広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

世界の過活動膀胱治療 (OAB) 市場-治療別、地域別、国別(米国、カナダ、メキシコ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、中国、インド、日本):機会と予測(2022-2030年)

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「世界の過活動膀胱治療 (OAB) 市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030 年」2021年10月 11日 に発刊しました。レポートには、今後数年間で世界の過活動膀胱治療 (OAB) 市場を大きく変えると推定される将来の見通しに関する詳細な調査が含まれています。レポートはまた成長の機会と(市場の製品)の全体的な需要、市場動向、業界の主要なプレーヤーとそれらによって使用される戦略をカバーしています。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10059482


世界の過活動膀胱治療 (OAB) 市場は、2022年に12 憶米ドルの市場価値から2030年末までに15憶米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に4%のCAGRで拡大すると予測されます。




[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-overactive-bladder-treatment-market/10059482

過活動膀胱は、通常、高頻度の尿または夜間頻尿を特徴とする尿失禁によって定義される医学的症候群です。OABの一般的な症状には、切迫感、頻尿、切迫性尿失禁などがあります。抗コリン作用薬は、過活動膀胱障害の第一選択治療と見なされています。フラボキサート、オキシブチニン、トルテロジンは、過活動膀胱の治療に使用されるいくつかのジェネリック医薬品です。これらの薬は、頻尿を和らげるコリン作動性受容体に拮抗することによって作用します。

医療費とインフラストラクチャーの拡大、高齢者の増加などを伴う新しい新技術と医薬品開発が過活動膀胱治療市場を牽引しています。さらに、併用療法の出現、薬剤承認の増加は、過活動膀胱治療市場を強化すると予測されます。さらに、製薬業界における治療法の継続的な開発と進歩により、高効率の過活動膀胱治療に対する需要が生まれます。これは、世界中の過活動膀胱治療市場の成長を後押しする可能性があります。

市場セグメンテーション洞察


投薬別


投薬により、オキシブチニンは、主にその費用効果、良好な効率、およびOAB治療におけるより低い遵守率のために、世界的に市場の成長を推進すると推定されています。治療により、BOTOX治療は、全身麻酔下で病院で行われた場合でも、BOTOXの方が費用効果が高いため、高い成長率を示します。しかし、局所麻酔下でも行うことができます。さらに、BOTOXはワンステップの手順であり、異物の移植を必要としません。

セラピー別


セラピーに基づいて、SNMセラピーはより高い成長率を保持すると予測されています。この成長は、完全乾燥率が大幅に高く、ゼロパッドの使用量が多く、頻度/緊急度が向上し、排尿効率に変化がないためです。

世界の過活動膀胱治療 (OAB) 市場の調査レポートには、ヘルスケア業界における技術進歩の成長率に起因する可能性がある市場の成長に関する詳細な分析が含まれています。その結果、多数の健康問題の検出、予防、および治療が改善されました。それとは別に、特に高所得国での医療への支出の増加は、市場の成長を促進している注目すべき要因の一つです。WHO(世界保健機関)によると、低所得国での医療費は2017年の一人当たり41米ドルでした、一方で高所得国の医療費は同じ年に2,937米ドルでした。支出レベルが最も高い地域には、北米、オセアニア、西ヨーロッパが含まります。

さらに、地域に基づいて、市場は北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、中東&アフリカに分割されます。

一方で、西アフリカ、中央アフリカ、東アフリカは、支出レベルが最も低い地域です。さらに、政府支出は他のソースと比較して最も速い成長を目撃し、2017年の世界の医療支出の約60%を占めました。さらに、健康問題の増加により、さまざまな主要企業が研究開発活動に投資するようになり、それによって医療セクターに大きな機会と進歩が生まれていま生み出しています。

北米は市場で重要なシェアを保持すると予測

北米は過活動膀胱治療市場をリードすることが期待されています。これは、この地域で確立されたヘルスケア産業が原因であると考えられます。過活動膀胱治療の償還、加齢に伴う疾患の有病率の増加、および主要なプレーヤーの存在により、市場は予測期間中に成長すると予想されます。National Association for Incontinence 2020によると、約2,500万人の成人アメリカ人が何らかの形の尿失禁に苦しんでおり、そのなかで75~80%が女性です。市場は、地理に基づいてさらにサブセグメント化されており、各国の市場成長が評価されます。

世界の過活動膀胱治療 (OAB) 市場は、地理に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。

市場主要企業

レポートはさらに、グローバルレベルで主要な市場プレーヤーによって採用された企業プロファイルとビジネス戦略の詳細な評価で構成されています。世界の過活動膀胱治療 (OAB) 市場における Sanofi S.A., Macleod’s pharmaceuticals Ltd., Apotex, Axonics modulation technologies, Intas Pharmaceuticals, Teva Pharmaceuticals, Laborie, Pfizer Inc., Allergan, Astellas Pharma Inc.などキープレーヤーにさらに焦点を当てています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10059482

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)