べて薄いので、たるみやすく、ちょっとした刺激でシミやシワになってしまいます。
また、肌の乾燥や間違ったスキンケアもたるみやシワが増えてしまう原因に。

そのため、スキンケアは大切になってくるかと思いますが、シワやたるみと印象年齢は関係があるのでしょうか。


そこで、「シワやたるみのある/なしで印象年齢は変化すると思いますか?」と質問したところ、9割以上の方がはい(92.9%)と回答しました。

若々しい見た目を保つためには、シワ・たるみを意識した対策が非常に大切なようです。


皮膚科医がオススメする男女ともにできる“老け見え”対策とは?

では、老け見え対策にはどのようなことが有効なのでしょうか。



そこで、「確実性の高い“老け見え”対策はどれが良いと思いますか?(上位3つ迄)」と質問したところ、マッサージや表情筋トレーニング(53.6%)と回答した方が最も多く、次いで洗顔料や化粧水などのスキンケア用品(43.3%)』『テープ美容やフェイスアップクリップ(32.3%)』『ボトックスやヒアルロン酸などの注射(30.3%)』『糸リフトや切開リフトアップ(外科手術)(14.7%)と続きました。

ボトックスやヒアルロン酸などの美容医療には注射や手術が必要な施術も多く、リスクを感じる方が多いのかもしれません。
その点、マッサージやスキンケア、テープ美容は自宅でも簡単にできるため回答が集まったことにも納得できます。

では、日頃からできる老け見え対策には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

■男女ともにできて日常生活で“老け見え”対策できる方法
・毎日のスキンケア、表情筋トレーニング(30代/女性/神奈川県)
・表情筋トレーニングとマッサージ、皮膚ケア(30代/男性/北海道)
・太りすぎない痩せすぎない(40代/女性/福岡県)
・ローラーなどでシワを伸ばす(50代/男性/香川県)
・美容液をしみこませたフェイスパック。目の下のしわ、たるみ、ほうれい線をとるためのパックをするだけでも結構ちがうと思う(50代/男性/兵庫県)
・リフトアップテープを活用(20代/女性/神奈川県)

などの回答が寄せられました。


【まとめ】肌の専門家が考える、老け見え化が明らかに!実年齢より若く見られるには?

今回の調査で、老け見えの原因はシワとたるみが大きく関係していることが分かりました。
シワとたるみ、どちらか一方を改善したら良い、というものではなくどちらの改善も大切なようです。

また、日頃からできる対策としては、マッサージやリフトアップテープといった自宅でも簡単にできる対策が有効とされているようです。
最近では、リフトアップテープなど、手軽にできる老け見え対策アイテムも数多く販売されています。

日常で取り入れられて手軽にできる老け見え対策も検討されてみると良いかもしれません。


手軽にできる老け見え対策には“かづき・デザインテープ”がおすすめ!




「老けて見られないようにしたい」
「最近鏡を見ると老けたと感じる…」
「顔がたるんできてマスクを外すのが怖い」

そんな方にオススメなのが、有限会社かづきれいこが販売する、『かづき・デザインテープ』https://www.kazki.co.jp/design-tape/)です。

メイク以上×整形未満
美も若さも、自分の手で、自分の家で手に入れられる、これまでにない“貼るリフトアップ”アイテムです。



■「かづき・デザインテープ」とは?
化粧品領域の進化が目覚ましいと言われるなかで、今のブームをまるで予見していたかのように、13年も前に誕生した「かづき・デザインテープ」。
あきらかにテープ美容という一時代を牽引してきました。



■かづき・デザインテープ5つの特徴
1、肌の動きにフィット、0.01mmの超極薄テープ
2、透湿性が高く長時間貼ってもムレにくい!
3、肌にやさしい低刺激設計。安心の日本製。
4、伸縮性に優れ、はがれにくくぴったりフィット!
5、肌のキメを再現したエンボス加工で、上からメイクができる!

同窓会や写真撮影時、大切な商談など様々なシーンでご利用いただけます。

■かづき・デザインテープを利用した効果
・目尻がアップ、ぱっちり目に!
・目の下のクマ、毛穴が目立ちにくく!
・透明感・美肌感アップ!
・ほうれい線が薄くなる!
・フェイスラインのたるみがスッキリ、小顔に!
・まぶたのかぶさり、改善!
※すべてテープによる物理的な引き上げ効果


■かづき・デザインテープの仕組み


2枚のはくり紙に挟みこまれている0.005mmの半透明のポリウレタンフィルムと粘着剤0.005mmがテープ部分。
肌に密着するのでツッパリ感も段差もなく、まるで第2の皮ふのように自然です。


また、医療用テープ大手のニチバン株式会社様との共同開発により肌にやさしい低刺激設計が実現。
イージータイプ、シートタイプ、大判タイプの3タイプから選べるので、利用シーンに合わせてご使用いただけます。


補正下着を毎日着続けることでスタイルがキープされるのと同じように、毎日テープで引き上げて貼ることで肌が形状記憶することも期待できます。
また、顔だけでなく首のシワにも効果的ですので、ぜひ利用してみてくださいね。
若い印象を持たれるポイントに、たるみやシワがないことが挙げられますが、“肌トーン”“肌のハリ”も重要になってきます。
シワ・たるみが気になった際には落ち込まず、リフトアップテープを試してみてはいかがでしょうか。

■有限会社かづきれいこ:https://www.kazki.co.jp/
■かづき・デザインテープ:https://www.kazki.co.jp/design-tape/
■お問い合わせ:https://www.kazki.co.jp/contact/

調査概要:「老け見え」に関する調査
【調査期間】2021年9月9日(木)~2021年9月11日(土)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,010人
【調査対象】皮膚科医
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)