美容・健康 医療・医薬・福祉

ウーマンズ・ミートアップ主催イベント【フェムテックの現実】にファミワン代表の石川が登壇

株式会社ファミワン
登壇テーマ「フェムテックの現実」を異なる5社の観点からディスカッション

「子どもを願うすべての人によりそい「子どもを願うすべての人によりそい 幸せな人生を歩める社会をつくる」をビジョンに掲げ、LINEを活用した妊活コンシェルジュサービス「famione(ファミワン)」 https://lp.famione.com/ を提供する株式会社ファミワン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石川 勇介、以下当社)の代表石川はウーマンズ主催「ウーマンズ・ミートアップ!」 フェムテックの現実 ~5社 (※) が本音で語る、ビジネス・マーケでぶつかっている壁と解決策~に登壇いたします。 (※)ライオン 株式会社 / 株式会社 ファミワン / 株式会社 大丸松坂屋百貨店 / 株式会社 大広 / 薬剤師 ▼プレスリリース全文はこちら https://prtimes.jp/a/?f=d14333-20211012-426c916712c0fe8c2bb4e1739021d094.pdf



イベント詳細 https://womans-7.peatix.com


イベント概要

タイトル
フェムテックの現実 ~5社 (※) が本音で語る、ビジネス・マーケでぶつかっている壁と解決策~
(※)ライオン 株式会社 / 株式会社 ファミワン / 株式会社 大丸松坂屋百貨店 / 株式会社 大広 / 薬剤師

詳細
フェムテック元年と言われた2020年を皮切りに、今年は大手・ベンチャー各社がフェムテック事業へ参入を果たし、様々なビジネス・イベント・商品・サービスが誕生しました。今年6月には政府の骨太方針に「フェムテックの推進」が盛り込まれたことで、市場のさらなる拡大が期待されています。しかし実際はフェムテックビジネスのスケールや社会実装には様々な課題が立ちはだかり、新規事業として立ち上がったもののすでにクローズした事例や、ローンチしたもののマネタイズに苦戦しているケースも少なくありません。市場拡大のポテンシャルやフェムテック商品・サービスの事例については、すでに各国・各所で十分に語られていますが、ビジネスやマーケティングの課題など各社の現実はどうなっているのでしょうか?そこで今回のウーマンズ・ミートアップでは、フェムテック事業にすでに参入している企業4社と、女性患者と直に接触している医療者をお呼びし、フェムテックビジネスの現実や業界の課題について本音で語っていただきます。(協賛:健康博覧会)
【日
2021年10月19日(火) 15:00 - 17:00

【場所】
オンライン開催 Zoomを利用します。

【参加費用】
無料(要事前登録)

【お申込み】
▼下記よりお申込みください(Peatixへのご登録・ログインが必要です)
https://womans-7.peatix.com
・お申し込み期限:10月18日(月)午前10時まで
・イベントご参加URLは10月18日(月)の午前中にお送りします。

【プログラム内容】
オープニング

オープニング講演(ウーマンズ)
フェムテックビジネスのスケール・社会実装・市場拡大に向けて必要なこと

パネルディスカッションA
3-1)フェムテックのビジネス・マーケティングの課題と解決策
それぞれのビジネスフェーズ・業種・職種の立場で感じている課題と、その課題を解決するための工夫
3-2)ディスカッション
本テーマについて、登壇者5名が議論

パネルディスカッションB
4-1)フェムテックのトレンド予測と備え
今のフェムテック一大ブームは今後(1年~数年後)どうなると予測し、ビジネス・マーケティング戦略を考えている?
4-2)ディスカッション
本テーマについて、登壇者5名が議論

参加者から登壇者へ質問タイム

クロージング

登壇者のプロフィール




松木様(ライオン)
ライオン株式会社、博士(理学)・女性の健康経営推進員。2012年入社後、基礎研究の部所にて生体界面制御や製剤化技術開発に従事。幼い頃から女性であるが故のモヤモヤを抱えており、PMS・PMDD症状にも悩まされてきたことをきっかけに、2017年頃から女性の健康課題の解決に向けた技術開発を裏テーマとして検討開始。2018年に発足したイノベーションラボ(新規事業を推進する部所)に異動後、本格的に女性の健康課題を解決するソリューション開発に着手。2019年に予期せぬ人事異動があったものの、本職を続けたいと嘆願し、2021年8月に再度イノベーションラボに戻りソリューション開発を推進中。当イベントでは、大手メーカー兼ビジネス開発フェーズの立場で登壇

石川勇介様(ファミワン)
株式会社ファミワン代表取締役。自身の妊活で強く感じた課題を解決するため、2015年に創業。不妊治療の専門家によるLINE上の妊活サポートサービス「妊活コンシェルジュ ファミワン」の一般向け提供と、小田急電鉄などの企業や神奈川県横須賀市などの自治体に向けた支援を行っている。「フェムテック」が言葉の流行だけで終わらないよう、事業推進と共に、テレビドラマの監修や東京大学等との臨床研究なども実施。愛知県犬山市出身。当イベントでは、フェムテックベンチャー兼サービスローンチ済みの立場で登壇。

高橋知世様(大丸松坂屋百貨店)
株式会社大丸松坂屋百貨店(大丸梅田店) のフェムテック販売エリア「ミチカケ」担当。婦人靴/ 洋品売り場のリーダー、若年向けファッションフロア「 うふふガールズ」のサブマネージャーを経て、2019年、 女性の健康課題解決商品を扱う店舗が集まるエリア「ミチカケ」 を立上げる。「月のみちかけのように、 あなたのリズムに寄り添う」をコンセプトに、様々なフェムケア・ フェムテック企業を招致。女性消費者の声を大切にし、 各店舗の周知・販売に尽力。当イベントでは、女性消費者と直に接触している小売の立場で登壇。

平野陽子様(大広)
株式会社大広。D2Cビジネス推進局コンサルティングチーム2 チーフプロジェクトマネージャー/コンサルタント。IT企業、事業会社での新規事業開発やプロジェクトマネジメント等を経て2019年より現職。女性のウェルネスやヘルスケアに取り組む企業の事業開発・コミュニケーション支援、ワークショップなどを通じた社内浸透サポート、リサーチなど専門に行うプロジェクト「大広フェムテック・フェムケアラボ」を2021年立上げ。当イベントでは、様々なヘルスケア企業/フェムテック企業のコンサルティングを行う支援会社の立場で登壇。

岡下真弓様(薬剤師
薬学部卒業後、大手化粧品会社の研究員として勤務。その後、結婚・出産・夫の海外転勤に伴い薬剤師へとキャリアチェンジし、これまでに累計9万人の女性の心身ケアを指導。関西テレビ協賛抗加齢医学会主催のアンチエイジングフェアや、大塚製薬(株)とのコラボレーション企画による、企業向けの女性の健康講座講師を担当。大丸梅田店「ミチカケ」にはヘルスアドバイザーとして関わる。女性ホルモンの専門家として、ラジオ番組でフェムテックDJとしても活動中。当イベントでは、女性患者・不調者と直に接触している医療者の立場で登壇

ウーマンズとは

ウーマンズ(東京・江東)は、女性ヘルスケア市場専門に生活者分析・情報分析事業を行う会社です。当イベント「ウーマンズ・ミートアップ!」は、女性ヘルスケア市場で仕事をする企業人(メーカー/流通/総合広告代理店/シンクタンク/コンサルファーム/商社/メディアなど)、医療・介護、公社・団体・官公庁など多様なビジネスパーソンが “組織・企業の壁” を越えて学び、ディスカッションすることで、各社が事業戦略や課題解決策を見つけることを目的としています。

▼ウーマンズHP  
https://womanslabo.com

妊活コンシェルジュ「famione(ファミワン)」

LINEを活用し、専門家のサポートをいつでも気軽に匿名で受けることが可能に

妊活コンシェルジュ「ファミワン」(https://lp.famione.com/ )は、妊活に取り組むすべての方を支える、LINEを活用したパーソナルサポートサービスです。不妊症看護認定看護師や臨床心理士、培養士など、多くの専門家によるアドバイスを受けることができ、妊活を意識し始めたばかりのタイミングから、病院選びや治療中までのあらゆる過程をサポートしています。

2018年9月より、法人や自治体向けに提供を開始。小田急電鉄やミクシィグループでの福利厚生導入、ソニー、全日本空輸株式会社(ANA)、伊藤忠労働組合などへのセミナー、そして、神奈川県横須賀市や東京都杉並区等への「妊活LINEサポート事業」の提供を行っています。
※本サービスは医療行為ではないため、診断や処方は行いません。

▶︎企業向け「妊活・不妊サポート 福利厚生」https://famione.com/benefit/
▶︎自治体向け「妊活LINEサポート事業」 https://famione.com/local/






<会社情報>
株式会社ファミワン
所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-6 西田ビル5F
代表者 代表取締役 石川 勇介
設立日 2015年6月1日
URL https://famione.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ファミワン 広報担当 Mail: info@famione.com TEL:080-2243-6995
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)